本日のカップはこれ

DSC_6089 (2)_00001
DSC_6124_00009
 今回紹介するカップは「八王子ラーメン」。東京都八王子市のご当地ラーメン(ご当地グルメ)で、醤油タレの醤油ラーメン。トッピングとして、一般的なチャーシューやメンマのほかに、刻みタマネギを使うことに特徴があります。

 そして、八麺会なる組織が定めた定義として、①醤油ベースのタレ、②表面を油が覆っている、③きざみ玉ねぎを具として用いられている、この3条件をクリアしたものが「八王子ラーメン」を名乗ることができます。そう、簡単に言うと、ざく切り玉ねぎ入りの背脂醤油ラーメンね…。

 八王子ラーメンのカップと言うと、日清「麺NIPPON」やヤマダイ「満腹食堂」があります。スープ的には、醤油清湯に近いものがあるので、ノンフライ麺の方がよりマッチすると思うのですが、今回のカップは油揚げ麺での登場。そして、今回は、八王子ラーメン初の監修ものとして「みんみんラーメン本店」が監修したもの。実は八王子ラーメンはまだ未食なのです。「みんみん」って言ったら、宇都宮餃子の「みんみん」しか知らないし…。

◆メーカー説明◆

 「八王子醤油ラーメンの人気店「みんみんラーメン本店」の味わいをタテ型ビッグカップで再現した」そうです。

DSC_6093 (2)_00005
DSC_6126_00010
添付物は、仕上げの小袋です。

DSC_6091 (2)_00003
DSC_6096 (2)_00007
 は、「表面に張りがあり、芯の歯切れがよく、食べやすいめんだそうです。

DSC_6089_00002
 ウェービーな角刃切りの中細油揚げ麺です。やや油の匂いが鼻につくところがありますが、玉ねぎの匂いが絡まり、スープとのマッチングも良く、スルスルっと滑らかな喉越しで収まりのいい麺に仕上がってます。

DSC_6123_00008
スープは、「清湯系のポークのうまみに、醤油のコクと玉ねぎの甘みを合わせたやや甘めですっきりとした醤油ラーメンスープ。ラードベースの調味油を合わせることでコクのある味わいに仕上げた」とのことです。

 豚の味わいが醤油ダレと合わさり、そこへ玉ねぎの甘みが加わり、スッキリとした味わいながら、ラードが適度にコクを加え、「美味しい」中華そばのスープへと仕上げてます。

DSC_6132_00012
 は、「2種類の玉ねぎ、チャーシュー、ねぎの組み合わせ」だそうです。

DSC_6091_00004
 玉ねぎは、トロッとした湯戻り状態で、シャキシャキ感はありません。醤油スープが浸みこんだトロッとした玉ねぎはいい仕事をしていますが、存在感薄い感じがします。でも、このスープの美味しさには大きな貢献をしています。

DSC_6129_00011
◆商品データ◆

 発    元:サンヨー食品㈱

 商 品 名:みんみんラーメン本店監修 八王子醤油ラーメン

 販売地域:全国

 発売年月日:令和2年1026日(月)

 購入年月日:令和2年1027日(火)

 試食年月日:令和2年1028日(水)

 購入場所:MEGAドン・キホーテ

 定  価:220円(税抜)

 購入価格:178円(税抜)   値引き率:19.1

◆商品の評価◆  ×5段階評価  標準は×2)

麺   ★★   麺種:フライ  太さ:中細  湯戻し時間:3分

スープ  ★★★   ベース:醤油

具   ★★★

総 合  ★★★

 澄んだ醤油スープに麺から滲み出た油がどんな影響を与えるか心配したのですが、麺の油揚げ臭は別として、当初からラードベースの調味油を加えているので、スープの旨みがほぼダイレクトで伝わってきた感じがします。

◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)

 内 容 量:95g(うち麺量70g)  必要湯量:420ml

 エネルギー:★★     429kcal(うち麺・かやく331kcal、スープ98kcal

 食塩相当量:★★★★  6.5g(うち麺・かやく2.1g、スープ4.4g