本日の2食目です。

 9月25日は、宵待草子♂♀と長女で帰省した。

でもねぇ、電気とガス以外は止めてあるし、食料も何もないので、100 %買い食いか外食となってしまうので、2日も滞在すると、結構な出費となってしまう。

まっ、そうは言ってもやむを得ないので、朝から営業してる店へ出掛けた。

 ここ「信州カレー」なる名称で、飯田市の域産域消(いきさんいきしょう)認定店。なんとカレーに信州味噌を入れちゃってるのよ。

image_00012
 その味噌の製造元が、「嶋田屋麹店」の味噌ってわけ。

 この店、あの「女城主 直虎」に出てきた「井伊直政」が若かりし頃に隠遁生活してた地。ここで火遊びをやっちゃってね、その子孫が経営している店の味噌ってわけさ。

 なんとも歴史を紐解いていくと面白いっす。

 因みに、飯田駅の近くで井伊家の娘さんがオーナーのカフェもありまっせ。まさしく「女城主のカフェ」やねん。

◆店舗データ◆

 店 舗 名:カレーの大原屋

 所 在 地:飯田市羽場権現978-4

 電話番号:0265(21)0739

 営業時間:7:0015:00

 定 休 日:火曜日、最終月曜日

◆注文商品◆

 注文商品:チキンカレー(980円)

 総支払額:3,100

 入店年月日:令和2年9月26日(土)

20200926_072411_00003
◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)

食  材   ★★

お薦め度   ★★

 スープカレーに近い味わいです。サラッとしたあっさり系ながらスパイシーかつ酸味がかなり強い味わい。野菜は擂(す)り潰(つぶ)したようなザラザラ感があります。
 具としては「福味鶏(ふくみどり)」なる銘柄鶏のソテーor煮込み?肉質はジュ-シーで柔らかいんだけど、カレーと一緒に煮込んだような形跡はありませんでした。
 提供メニューは、チキンカレーであり、食味&食感は、緩くチューンしたインドカレーに近いものがあります。インドカレーを日本人が食べやすくした…。そんな感味かな。ご飯と混ぜ合わせると、シカーリ飲み物に変身です。辛さは、ピリ辛程度ですね。

◆これも食べました◆

  注文商品:まろやかチキンカレー(1,020円)、どっちもカレー(1,100円)

〇 まろやかチキンカレー

20200926_072359_00001
〇 どっちもカレー

20200926_072405_00002
 

 何年ぶりだろう?飯田勤務時代だから凡そ4年ぶりくらいかな。

 朝7時からやっているのは嬉しいんだけど、朝から1,000円の出費は、チト辛い。ここ飯田市の吉野家なんか、開店が9時だし…、重宝するんですよ。

 飲み物も付いているしね。

20200926_072503_00005
 ライスは中盛り(350g)、大盛り(450g)からも選べます。おいらはレギュラーにしました。220gだそうです。

20200926_072538_00007
 しっかりと煮込まれたチキンは、トロホロ状態。これは美味しい!

20200926_072534_00006
 サイドメヌーはひよこ豆とキャベツのカレーピクルス、ポテサラです。口直しにいいですねぇ。

20200926_072747(0)_00011
 福神漬けとらっきょはフリー。

20200926_072425_00004
 グチャグチャにかき混ぜると一気飲みしたくなる衝動に駆られます。

20200926_072600_00008
 巨大な煮込み鶏肉がゴロンと2つ入ってマスタ。

20200926_072617_00009
 うん、これはジャパニーズインドカリーだな。

 欧風カレーとはちょっと違うと思います。

20200926_072635_00010
 う~む、朝カレーはパワーが出るって、イチローが言ってたよな。パワー出過ぎると、おいらの大嫌いな「農作業」をやる羽目になってしまう…。これは勘弁だわ(^-^;