本日の2食目はこれです。 

 この日(4月15日)は、夜、ラーメンを食べに行くことに決めていたので、お昼は、バナナとグリーンスムージーで済ませた。

 ったく、コンビニバナナ、1本108(-_-;) たっけぇ!

IMG00416_HDR
 そして夜、向かった先はここ「麺と飯 トンじろ」。4月14日オーペンした店。

 過去に、みそ専門店「黄金味噌らーめん ひょっとこ 鴻巣店」があった場所。

 味噌樽をイメージした店構えは、そのまま利用しているようです。

IMG00006_HDR_00004
 これが、店のシンボルマーク。

210402194508yf4z_l
 店長に、「どこの系列店ですか?」と聞いたら、「独立店です。宜しくお願いします」と言われました。

 お店のモットーは、「にんにく入れましょうか?」。

 「本格二郎系らーめん」をご家族、女性の方にも楽しんでもらいたい! そんな思いを実現したらーめん屋だそうで、ラーメンをはじめご飯ものなど、色々なメニューがあります。店内も広いし、小学生以下のお子様対象で子供ラーメン無料とか、良心的な感じ。

 いま、3日間の開店セール中で、ラメーンが一杯500円なり。

 会計は入り口近くのレジでセルフ方式。

 訪店時、家族連れなどで、店内・外、客で溢れかえっていた。シャッターズ№12

 呼び出しベルを渡されて、車の中で待つ。

 途中、店内に入ると、店員は7名。

 不慣れなためか、オペの要領が悪い。

 そこに、回転率の悪さから、約1時間待った<`ヘ´>

 着座と共に、卓上で、ぜ~んぶセルフ注文方式。

 私酔待童子は、ラーメン(中)550円、ニンニクマシ、ヤサイ普通、アブラ多め、うずら卵(100円)、餃子(5個400円)を注文。

IMG00413_00005
◆店舗データ◆

  店 舗 名:麺と飯 トンじろ

  所 在 地:鴻巣市鎌塚1-11―2

  電話番号:048(598)3364

    営業形態:独立

  営業時間:10:0022:00

  定 休 日:店内掲示

  券 売 機:無

  割 り 箸:有

  人 気 度:総合順位:(全国)19.381位 (鴻巣市)17

       ※2020年4月15日現在 ラーメンデータベースの順位

◆注文商品◆  ×5段階評価 標準は×2)

  注文商品:ラーメン(中 550円)、うずら卵(100円)、餃子(5個 400円)

  支払総額:1,600

  入店年月日:令和3年4月15日(木)

○ ラーメン(中 うずら卵)

DSC_5475_00003
○ 餃子(5個)

210412134113-6073cf692c083_00001
         ★★★★   加水率:低   太さ:極太

 我がラーメン史上、最高に近い極太麺。割り箸の太い方よりさらに太く、しかも、硬めに茹でられています。これは灌水入り武蔵野うどん麺とか、「吉田のうどん」ならぬ「吉田のらーめん」との形容がピターシな麺。極太麺なので、毎度お馴染み、持ち上げても麺線が綺麗に揃いません。啜ると言うよりも箸で口の中へ押し込んでいく感じで、その食感は、モチゴワで、噛みしめるとストレートに小麦の味わいが口中に広がります。まるで武蔵野うどんだわ~。

IMG00446_00013
スープ   ★★★   ベース:醤油  コッテリ感:普~濃

 乳化度はそれほど高くはありません。茶色く濁ったスープを飲むとカエシがしっかり効いた甘じょっぱさ。豚感はそれほど高くなく、背脂をたっぷり浮かせて動物感を出していますが、ベーススープは割とシャバめ。

IMG00452_00016
     ★★★★

 チャーシュー、ヤサイ(キャベツ&もやし)、にんにく、うずら卵(有料トッピー)です。

 豚は2cmほどある厚さ。柔らかくて、ホロホロと口の中で崩れる柔らかさ。ヤサイはモヤシとキャベツ。キャベツ率は4割程度かな。割と歯応えのあるタイプで、割りと多めです。ニンニクは粗めで、シャクシャクした歯応え。二郎系らしく、混然一体となった旨さがあります。

IMG00441_00011
お薦め度    ★★★★

 現在は、ラーメン(中)が550円ですが、通常価格は850円くらいでしょうか。家族連れが入れる「二郎系」がウリのこの店。「小学生以下のラーメンは無料」にするなど、店の狙いが当たったのでしょう、先行き安泰な予感。ただ、店内の広さもさることながら、店員が7名もいる割には、オペレーションが悪いです。茹で上げ10分の麺という特殊事情もあるのでしょうが、素人っぽく、無駄な動きが目に付きましたが、店長の姿勢は良かったので、長い目で見てあげましょう。

 

 中央に、ドロリとアブラが乗って、その脇を大量のニンニク、でっけえチャース、うずら、ヤサイが取り巻いての登場です。

IMG00425_00006
 でっかくて分厚いチャース。

IMG00434_00009
 二郎系では、やはり味玉よりもウズラがお似合いです。

IMG00433_00008
 我がラーメン史上、Maxに近いニンニクマシマシ。

 にしても、粗切り過ぎて、その食感が堪らなくウザくて心地よい(^^

IMG00431_00007
 ドロリドアブラ。

 割とシャバ系スープなので、入れちゃいましたって、二郎系には必ず入れるけど…。

IMG00440_00010
 太過ぎるけど美味し過ぎる麺。

 間違いなく灌水を入れたうどん製法の麺でしょう。

 製麺所は、狭山市の「大進食品」なる製麺所製。

IMG00442_00012
 やっと天地返しができました(^^

IMG00451_00015
 ウズラは3個。

IMG00454_00017
 ブーをサルベージ。

 凄い重量感と大きさ。

 トロホロで旨し!

IMG00456_00018
 食べ終わりました。

 でも、餃子が来てないやん<`ヘ´>

IMG00459_00019
 やっと到着。

 注意して噛まないと、ピュっとところ構わずに脂が飛び散る。

 ニンニクが、またまたタプーリ。

IMG00462_00020
 食べ終えて…。

 あまりの待ち時間と、オペの悪さに文句を言う寸前まで行っちゃいました。

 そして、餃子も、ラーメンが食べ終わった後に出てきた。

 したらね、店長が、わざわざ私酔待童子のところまで来て、「餃子、手違いで遅れて申し訳ありません。お詫びに、今回は無料とさせていただきます」と来た。

 アタシャ、思わずニヤリ。本心を出してしまったがな。

 「美味しい一杯でした。次回も早い時期に伺います」と。

 こんなやり取りで、店の印象が変わるんですよね。聞いてましたぁ?朝日屋の対応の悪い女性店員さん!あーゆー店には二度と行かねぇし。