(前回の続きから)

 3時近くに寝ても、起きるのは6時過ぎさ。

 飯を炊いて、7ヶ所にお供えして、我らもいただく。

 泊まるたびに同じだわ(^-^;

 目玉焼きと納豆さ。

DSC_1425_00005
 ダラダラとお昼までゴロゴロしてた。

 アハハ、精霊も昼寝中だから…(^^

 んで、昼飯でラーを食べに行こうと思ったら、こりゃあ無理ジャン(/o)

 雪を払うだけで一苦労…。

20210204_110336_00001
 んなわけで、埼玉へ持って帰ろうと思っていた、カップ焼きそばの出番となっちゃった。

 非常食だわ。

 焼そばBAGOOON(バゴォーン)。

 このやきそばは、東北と信越限定なの。だから買ったんだけど、まさかここで食べることになるとは…。

DSC_1429_00006
 これが、新発売の「スパイシーカレー」。

DSC_1442_00008
 北海道限定の「やきそば弁当」みたく、スープが付いている。

DSC_1480_00012
 味わい的には、カレー味の焼きそば。

 中庸的な感じかな。

DSC_1478_00011
 もう一つは、「お好みソース味」。

DSC_1430_00007
 どうやら、お好み焼きをイメージしているみたい。

DSC_1462_00009
 構成をみると、麺(小麦粉)、キャベツ、お好み焼きソース、辛しマヨネーズと、魚粉や青海苔を除くと、お好み焼きの構成メンバーは参加していた。

DSC_1466_00010
 相変わらず、母屋と蔵は行ったり来たりするのだが、だんだんと雪道が心細くなってきた。

DSC_1495_00013
 もうね、徹底的に積もってやる宣言したような降り方(/o)

 おまけに、屋根からの雪崩が凄まじいのよ。

 外へ出られなくなったり、廊下を塞んじゃったり…。

DSC_1496_00014
 取り立ててトピックスは無い。

 ワンコもおむつをして静かにしているって、声が出せないから静か。

 座敷わらしをはじめ、精霊たちのパワーをいただきたいものだ。

DSC_1514_00015
 さて、夜になりました。

 肉喰うぞ~っ!

DSC_1515_00016
 本日の酒は、「惣誉 大吟醸」。

 今年の酒の品評会で金賞を受賞したお酒。

 4合瓶ながらプレミアム付きでン万円さ。←或る人から特殊なルートでいただいた酒なので、詳細は語れませんが…。

DSC_1517_00017
 肉、焼くどぉ~

 今回は、A4ランクの牛を買ってきた。

DSC_1519_00018
 さっ、始めましょう。

DSC_1521_00019
 野菜炒め。これは、フライパンで炒めちゃいました。

DSC_1522_00020
 白菜とベーコンのトロットロスープ。

DSC_1523_00021
 サラダを付けて。

DSC_1524_00022
 炭がイイ感じで起きてくれました。

 いい音させてます!

DSC_1525_00023
 食べれる最中の写真は…ないッスm(__)m

 これで暖を取りながら、チビチビ飲った。

DSC_1530_00024
 同じような画像ばかりなので載せませんが、やはりこの日も7~8回は蔵で遊んだ。

 雪掻きだけでも大変だわ~。

DSC_1539_00025
 蔵わらしの間で遊んだよ。

DSC_1544_00026

 ここでも、不思議な現象が多発した。

 結局、この日は昨日の寝不足もあり、0時過ぎには寝てしまったわ。

 

 翌日。

 大雪で買い出しにも行けなかったんで、この日も非常食に買っておいたレトルトカレーが大活躍。

 おいらは、「銀座ろくさん亭 料亭のまかないカレー」。

DSC_1591_00006
 うわ~、黄色いカレーだ~!

DSC_1615_00008
 具は結構入ってました。

DSC_1613_00007
 でも、パンチが無く、ぼやけたような味わいで、お世辞にも「美味い」とは言えないシロモノでした。

 さっ、今日は帰らねばならない日。

20210205_085924_00003
 天気も良くなったし、車の雪も払ったし…。

20210205_085907_00001
 相変わらず、屋根からの雪崩が頻発している。

 蔵への出入り口なんか、戸が開かなくなっちゃったよ、ったく(^-^;

20210205_085911_00002
 それでも、スタッドレスを履いてるし、

20210205_085932_00004
 座敷わらしのご加護もあるでしょう。

 お供えを片付けながら、それぞれのところに感謝の意を伝えた。

20210205_085938_00005
 予定の時間になると、管理人の半助さんが来られ、いつも記念写真を撮ってくれる。

  いつも通り、座敷わらしの間で写真に収まり、

Inked20210205_090609_LI_00009
  この地を後にしたのでした。

 はい、そんなこんなで、今回も楽しい二夜を送ることができました。

 管理人の半助さん、ありがとうございました。

  ホント日本中を見回しても、こんな空気が澄んでいて鮮烈な地はそうはないと思う。

  いつまでも、この地がこのまま存続することを願う!(続く)。

酔待童子の座敷わらしとの霊話(令和)3年冬

 埼玉県北本市 「ゆで太郎 北本深井店」(37)
 
宮城県村田町 道の駅村田「レストラン城山」~かき揚げそら豆うどん~ 
 山形県中山町 タガマヤ村(1)
 山形県中山町 タガマヤ村(2)