おはようございます。酔待童子です。

 昨日は、環七ラーメンでギットギトになった身体をジムで浄化しようと出掛けるも、生憎の駐車場満杯。
 止むなく「ひな多」で、日替わり「ズワイ蟹と平子のつけ麺」を食べた。

20210214_114951_00004
 ここも、魚介という魚介をまんべんなく資材としてラメーンに使っちゃう店。
 なかなか面白いのがたくさんありまっせぇ。
 十分楽しんで、ジムで身体を鍛え上げた。けど、4日連続は、どうにも筋肉疲労が出てきてるので、ちょいと身体を休ませよう(^^♪

 閑話休題。

 さっ、1年前に予約した、タガマヤ村へのお出かけの日。

 どうやら、山形は積雪が凄いらしい。

 車はノーマルタイヤ。

 スタッドレスを買っても、シーズン中に1回から2回程度しか使わないから、スタッドレス付きのレンタカーを借りての旅行にしました。

 今回の行程は、こんな感じ。

 まずは、朝早く起きた日はって、平日と同じように5時前には起きる私宵待草子老人。

 いつもどおりの朝そば集会の様子から。

20201108_070308_00002
 ここ「ゆで太郎」。

 ある番組で社長が出演して説明してたけど、麺はそれぞれの店舗で打っている。

 そして、汁は作り置きせず6㍑づつしか作らず、90分経過すると廃棄…。

 天ぷらは揚げ立ての熱々さ。

 ここまでこだわられると、もう居ても立っても居られなくなっちゃうわ。

 さっ、「ゆで太郎」のモットーである、高品質なそばをリーズナブルにいただこうではありませんか。

 11月から始まった「新そば」もひと段落したので、今回はこれを食べてみました。

MB_TOP2_00015
 もちろん無料トッピー券も使いまっせぇ。

 そばメニューとどんなトッピーを組み合わせようか…って考えるものとても楽しいのです。

20201230_070041(0)_00003
 今回は「生卵」を付けて、月見そばです。

◆店舗データ◆

  店 舗 名:ゆで太郎 北本深井店

  住   所:北本市深井6-87

  営業時間:6:0023:00

  定 休 日:無休

  支払形態:食券

  割 り 箸:無

◆注文商品◆

  注文商品:ミニのり弁セット(580円)

  支払総額:940

  入店年月日:令和3年1月31日(日)

20210131_064016_00006
◆評  価◆×5段階評価  標準は×2)

     ★★★★    そば粉割合:5割5分  太さ:細  つなぎ:小麦粉

 今季初の幌加内産の新そば粉。温そば+新そばなので、かなり柔らかめな茹で上がりでした。いつもより柔らかかったけど、生麺だから、当然、美味しいよ。しかも茹で置きはないんでね。ちょっと時間がかかるのは、すべて注文を受けてからの茹で上げだから。

20210131_064119_00011
     ★★★★

 洗練された味わいです。スッキリ感とあっさり感が強く、所謂、駅そばのようなソソル匂いはありません。でも、出汁の風味はしっかりと感じますし、飲み切りたい衝動に駆られること間違いなし。コクは、天かすで補いましょうね。必ずや、もっと美味しくなりますので。

20210117_065558_00004
     -

 デフォはねぎだけです。無料トッピーの生卵と七味を入れました。天かすは、白味魚フライと竹輪天がご飯に付くので、省略。

  月見そばを食べたことがある人なら、判りますよね(^_-) 玉子とそばと汁と相性の良さ(^^

20210131_064103_00009(1)
お薦め度  ★★★★

 麺は、粉から自家製麺し、「挽き立て」、「打ち立て」「切り立て」「茹でたて」。そして、天ぷら類も「揚げ立て」の脅威の5立て。各種そばに添える実(具)は、注文を受けてからの調理。駅そばのような迅速さはないけど、とにかく丁寧、安い、高品質。リピーターになるのも当然の帰結でしょう。このクオリティでこの値段は、コスパ最高。特にセットものは抜群のコスパ。「ミニのり弁」だって単品で270円だもんね。朝からセット物はなかなかきついけど、食べちゃいたくなりそう。一度入店した人の心を掴んで離さない店だわ。駅周辺では駅そば、道路沿いではゆで太郎と、上手い棲み分けができてます。

◆これも食べました◆

  注文商品:朝そば(鬼おろし 360円)、ミニカレー(無料トッピング)

20210131_064031_00007
 

 こんな感じで、まずは第一段階のセッティング

20210131_064101_00008
 すべてが個別で提供されるため、食べるまでの着付けに手間取るんですわ(^-^;

 今回も、ねぎ、卵とが個別提供。食べる前のひと儀式だと思えば、また楽し!

 丼を受け取ると、途中で「天かす←今回は入れなかった。」や「七味」を入れてきちゃう。

20210131_064103_00009
 これが鳴り物入りで登場した「ミニのり弁」。「ミニのり丼」でもいいんだけどね(^^

 でもこやつらの氏素性がいい。

 「海苔」は瀬戸内播磨灘産、「鰹節」は枕崎産枯節、「醤油」は銚子の本膳、「竹輪」は太刀魚のすり身使用、「白身」は助宗鱈船凍品です。こだわりが入ってますよ~。

20210131_064106_00010
 最終型がこれ。

 のり弁の竹輪天、白味魚フライ、宵待草子からのいただきもののミニかき揚げを添え、ご飯には、当初のかつぶしに、追い節した。

20210131_064257_00012
 実は…、削り節のパックを2つ持ってきた(^-^;

 醤油をチョロリと垂らし、SNM(スーパー猫まんま)の出来上がり。

20210131_064302_00014
 具沢山のそばになりました。

 天ぷらとフライと卵。ボリューミーです(^^

20210131_064259_00013
 完食の証しはこれ!

20200113_063650_00001
 ファストフード的そば屋の中では、「ゆで太郎」が一番人気というのをネットの記事で見たけど、それは間違いないと思う。

 美味しさ、コスパ、クオリティ、どれをとっても、現状で、このそば屋に勝てる店はないでしょう。

 

 腹も満腹になったし、さっ、出掛けましょう。

 今回は、酔待童子♂♀、そして愛犬パピヨンの「りゅう」。

 この犬、今年1月3日に脳梗塞を発症し、全身不随に。

 でも、回復力が凄い!転びながらも歩くまでになった。しかし、おむつ、餌を食べさせる…などのすべての介護は必要。

 また、16歳ということで、いつ死ぬか判らないので、ペットホテルも預かってもらえないので、幼児用のビニールプールに入れて連れていくことに。アハハ、ワンコとの旅は初めてなり(続く)。