おはようございます。酔待童子です。

 昨日は、出逢って以来、ほぼ中毒化している環七ラーメンで我が史上最強のまぜそばを食べた。

20210321_114130885_00001
 正直言います。
 ほぼ毎日のようにラメーンを食べている私酔待童子が動物的な感でヤバいと感じた唯一のラメーン…。醤油ダレと背脂と液体ラードのみの凄まじいやつ。でも、美味しかったわ~。
 この罪悪感を打ち消すべくジムでランニング~筋トレ~サウナとこなし、夜はこれ。
DSC_4502_00002
 我が家の十八番「牛すじの煮込み」。
DSC_4507_00003
 「環七ラーメンじょっぱり」で買って来たチャースの切り落とし。
DSC_4510_00005
 するめいかのお造り。
DSC_4515_00007
 大好きなほうれん草のおひたし。特に根っこ、だ~いすき!(^^)!
DSC_4509_00004
 苺はあま王で〆た。
DSC_4512_00006
 この後も、毎度お馴染みダラダラ…。

 閑話休題。  

 あの禍々しくも忌々しく憎々しい武漢コロナウイルスの蔓延。

 緊急事態宣言も2週間の継続となり、また、再延長などという話もチラホラと出ている中(当時)、JR東日本さんは、シカーリと大人の休日倶楽部の会員パスを臨時で発売してくれた。

DSC_4053_00015
 こうなったら、行くっきゃねぇでしょう。

 いつものメンバーから、今回はH女史が予定付かずで外れてしまい、ヤロー3人衆での旅行となったのでした。

 目的地は、なっ、なんと鉄道を利用して、埼玉県から北海道は日本最東端の根室、納沙布岬目指して3泊4日の旅行となった。

 今回は、黒いマーカー部分を紹介します。

Inkedhokkaido_map_l[1]
 1530分で仕事を終えて有給休暇を取り、自室で着替えて出発さ。

DSC_4054_00016
 同期入社のK氏と待ち合わせ。大宮駅で酒をどっさりと買い込み、「はやぶさ」に乗り込んだ。

20210311_164414_00003
 とりあえず、今回のお酒は、日本酒、ワイン、9パーなどを買い込んで、静か~に飲んでいく。

20210311_170428_00004
 700円近いヒレカツのサンドイッチも買ったよ~(^^

20210311_174416_00005
 途中、仙台からA氏が合流し、新函館北斗駅を目指した。

 新青森駅で乗り換えての北海道入り。地震の影響で、ノロノロ運転が続き1時間以上の遅延で新函館北斗駅に到着。

 新青森駅を出たと同時に、ほぼ爆睡なり。

DSC_1210_00014
 寝る前には必ず風呂に入るおいら酔待童子ですが、他人の布団だと思うと、風呂は後回し。さっさと寝て、朝入ろうとなってしまう。

◆施設データ◆

  施設区分:ホテル

  施 設 名:ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗

  住  所:北斗市市渡1丁目1ー7

  電話番号:0138(77)5055

◆宿泊データ◆

  宿泊年月日:令和3年3月11日(木)

  宿泊形態:一泊朝食付き

  宿泊代金:朝食付きプラン(3,300円)

  支払総額:9,900

  室内設備:■冷蔵庫 ■エアコン ■空気清浄機 ■トイレ(独立)、風呂(共同・独立) □ズボンプレッサー ■アメニティグッズ ■湯沸し ■近隣にコンビニ ■ウオッシュレットトイレ ■消臭剤 □その他()

≪室 内≫

20210311_215846_00006
20210311_215901_00007
20210311_215909_00008
≪朝 食≫

20210312_054717_00009
◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)

 設  備   ★★★

 清 潔 感   ★★★★

 サービス   -

 食  材   ★★★

 お薦め度   ★★★

 そりゃあ、函館新幹線開業後にできたホテルですから、新しいっす。室内も、おおよそビジネスホテルとは一線を画すレベル。たかが寝るだけではもったいないくらい。自室のバスルームの他に、大浴場も完備。過去には超豪華なバイキング付きだったけど、コロナ禍では、定食スタイルとなってしまった。それでも、1泊朝食付で一人3,300円は、破格の値段。あの豪華なバイキングはなくなり、定食形式になったのが残念無念。

 

 ♪新しい朝が来た 希望の朝だ~

 いえ、♪はるばる来たぜ函館へ~っ…かな(^^

 本日は、「一応」、晴天なり。

 まずは5時から入れる大浴場で朝風呂タイム。

 そして5時45分から食べられるレストランへと直行。

DSC_7304~2_00017
 定食形式とはいえ、朝からこれだけあれば十分だわい(^^

20210312_054729_00010
 朝から刺身が食べられるのだ(^^

20210312_054737_00011
 片っ端からご飯の上に乗せて乗っけ盛り丼の完成。

20200905_061701_00001
 このプリンの美味しさといったら…。これを朝食べるだけでも価値ありもの。

 過去には、これもバイキングだったのになぁ(ノД`)

20200905_062409_00002
 朝食が付いて、ツインルームのシングルユースで3,300円。

 なんでも、自治体からの補助が出ているようですが、それにしても涙ぐましい努力です。

 おいらも、シカーリと利用してあげたいと思います。

 どっかのなんでも都合の悪いことは隠蔽したがる体質の国が、きちんと初期対応していれば、ここまで、酷いことにならなかったとつくづく思うのだが…。

 さっ、心を入れ替えて6時20分発の「特急北斗」で南千歳へと向かいます。

20210312_061429_00012
 途中、八雲駅で「キハ40」をみた。

 これも、新型車両に取って代わられようとしている。

20210312_070942977_00013
 またまた、おいらの中から昭和が消える…。

 3人旅行とはいえ、全て席は別々。

 のんびり行きましょうや(続く