おはようございます。酔待童子です。
  昨日は、前橋市での研修がなくなり、出張がなくなった。
  その反動という気持ちではないけど、ホント、ひさしぶりにヤローだけの飲み会をやった。そのあとスナックでカラオケを…。 
  夜中のお昼頃にはお帰りなさいした。

 

前回の続きから)

 ラーメンで舌と胃を楽しませた後は、やはりティータイムでしょう。

 普通は喫茶店でとなるんでしょうが、アタシたちご一行は、電車の中で楽しむことにしたんだよ。

 今回紹介するコースは、紫のいマーカー部分です。

 喜多方から、「フルーティアふくしま」に乗って、郡山で新幹線に乗り継いで帰宅。

 1日目の日帰り旅行の終わりとなります。

InkedInkedInked9a5b6f49d1162e044145b9f9125f39ef_LI_00033
 今回乗車する「フルーティアふくしま」について紹介しましょう。
300px-719-700_Fruitea_20150425_00001
 東日本旅客鉄道の観光列車で、
719系改造電車で2両編成となります。

 1号車はサービスカウンターやカウンターシートを備える車両。

intro_layout_a0001car
 こんなイメージです。

intro_slide_a0002ph
 2号車は、喫茶車両となってます。

intro_layout_a0002car
 こんなイメージでしょうか。

 2~4名のテーブル席となります。

intro_slide_b0002ph
 こんな感じでスィーツなひと時を堪能できます。

intro_slide_c0001ph
 予備知識はこのくらいにして、早速乗車しましょう。

20201003_145840_00002
 この車両は、旅行商品となりますので、2日前までの予約が必要です。

 そして、乗車券、飲食代金込みで5,000円とやや割高です。

InkedDSC_4922_LI_00031
 これがバウチャー券。いわゆる食券ね。

Inked20201009_094218_LI_00030
 何ともドギツイカラーリングですねぇ。

 スィーツとかフルーツをイメージさせるものではありません。

20201003_152123_00003
 車内はこんな感じ。

 まるで喫茶店のような雰囲気です。

20201003_152244_00004
 これは二人掛けシート。ゆったりとしたスペースで優雅なひと時を過ごすことができます。

20201003_152250_00005
 本日のスィーツの説明が書かれてます。

20201003_152336_00006
 さぁ、出発です。

◆注文商品◆

 注文商品:フルーティアふくしま(5,000円)

 総支払額:10,000円(税込)

 入店年月日:令和2年10月3日(土)

【メニュー】

福島県産シャインマスカットのジュレぷりん、福島県産シャインマスカットと巨峰のカップパンケーキ、クッキー

fun_img_0011ph_00029
◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)

食  材   ★★

お薦め度   ★★

 月変わりのスィーツが提供されます。今月(10月)は、喜多方市内に店舗を構える「カフェ&プリン専門店 Cocco tree」。パンケーキとプリンがメインに提供されました。ええ、専門店がしっかりと吟味して作り上げたスィーツだから、不味かろうはずがありません。逆にジュレプリンなど、初物だったので美味しかったデス。移り行く車窓も美味しさを引き立ててくれるしね。運賃込み5,000円の価値はあるかって?難しいっすね。1車両への最大収容人員が少ないところに、車内クルーもかなりの人数が乗ってたからね。主な構成原価は「特別な空間使用料」でしょうね。この時期だからでしょうか?フルーツは、シャインマスカットと巨峰の2種のみだったのは残念。

 

Cocco tree」について

喜多方市にあるオシャレなカフェ&プリン専門店"Cocco tree”。喜多方産の会津地鶏の卵と福島県内産の新鮮な卵いきいきたまごをブレンドし、会津のブランド牛乳べこの乳を使用したぷりんは、焼き加減にこだわったなめらかな口どけ。旬なフルーツとともに季節によって変わる色とりどりのジュレぷりんやオリジナルのスイーツが楽しめる店。

 

 さてさて、出揃いましたよ。ちょいと上から俯瞰してみましょう。

20201003_153357_00008
 イマイチ綺麗に撮れんのですよ(^-^;

20201003_153352_00007
 途中駅で、午前中に乗った「SLばんえつ物語号」が会津若松で折り返して戻ってきました。運転席横から一写!

20201003_154051_00010
 なぜか場違いな「もも100%ジュース」。

 どうぞお持ち帰りくださいってことかな?

20201003_154121_00011
福島県産シャインマスカットと巨峰のカップパンケーキ

 「シャインマスカットと巨峰の2種類をトッピング。ふわふわのパンケーキに、濃厚な特製ブドウソースをかけてお召し上がりください」とのことです。

20201003_154201_00013
 スポンジケーキの上に生クリームが乗っていて、その上にシャインマスカットと巨峰が添えられているって言う構図ね。

20201003_154156_00012
 「ぶどうソース」をかけたら、ちょいと映えたね(^^♪ 

20201003_154233_00014
 スポンジケーキに生クリームを行き渡らせていただきます。

 うん、ケーキを食べているみたい。

20201003_154310_00015
 シャインを添えてみました。

 やはり、クリームの甘さに葡萄が死んじゃうな。

20201003_154428_00016
 シャインと巨峰の共演で〆ました。

福島県産シャインマスカットのジュレぷりん

喜多方のブドウ農家から仕入れたシャインマスカットをジュレに閉じ込め、みずみずしいシャインマスカットと、とろりととろけるぷりんが楽しめる」そうです。

20201003_155156_00018
 なかなか凝ってるね。

 瓶に入れられての登場です。きれいな色合いです。

20201003_155209_00020 

 シャインマスカットが1粒は行っているってところでしょうか。

20201003_155203_00019
 うん、瑞々しさが漂うシャインの色合い。

 しっかりと甘みのある1粒でした。

20201003_155236_00021
 プリンも、蕩けるような甘みが堪らんわ~。

 丼一杯食べたい~っ。

20201003_155351_00022
クッキー

5種類の味が楽しめる」そうです。

20201003_155411_00023
 クッキーはさすがに食べられなくてお持ち帰りにしました。

 飲み物はお替り自由なんで、ホットコーヒーの後は、アイスコーヒーをいただきました。

20201003_155920_00024
 1号車へ行ってみると、なかなか凝った車内造作です。

 夜なんか、カウンターバーに変身させたら面白いのにね(^^

20201003_164655_00025
 こんな楽しい時間もあっという間に過ぎちゃいました。

 さてと、現実の世界へとお戻りしましょう。

 郡山からは新幹線で大宮までひとっ飛び!

20201003_171115_00026
 この切符で乗りました。

InkedDSC_4924_LI_00032
 最後のひと頑張りをしている「E2系」新幹線。

 一時は東北新幹線のエースだったのにね。

 いまじゃ、「やまびこ」や「なすの」の一部列車で、余生を送ってます。

20201003_171406_00027
 こんな感じで、1日目の徒然なる旅が終わりました。

 明日はね、青森は浅虫温泉までぶっ飛んでいきます。

 わずか1時間45分の滞在のために青森まで行く!

 こんな無駄なひと時が好きです(続く)。