本日のカップはこれ

DSC_7638_00001
DSC_7673_00007
 ラ王「赤タンタン」。過去に「黒タンタン」、「白タンタン」と発売されました。

 ええ、「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う」←古くてスンマセンm(__)mじゃなくて、別に赤白黒決着をつけたいわけじゃないんです。ええ、手元には「黒タンタンもあるんだけどね。

 でもねぇ、1週間でそんなにカップって食べられないでしょ?だからね、過去に食べたカップは極力避けようと…、あっそうそう、焼きそば系は全般的に…ね(^-^;

 んなわけで、「黒タンタン」は過去に食べてるので、省略っす。

 まだね、ラ王の新旧味噌の対決だの、どん兵衛三世代対決など、色んな企画ものが控えているんで、ここはどうかお許しくださいませm(__)m

  あっ、一緒に発売された「赤タンタンおにぎり」もカロリーの関係で省略っす。

◆メーカー説明◆

 「赤唐辛子と花椒の華やかな刺激。花椒練りこみ麺が旨い」そうです。

DSC_7644_00003
DSC_7679_00010
添付物は、赤ラー油です。

DSC_7640_00002
DSC_7645_00004
 は、「花椒練りこみ麺で麺からビリビリしびれる」そうです。

DSC_7648_00005
 角刃切りの加水率の高いストレートノンフライ麺です。過去に記録を見てみたら、「黒タンタン」や「白タンタン」と同じ麺のようです。湯戻し5分ですが、6~7分くらいで、滑らかでしっとりとしたラ王麺の特徴が発揮されます。ただ、スープのクセが強いので、ウリである「花椒」練りこみ麺の風味が殺されちゃってた感じです。でも、加水率の高いノンフライ麺の特徴であるスープを弾くような感覚は、練りこみ麺のお陰で一体感が感じられました。

DSC_7685_00012
スープは、「赤唐辛子の辛さと香り高い花椒のシビレ、風味が特徴の濃厚な麻辣担々スープ」とのことです。

ドロンジョならぬ泥田坊的濃厚さの摺り胡麻、練りごまに高濃度汚染されたスープです。味噌とブーをベースに、痺れ(麻)と辛さ(辣)が高次元でバランス良く取れてます。麻辣レベルは万人受けする激辛レベルかな。

DSC_7686_00013
 は、「2種のミンチ肉入り」だそうです。

DSC_7649_00006
 担々麺等に使われる「味付肉そぼろ」と「カップヌードル」などに入っている「味付豚肉」の2種。そして、切り目の大きいチンゲン菜。量が多くシャキシャキとした歯応えがいいです。そして、画像で確認したら、「黒・白タンタン」を上回る具量の多さ。後発カップとしてはこんな具量の充実は嬉しいです。

DSC_7682_00011
◆商品データ◆

 発    元:日清食品㈱

 シリーズ名:ラ王

 商 品 名:赤タンタン

 販売地域:ファミリーマート(東北~沖縄)

 発売年月日:令和2年1124日(火)

購入年月日:令和2年1124日(火)

 試食年月日:令和2年1126日(木)

 購入場所:ファミリーマート

 定  価:212円(税抜)

 購入価格:228円(税込)

◆商品の評価◆  ×5段階評価  標準は×2)

麺   ★★★★   麺種:ノンフライ  太さ:中太  湯戻し時間:5分

スープ  ★★★★   ベース:その他

具   ★★★★

総 合  ★★★★

 シビ辛な担々麺は、もう嫌というほど発売されてます。マイルドなものから激辛まで多種にわたりますが、このカップの「バッチリ辛い」はいい表現だと感心しちゃいました。ええ、結構辛いですよ。これで黒白赤と食べましたが、過去の記録や記憶を呼び戻して総合的に順位を付けるとしたら、宵待草子的には赤→白→黒の順でしょうか。さてさて、次は何色で勝負?

◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)

 内 容 量:110g(うち麺量75g)  必要湯量:410ml

 エネルギー:★★     444kcal(うち麺・かやく330kcal、スープ114kcal

 食塩相当量:★★★★  6.1g(うち麺・かやく2.2g、スープ3.9g