おはようございます。酔待童子です。

 昨日は、新都心のけやき広場にオープンしたて(5月22日)の鰻屋へ独りで出掛けてみた。
 この店、浜松で養鰻業酔を営んでいるその直営店らしい。

20210524_113045231
 まつ、これで2,480円なら、良いでしょう。
 もちろん、関西風の焼うなぎでした。

 閑話休題。 

 この日はおいらの傘下の某課の課長補佐(×3、)と顔合わせ会をやった。

 あの忌々しくも禍々しい武漢コロナウイルス禍の中で、開催を延期していたのであった、他の課との懇親会を聞きつけたためか、乗り遅れまいと予定されたもの…と思われます。

 だってさ、この日は、人間ドッグが終わった日。

 普通、ほとんどの人が、午後から有給休暇を取って1日休むのに、おいらは午後から出勤さ。だから呑みに行こうと思ってたんで、これは好都合と…。

◆店舗データ◆

 店 舗 名:デクの海小屋

 所 在 地:さいたま市中央区上落合2-3-1

 電話番号:048(762)9007

 営業時間:17:00~翌0:00 (料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:00

 定 休 日:無休

◆注文商品◆

 注文商品:当日OK!【90分飲み放題付】ご宴会コース(3500円)

 総支払額:17,500円(税抜込)

 入店年月日:令和2年10月1日(木)

《コースメニュー》

 前菜、本日のカルパッチョ、豚角煮と煮たまご、今日のおすすめ1品、揚げ物、〆の一品

〇 前菜

20201001_180247_00002
〇 本日のカルパッチョ(鮪のハム)

20201001_180227_00001
〇 豚角煮と煮たまご
20201001_190247_00009
〇 今日のおすすめ1品(鮪カマ)

20201001_181910_00007
〇 揚げ物(鮪メンチカツ)
20201001_183651_00008
〇 〆の一品(鮪巻)

20201001_192145_00010
◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)

食  材   ★★

お薦め度   ★★

 ここ、ウリが熊野灘で揚がった「野生鮪(やせいまぐろ)の生刺身」。今回のコースでは出なかったが、いろんな鮪の料理が堪能できた。鮪のカマ、メンチ、ハムなどなかなかお目にかかれないマグロ料理。「天然生本鮪」ではなく、「野生生本鮪」ってところが気に入ったわ。これは、是非、次回、食べてみる価値がありそうだ。アタシャ、鮪食べるために青森に日帰りで行くほどの鮪人(まぐろびと)なり。

 

 お通しが何かの肉のカツっぽかった。

 何だったんだろう?

20201001_180251_00003
 レバーペーストとクラッカー。

 アタシャ、レバー食べない派なので、放っておいた…(^-^;

20201001_180255_00004
 鮪のカルパッチョの正体は、鮪ハム。

 どこか豚の生ハムに近い味わい也。

 煮卵もいいわぁ(^^♪ 大好物だし…。

20201001_180604_00005
 そんなこんなで、最初から最後まで、ずぅ~っとハイボール濃い目で過ごし、Gカーでお帰りなさいした。

 この日は、人間ドッグで3日間の休肝日を作っての飲み会だったんで、そりゃあ身体も喜んでくれたよ。

 因みに、3日間開けて、γ-GTPが昨年の199から144になった。それでも基準値+100近いけど、ガムバッタということにしておこう、