おはようございます。酔待童子です。

 昨日は、朝から麻婆を飲みに行くと決めていたので、11時45分には、梅蘭の人となっていた(^^♪
 ここの麻婆、量が凄く多いのです。麻婆:ご飯が1:1くらい。
 グチャグチャに掻き混ぜて飲みましたとさ(^^♪

20210325_114739857
 夜は、家にまっすぐに帰り、フライングゲットで購入した「カップヌードルPRO」を味見しました。
20210322-2-01
 この結果は、明日にでも…。
 

前回の続きから)

 羅臼~知床へと向かおうとした矢先に、道の駅で「知床峠 冬季通行止め」なる掲示を見てしまい、止むなく釧路へ戻ることとした我らご一行様。

 ウフフ、おいらの脳裏の中では、中標津にある「サーモンパーク」へ行くことを画策し、提案した。

 結果、賛同を得て、向かうこととなったのだが、おいらは、大の日淡(日本産淡水魚)ファン。もう、淡水魚を見てることが大好きなのだが、そんなことは全くおくびにも出さず、あまり興味が無いようなふりをして向かったのだった。

20210313_123541646_00001
 通称「鮭」(正式名称:白鮭)の稚魚が泳いでいます。

20210313_124140250_00002
 やっぱし、イトウ(漢字ではさかな辺に鬼と書く。)は迫力があるねぇ。

 でかいのになると1m50㎝を超えるものもいるらしい。

20210313_124628372_00003
 獰猛で、口に入るものはなんでも食べるらしいね。

20210313_124638243_00004
 チョウザメがウヨウヨ。

 指を入れると食らいついてきますが、歯が無いので安心です。

20210313_125113233_00005
 こいつの卵の塩漬けが、世界三大珍味で食べる宝石になぞられる「キャビア」。

 そんなに美味しいとは思わないけどなぁ(^-^;

20210313_125137180_00006
 ヒメマスの稚魚だったと思う…。

 陸封型は姫鱒(ひめます)、降海型が紅鮭(べにざけ)。

 淡水で獲れる鮭類の中では、「姫鱒」が一番美味しいと思う。

20210313_125404547_00007
 これは山女魚(やまめ)の稚魚。

 陸封型が山女魚、降海型が桜鱒(さくらます)。

 桜鱒も美味しいです。山女魚よりは美味しいと思うな。今が旬だし。

20210313_125553497_00008
 これは、アマゴの稚魚。

 陸封型がアマゴ、降海型がサツキマス。

双方とも、自然分布は、神奈川県西部以西本州太平洋岸、瀬戸内海側河川の一部。

ヤマメとアマゴの区分は、大まかに言うと、赤い斑点があるのがアマゴ。

20210313_125603550_00009
 興味なさそうな二人を無視して、思う存分楽しんだ(^^

 して、釧路でレンタカーを返却して、ホテルへチェックイン。

 そして、予約しておいた炉端焼きの店へと向かった。

 あっ、そうそう、サーモンパークで鮭を見てしまったためか、時間潰しに寄った「和商市場」でね、時鮭(ときしらず)を1匹まるごと買っちゃった。

 「漁に出て1匹獲れるかどうかの上物」だそうで、一番でかい奴。80㎝近い奴。19,000円を値切りに値切り、16,000円にしてもらった(^^

 今が旬で、最高に脂が乗っているんです。

 まっ、それはそれとして、ここで飲みました。

20210313_170658102_00011
◆店舗データ◆

 店 舗 名:炉ばた 煉瓦

 所 在 地:釧路市錦町3-5

 電話番号:0154(32)3233

営業時間:17:0023:00

 定 休 日:無休

◆注文商品◆

 注文商品:鮭ハラス(600円)、真ほっけ(1,200円)、さば(半身 750円)、ししゃも(5匹 800円)、鶏ザンギ(770円)、鰯の餃子(660円)、とうもろこし焼(460円)、コーンバター

 総支払額:円(税抜込)

 入店年月日:令和3年3月13日(土)

〇 お通し

20210313_173310539_00020
〇 真ほっけ

20210313_172323605_00014
〇 さば

20210313_172327451_00015
〇 鮭ハラス、シシャモ(

20210313_172332415_00016
〇 鰯餃子
20210313_172815449_00017
〇 とうもろこし焼き

20210313_173936427_00021
〇 コーンバター
20210313_174029643_00022
〇 鶏ザンギ

20210313_174410554_00023
◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)

食  材   ★★

お薦め度   ★★

 これと言って珍しいものはないけど、まっ、自分で焼いて食べるというところに価値を見出しましょう。真ホッケは小さめで脂もほどほどだったんで、しつこくなく食べられました。ブランドになりつつある「北釧鯖(ほくせんさば)」は、脂のノリも良く、鯖らしい味わい。決して安いわけではないけど、安心して飲み食いできる店でした。

 

 根室の地酒「北の勝」。

 ちょっと甘口ですが、癖もなく、サラッと喉元を過ぎ去っていきます。

20210313_172121028_00012
 おいらが炉端奉行をやった。

20210313_172317606_00013
 シシャモは、×3、×2だったんで、おいらは1匹のみ食べた。

 これ、本物のシシャモです。1匹160(^-^;

 和商市場で、♂♀それぞれ10匹づつ買ったんで…。

 食べるんだったら、断然、のが美味しいと思う。栄養が卵に取られないから、脂が乗っているんだ。

20210313_172935568_00018
 鰯の餃子だって。

 あんまり変化はなかった…。

20210313_173013651_00019
 ザンギ。本州では唐揚げと呼びます。

20210313_174410554_00023
 ちょっとザンギ焼をやってみました。

20210313_180906540_00027
 かれこれ1時間半ほど飲んで、次の店へ。

 ハイ、おいら酔待童子が釧路へ来たら、必ず行く店です。

 Yahoo!ブログも合わせて、かれこれ4回登場している店!(続く)。

《食器棚》

  北海道北斗市   ホテル ラ・ジェント・プラザ新函館北斗

  JR南千歳駅   札幌パルナバフーズ㈱「海鮮七福弁当」

  北海道根室市   旅館 照月
  
北海道羅臼町   羅臼の海味 知床食堂