(前回の続きから)

 タガマヤ村で2泊過ごした、われわ酔待童子ご一行様。

 結局、大雪に覆われて一歩も外へ出られなかった。

 だってね、屋根の雪が定期的に落ちてきただけで、もう出られないんよ。

 んなわけで、アタシたちご一行は、9時にはチェックアウトして帰途に就いた。

 んで、高速めしが大っ嫌いなおいらとしては、ちょうどいい時間帯に食べられるラメーン、それはここっきゃ、無いでしょう(^^

 その名は「とら食堂」さ。

 5年3ヶ月ぶりの再訪。

 あっ、余談ですが、カプラーとかカプヲタとか評論家みたいな人たち、ネットで調べた実店舗情報で、カップを評価してあ~だこ~だ書いてるけど、おいらは実店舗優先なので(^^♪ カップはその延長線上にあるんだわ。とにかく、機会があれば、日本中、どこへでも食べに行っちゃいますから(^^)/

 というわけで、海老茶色のマーカー部分を戻ります。

InkedInked20210203_131032(8)_00009_LI_00016
 とら食堂知ってる人は判ってるでしょうけど、いったい、どーしてこんなこんなところにあるの?って場所にあるんだよ。

 そのに行列。どうだろう?1145分着でシャッターズとしては№11組目。

20210205_114843_00001
 約35分後に呼ばれた。

 相変わらず、シンポーなメヌー。

 前訪の時と変わらず。ええ、値段はシカーリとアップやでぇ。

20210205_123114_00002
 ラーメンが来る前に、玉ねぎのみじん切りが着陸します。

20210205_123131_00003
 とにかく、店ン中は満員さ(^^

20210205_123827_00004
 あらぁ、ヤパーシ、チャーシューワンタン麺喰っど~。

◆店舗データ◆

  店 舗 名:とら食堂

  所 在 地:白河市双石滝ノ尻1

  電話番号:0248(22)3426

    営業形態:独立

  営業時間:11:0014:3016:0018:00

  定 休 日:月曜日

  券 売 機:無

  割 り 箸:有

  人 気 度:総合順位:(全国)226位 (福島県)2位 (白河市)1位

       ※2021年2月5日現在 ラーメンデータベースの順位

◆注文商品◆  ×5段階評価 標準は×2)

  注文商品:焼豚ワンタン麺(1,250円)

  支払総額:2,450

  入店年月日:令和3年2月5日(金)

20210205_124106_00005
         ★★★★   加水率:中~高   太さ:平打ち中太

 うねりの強い平打ちの手打ち麺です。見た目は手打ち麺に多いピロピロした食感とは異なるどっしりとした密度のある麺です。噛み締めると、歯を押し返すような弾力と加水率高めのモチモチとした食感がほどよく折り合った麺です。

20210205_124209_00009
スープ   ★★★★   ベース:醤油  コッテリ感:普

 表面に鶏油が覆い、一口啜るごとに豚の甘味を仄かに感じさせる、あっさりとした醤油感のあるスープです。ごく普通の豚鶏スープの味わいなのに、とても特別なスープに感じさせる秘密の「粉」が入っているのか「呪文」がかけてあるんでしょう。

20210205_124222_00010
     ★★★★★

 チャーシュー、ワンタン、ほうれん草、メンマ、なると、ねぎです。

 チャーシューは食感の異なる3種。ももロース、肩ロース、バラ。表面にほんのりと紅を纏い焼き上げた燻香漂う本格的な味わい。色が濃いめなマンメはシャクッとした歯応え。そして、法連、なるとは、このラーメンが中華そばで有ることを宣言してます。

20210205_124116_00007
お薦め度    ★★★★

 何の変哲もない見た目の中華そばなのに、食べてみると巷に溢れる中華そばとはいえ全く別物で有ることを知らしめるという卑怯とも言える美味しさを持った一杯です。いわば、ラーメン界のハコスカですかね。羊の皮を被った狼!

 

 おお~っ、とらさん、そしてその弟子の店で食べているチャース麺だわ。ここでは初チャーだけど、お弟子さんとこでは何度もいただいてマスタ。

20210205_124107_00006
 見た目ピロピロだけど、しっかりとコシのある美味しい麺。しかも、手打ちでっせ!

20210205_124148(0)_00008
 無料トッピーの玉ねぎのみじん切りを入れちゃいましょう。

 これ入れると、初めは玉ねぎの味が鼻に突くけど、馴染むといい塩梅さ。

20210205_124251_00011
 チャースは3種。ブーもも、ブーバラ、そしてもう一種、どっかの部位。

20210205_124618(0)_00012
 チュルとろなワンタン。

 シカーリと餡が入ってるのがウレソ!

20210205_124637_00013
 マンメとほうれん草も構成員ですから…。

 いえ、正社員です。

20210205_124723_00014
 こんな感じで投了さ。

20210205_125255_00015
 おいらが、ずぅっと運転してきたんで、ここで、運転手交代さ。

 だってね、この2日間、座敷わらしとの遭遇のために深夜まで起きてたもん(^-^;

 ええ、気がついたら、もうレンタ屋の近くでしたわ。

 さっ、次は、恒例の「タガマヤ村奇譚」へと続きます(続く)。

酔待童子の座敷わらしとの霊話(令和)3年冬

 埼玉県北本市 「ゆで太郎 北本深井店」(37)
 
宮城県村田町 道の駅村田「レストラン城山」~かき揚げそら豆うどん~ 
 山形県中山町 タガマヤ村(1)
 山形県中山町 タガマヤ村(2)
 山形県中山町 タガマヤ村(3)