おはようございます。宵待草子です。

 今朝は、茨城県は水戸市内のとあるホテルでおめざ。
 昨日は、毎年恒例の鮟鱇爆食ツアー~お馴染みのスナックを貸し切って0時まで唄いまくり、その足でカラオケBoxで2時まで唄った。
 ええ、それなりの立場にいる人間ばかりなので、あの忌々しくも禍々しい武漢コロナウイルス対策はきちんとやってますので、ご安心を。
 今日は、買い物ツアーをやって、昼酒飲んでお帰りなさいします。

 前日に村上入りして、鮮魚を思う存分楽しんだ酔待童子様。

 会社訪問は10時と決まってるので、暇なんさ。

 だから市内散策して、おいら宵待草子の大好物「塩引き鮭」を買うことに。

 結局、ここで、「厚切り」を8切れ買って、家に送った。一切れ約750円なり。

20200303_101057_00001
 こんな古風な「塩引き鮭」の専門店もあった。

20200303_101131_00002
 ザザッと仕事を終え、昼を食べて帰ることに。

 地元の人に案内していただいた店がここ。

◆店舗データ◆

 店 舗 名:やすらぎ処 石亀

 所 在 地:村上市安良町3

 電話番号:0254(52)2186

 営業時間:11:3013:30 17:0022:00

 定 休 日:不定休(基本毎週月曜日、第三日曜日)

◆注文商品◆

 注文商品:日替わりランチB(980円)

 総支払額:3,940円(税込)

 入店年月日:令和2年3月3日(火)

20200303_120236_00003
◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)

食  材   ★★

お薦め度   ★★

 日替わりのランチは肉料理(この日はハンバーグ)と魚料理(この日は焼き鮭)があり、それ等とは別におかずの種類が豊富。刺身まで付いてます。これで980円はかなりコスパがいいと思いました。取り立てて珍しいものはないけど、どれも手作り感のあるおかず。

 ご飯は大盛無料。毎日食べるには、ちょいと懐(ふところ)が痛むけど、たまーにだったら許容範囲の美味しさでした。欲をいえば、塩引き鮭が出れば最高だったのにな。

 

 ごーかなおかず類です。

 これだけでご飯が食べられそう。

20200303_120240_00004
 そこにこのトラウトサーモンの厚切りな切り身。

脂が乗っていて、ひと塩状態で、ご飯お供としてはいい感じ。

でも、ここは薄いのでいいので、塩引き鮭が欲しかったな(^-^;

20200303_120244_00005
 刺身は、真鯛、サーモン、コノシロでした。

20200303_120501_00006
 食べ終わったら、お茶屋と酒屋へと買い物旅。

 ここ村上市、(商業ベースとしての)日本茶の再北限。で、会社で飲んだお茶が美味しかったんで、老舗の茶舗へ案内してもらい、高級な日本茶を購入し、酒屋では「大洋盛」なる銘柄の吟醸酒を2本購入

 駅では、キハ47が停まっていた。

 あのガラガラ音が好きだ。鈍足の勇者と呼んでもいい存在。とうとう希少種の仲間に入ってきたな。

20200303_130937_00007
 駅のホームの軒先には、小学生が作ったんでしょうか?塩引き鮭が吊るされて、干されてました。

20200303_131003_00008
 ここも武士の街だった影響があるんでしょうか。

 完全な切腹鮭にはしないんですよね。

 一か所切らない場所を作っておくらしいです。

20200303_131028_00009
 村上を代表する酒元がこの〆張鶴と大洋盛。

 今までは完全に〆張派だったけど、大洋盛もいいですよ~。

 だから、2本買っちゃった。

20200303_131135_00010
 このあと、特急「いなほ」~新幹線「とき」を乗り継いで帰途に就いた。