本日の2杯目はこれ!

 今回は、坂東三十三観音巡りで、第二十一番札所である「八溝山 日輪寺」へ行った帰りに寄った蕎麦屋を紹介しましょう。

20200411_115654_00008
 ここら辺一帯は、金砂蕎麦を中心とした、いわゆる「常陸秋蕎麦」の産地。

 この蕎麦って蕎麦通の人には高い評価を受けているブランド蕎麦。

 ええ、私も大好きです。

20200411_114439_00001
 前回はざるそばを紹介したので、今回は人気メニューの「けんちんそば」を紹介しましょう。

◆店舗データ◆

  店 舗 名:大石家

  住   所:久慈郡大子町川山897

  電話番号:029(572)2664

  営業時間:11:0015:00

  定 休 日:火曜日

  支払形態:現金

  割 り 箸:有

◆注文商品◆

  注文商品:けんちんそば(800円)

  支払総額:1,550

  入店年月日:令和2年4月11日(土)

20200411_114542(0)_00002
◆評  価◆×5段階評価  標準は×2)

     ★★★★    そば粉割合:不明  太さ:太  つなぎ:不明

 さすが「常陸秋そば」どころだね。太めの、それほど食感は重めではなく、コシもしっかりと感じられる蕎麦です。ほんのりと蕎麦の香りが漂い、蕎麦本来の味わいも秀逸。いいですねぇ。喉越しを楽しみつつ、ワシワシと食べられる蕎麦です。

20200411_114550_00004
     ★

 ざるそばの汁がベースとなっていると思います。ゴテゴテしてないサラっと仕上げたけんちん汁で、つけ汁と異なり、カドのない丸みを帯びた優しい味わいです。そのままけんちん汁として飲んでもいい塩梅です。太めの蕎麦には薄口、細めの蕎麦には濃口がマッチするのですが、蕎麦の太さ的には薄口でもいいのですが、汁にもう少し力があってもよかったと思いました。

     ★★

 油揚げ、大根、人参、牛蒡などです。大量のけんちんの実を想像してたのですが、割と控えめで、物足りない感じ。味付けは、しっかりと煮込まれていて、味が浸みていたので、これはこれで美味しかった。

20200411_114553_00005
お薦め度  ★★

 水戸市内にある「黄門そば」のような「けんちんそば」とは一線を画す、上品な味と具量のけんちん汁です。けんちん汁もその店の個性と考えれば、濃い~淡麗、それぞれ好みの味があっていいと思います。そう言った意味では、この店の薄口な味わいは、蕎麦の風味を殺さないようにチューンされてるのかもしれませんが、けんちん蕎麦っていうと、濃いめの汁でガッツリ食べたい私宵待草子的にはもの足りなさを感じてしまいました。

 

 深皿に入れられての登場です。

 器自体も、丼では無いので上品です。

20200411_114548_00003
 こんな感じでいただきます。

 ええ、味わい的には、マッチしてると思いますよ。

20200411_114632_00006
 小さいお稲荷さんがもれなく付いてきます。

 甘いお揚げの味が酢飯に染み込んで、家庭の味です。

20200411_114913_00007
 思わず大盛りを頼まないでしまったことを後悔しましたが、後の祭りでした(~_~;)