おはようございます。酔待童子です。
 最近は、チョイと在宅は控え、出来うる限り出勤している。
 この日も、溜った書類の整理や会議レクをこなし、
 昼は独飯(ひとりめし)。梅蘭で、サンマーメンセットを食べた。

20210216_114923
 夜は、同期の次長に誘われて、自室で部屋飲みして帰った。

 さっ、旅の続きを始めましょう。
(前回の続きから)

 以下、紙面の都合で、ダイジェスト版で…m(__)m

DSC_1139_00019
 ええ、どうでしょうか?一滞在で10回以上は母屋と蔵を行き来して、静粛を楽しむ。

でっかい水晶が飾られていたので、我が家から持参した直径7㎝くらいの水晶玉。その横には私酔待童子が常に持ち歩いている4cmくらいの水晶玉などを置いて、お清めと座敷わらしのパワーにあやかることとした。

DSC_1175_00028
  この後、シャボン玉、紙風船、折り紙をはじめ、色んなおもちゃで遊んだよ。

  にしても、スーパーハイアマチュアフォトグラファーのおいらをもってしても、この屋敷の中は露出が不安定。

  霊のエネルギーって、エレキと波長が合うのか、ここへ来ると、カメラが壊れたり、レンズが作動しなくなったり、電池の異常な消耗、露出不安定など、色んな事象に遭遇する。  酷いのになると、画面全体が黒いのもある。

 いつも怪しい顔が映し出される鏡。

 今回も、色々と映り込んでいましたが…。その真相は…。

DSC_1160_00025
  さあさ、夜の帳(とばり)も降り、いよいよ精霊たちが活動する時間帯となってきました。

 さっ、母屋へ戻って夕食の用意を始めましょう。 

 炭も起きたことだし、早速、宴会へと突入です。

DSC_1201_00035
 当然ですが、宴会前には、それぞれの場所へ、お神酒をお供えします。

 この時、またまた不思議な現象がありました(_;)

 この模様は、後日改めて…。

DSC_1198_00034
 2泊するので、初日は魚、明日は肉を炭火で焼いて楽しみます(^^

DSC_1192_00029
 副菜は、ほうれん草のお浸し、納豆汁、サラダの3品。

 家食は、こんなくらいでいいんですよ。

DSC_1195_00031
 納豆汁の素と納豆汁の具を買ってきて、作りました。

  納豆を裏ごししたものと味噌を混ぜ合わせたものです。

DSC_1196_00032
 ほうれん草の根の部分の甘みと食感が好きだ。

DSC_1197_00033
 いい塩梅に焼き上がりました。

 鯖味醂、蒸し牡蠣、魚のすり身の揚げ物を焼きました。

DSC_1193_00030
 さっ、飲み食べ終わったら、またまた、座敷わらしがいると仮定して四次元の世界で遊びます。

DSC_1202 (2)_00036
 おいらは、再び蔵へと出向き、キリリとした静寂を楽しむ。

  30分くらいいたかな?

DSC_1245_00039
  いつも静寂かつ1ミリの邪悪も感じない空間を維持してくれていることに感謝する。
DSC_1166_00027
  守り神のお母さんにも感謝を伝え、いつまでもこの空気を守ってほしい旨、祈りながら、酒を酌み交わした。
InkedDSC_1240_LI_00058
 飾り物が多過ぎて、お互いを干渉するため、最近は、人形が勝手に動いてくれない…(^-^;

DSC_1231_00038
 またまた母屋へ戻り、でっけぇ苺で9パー缶を飲む。

DSC_1255_00040
 本日、何回目かの蔵入り。

DSC_1294_00041
 異常なし!

 って思うでしょう?でもね、オーブの写った写真は、凄くあるんだよ。

 ここで紹介している写真は、写っていない写真をチョイスしてるの。

DSC_1297_00042
 ここも異常なし!

DSC_1299_00043
 通称:お母さんに話しかけたり…

DSC_1303_00044
 ピアノを弾いてみたり、シャボン玉で遊んでみたり…。

DSC_1309_00045
 またまた、母屋へ戻ります。

DSC_1325_00046
 雪がしんしんと降ってます。

 さぶいわ~。

DSC_1335_00047
 蔵から来た精霊たちは、この部屋を通って座敷わらしの間へ向かうと言われてます。

 いわば「霊道(れいどう)」だね。

 ここが母屋で一番オーブが写る場所です。

DSC_1348_00048
 この後も、母屋と蔵を行き来してこの澄んだ空気を思う存分味わった。

  そして、小腹が空いたので、これを食べようと…。

  東北限定の「シュリンプヌードル」。発売当初は、日本全国で販売してましたよね。

カロリーも低いし、罪悪感は…ほぼない。

DSC_1350_00049
 少年時代、この海老が嬉しくてねぇ。海老を最後まで残しておいて食べたなぁ(^-^;

DSC_1352_00050
 結局、一人で、チビチビと飲りながら、2時まで起きていた。

  アハハ、いつもスナックへ行くと2時はザラなので、へっちゃらさ(^-^;

 2時の声を聞いたので、夜回り開始!

 またまた、離れに行ってキリッとした空気を全身に浴び、母屋へ戻った。

DSC_1411_00002
 さておいらも床に就くか。

 いま2時35分也。

DSC_1417_00003
 あとは、寝静まった後の状況を観察しようとガムバッタ。

 多分、15分くらいで逝ってしまったわ(/o)

 でも、ゆめか現(うつつ)か判らないけど、ちょっと不思議な現象はあったよ。

 いずれ紹介します(続く)。

酔待童子の座敷わらしとの霊話(令和)3年冬

 埼玉県北本市 「ゆで太郎 北本深井店」(37)
 
宮城県村田町 道の駅村田「レストラン城山」~かき揚げそら豆うどん~ 
 山形県中山町 タガマヤ村(1)