本日のカップはこれ

DSC_3882_00002
DSC_3927_00010
 毎度お馴染みのフレーズ「いま抜群においしく、そして10年後20年後も古びることなく愛され続ける即席麺」がコンセプトの正麺カップ。乾燥麺でありながら生の麺本来の自然な食感と味わいを楽しめる即席麺。

 今回発売されたのカップは、昨年9月に発売された「辛ニボ」のリニューアル版。

スープに煮干をガッツリと利かせ、そこへ唐辛子をシカーリとぶち込んだ、激辛煮干しスープに山椒を加え、春夏仕様へスープを改良たそうです。

そのことを分かりやすくパッケージに表示されました。

DSC_3886_00004
 因みに、従来のパッケージには何の表示もありませんでした。

DSC_3814_00001
 このスープ、こってりとした旨辛スープが印象的で、そこに山椒…。さてさて、どんな感じでMy舌を楽しませてくれるでしょうか。

◆メーカー説明◆

 「生麺のようななめらかさとコシのある麺に、山椒を加えた春夏らしい辛さと煮干しを利かせた豚骨醤油スープ」だそうです。

DSC_3883_00003
DSC_3929_00011
添付物は、スープ(粉末、液体:ともに後入れ)、かやくです。

DSC_3892_00006
 は、「なめらかな口当たりと、粘りのある食感が特長の、透明感のある麺」だそうです。

DSC_3888_00005
 ほぼストレートなノンフライ中太麺です。いつもの高加水なツルミを強調した麺ではありますが、若干、加水を抑え気味な感じがします。気のせいかもしれないけど…。この麺は、割とスープとの親和性(馴染み)が良くありません。弾くような寄せ付けないような…。でも、このスープは強引にこの麺と馴染んでますのでその点は問題ありません。でも、この手のスープには、低加水のゴワポソ麺のが似合うんですよね。低加水の太麺が無いのが正麺の弱点かな。

DSC_3925_00009
スープは、「炊き出し感のある濃厚なポークの旨みをベースに醤油を合わせ、辛みと煮干しを利かせた旨辛な豚骨醤油スープ。自家製の豚骨だしを使用」とのことです。

DSC_3924_00008
 とろみとザラツキののある旨辛な煮干スープです。ニボニボ感はかなり強烈に作用してますが、その味わいは、あの寿がきやの「辛辛魚」をライトにしたような味わい。ニボと辛みが拮抗しています。ただ、個人の好みの問題かもしれませんが、前作では、辛さの質と煮干しの質が幾分か合致しないような感じがしましたが、山椒が加わり、その傾向は無くなったような感じがします。でも、山椒はそれほど出しゃばってないです。

DSC_3935_00013
 は、味付挽肉、ねぎです。

DSC_3894_00007
 適度な味付けにふんわり食感のそぼろ肉がこのスープに何とも合致してます。量的にもこんなもんでしょう。

DSC_3932_00012
◆商品データ◆

 発    元:東洋水産㈱

 シリーズ名:マルちゃん正麺カップ

 商 品 名:辛にぼ

 販売地域:全国

 発売年月日:令和2年9月7日(月)

 リニューアル年月日:令和3年3月8日(月)

 購入年月日:令和3年3月8日(月)

 試食年月日:令和3年3月9日(火)

 購入場所:MEGAドン・キホーテ

 定  価:225円(税抜)

 購入価格:178円(税抜)   値引き率:20.9

◆商品の評価◆  ×5段階評価  標準は×2)

麺   ★★★★★   麺種:ノンフライ  太さ:中太  湯戻し時間:5分

スープ  ★★★★    ベース:醤油

具   ★★★

総 合  ★★★★

 辛みと煮干しの双方を味わうことができるスープに、カップ麺よしてはほぼ美味しさを究めた麺。とろみがある分、加水率の高いノンフライ麺にありがちなスープを弾くような感じも皆無。これはマルちゃん正麺カップのオリジナルな味わいとして申し分なしでしょう。美味しさを強引に感じさせるカップに仕上がってます。

◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)

 内 容 量:122g(うち麺量75g)  必要湯量:410ml

 エネルギー:★★     443kcal(うち麺・かやく299kcal、スープ144kcal

 食塩相当量:★★★   6.5g(うち麺・かやく1.9g、スープ4.4g