おはようございます。酔待童子です。

 昨日は、私宵待草子配下の筆頭課の課長、補佐と共に昼に出掛けた。
 新天地のこの部署は。おいらのホームグラウンドみたいなものだから、一定の年齢以上の者はほぼ知っている。
 だから、今回の2人も、プライベートな飲み仲間&旅行仲間。
 そんな二人を連れて、ここへ。

IMG00532_HDR
 上ハラミを焼いて食べた。
 夜は静かに帰ったヨ~。
 

前回の続きから)

 AUGAの「りんご箱」で、昼間っから、日本酒をガバガバと煽ったバカな旅人「酔待童子御一行様」。

 あとは新幹線に乗って、爆睡し、気が付けば北海道の予定が、同行したヨッパーなK氏が「腹空いた」だとさ。

 そー言えば、ガバガバ酒は飲んだとはいえ、帆立しか食ってないから、腹も空こうというもの。

 んで、ここへと入っちゃったわけ。ええ、丼を食べたH女史はさすがに入らなかった。

3286_00001
 おいらは、本日2杯目の駅そばだい!

◆店舗データ◆

  設 置 駅:JR新青森駅

  店 舗 名:そば処 ブナの森 新青森駅店

  所 在 地:青森市大字石江字高間140-2

  設置場所:駅新幹線乗り場構内

  営業時間:7:1520:00

  券 売 機:有

  割 り 箸:有

◆注文商品◆

  注文商品:磯のりホタテそば(600円)

  入店年月日:令和3年6月25日(金)

IMG01989_00002
◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)

          ★★★   麺種:ゆで(袋)

  WB(ホワイトバランス)が狂っていますが、目視では、かなり黒味を帯びた太麺です。茹で袋麺っぽかったけど、時間を経過した袋麺特有のネチャっと間もなく、駅そばらしい食感が残っていました。

IMG01992_HDR_00005
       ★★★

 醤油感のあるあっさりした味わいの汁です。出汁はきちんと効いてます。

やや淡白な味わいで、麺とのマッチングはイマイチな感じです。もうちょっとコクがあった方が、この麺には合うと思います。

     ★★★

 帆立、海苔、蒲鉾、揚げ玉、ねぎです。

帆立はベビー帆立で、ちょいと迫力不足…かな。にしても役割分担がいいですねぇ。帆立はこの丼の中では「王様」。岩海苔が磯の風味と香ばしさがを加え、揚げ玉が油分を供給して旨み倍増…と奇麗に整理すればこうなるのですが、なんか金額的な数合わせっぽい感じはします。或いは、高額誘導。

IMG01990_00003
お薦め度  ★★★

 JR東日本東北総合サービス㈱なるJR東日本フーズ系列の店です。あっ、旧NREね。多分…ですが、地元の業者に委託してるんでしょうね。麺、味とも関東のあの駅そばとは異にしてます。

 旧NREスタンダード系ですから、安心して食べられる半面、牛丼と同じで、その土地の要素が取り入れられない(具以外)ので面白みが有りませんが、このような委託?形態だと、ちょっと変わった味が楽しめて嬉しいです。

 

 ヨッパーには、ぶっかけ一味がお似合いさ(^^

IMG01991_00004
 この岩海苔がね、風味がいいんですよ。

 そばとの相性は、なんてったって油が一番。次は海苔かも…。

IMG01995_HDR_00006
 帆立がちっちぇえんだよねぇ。

 ナイショの話だけど、これがもし「ゆで太郎」だったら、この値段なら、倍は入ってるだろう…。内緒ですよ~。、

IMG01996_HDR_00007
 こんな感じで、今回は収まました。

 あまり深追いすると、鮑腹一杯食えなくなっちゃうからねぇ(^-^;

IMG01998_HDR_00008
 こんな非日常なことをするのが、旅の楽しみだなと思う今日この頃…(続く)。

【食器棚】
  JR大宮駅  そば処中山道 大宮7・8番線ホーム店 春菊天そば
  青森県青森市 「りんご箱」