おはようございます。酔待童子です。
 昨日は、昼にニンニクガッツリなまぜそば。

20201016_120558
 マスク着用につき、ニンニクもぜ~んぜんOKさ(^_-)
 そして夜は少し残業し、その後、ジムでランニング~筋トレ~サウナとこなして、サイゼリヤでワインを鱈腹飲んでご機嫌な帰宅。


 閑話休題。 

  柿崎商店でお昼まんまを食べた我らご一行5名様。

  通り抜けてきたニッカウヰスキー余市工場をちょいと見学さ。

  おいら的には、もうね7~8回来てるの。

  珍しくはないけど、いつ見ても楽しいじゃん(^^

20200213_123936_008_00001
  随行の二人と記念にパチリ。

20200213_124414_00002
 現地の課長とも。

20200213_124451_00003
  マッサンの奥様が居住してた「リタハウス」。

20200213_125318_00004
  ウイスキー貯蔵場。

  ここで10年以上の時を刻んで、世に問うこととなる。

20200213_125447_00005
  有料試飲私設。

  おいらは、「余市17年」を試飲した。

  お猪口半分もない。余韻に浸るのに精一杯の量だった。

20200213_125753_00006
  さっ、無料試飲会場で飲みましょうや。

  アップルブランデー、スーパーニッカ、余市の3種が楽しめます。

20200213_131353_00007
  いい気分になったところで、次の関所を通過することとなる。

  なんでも、ここきのこ王国で「きのこ汁」を飲まねばならないらしい…(^-^;

20200213_141054_00008
  ただのきのこの味噌汁ね。

  んじゃ、アタシは「根昆布出汁」にしちゃおうかな(^^

20200213_141328_00009
◆店舗データ◆

  店 舗 名:きのこ王国 仁木店

  住   所:余市郡仁木町大江1-930

  電話番号:0135(31)2222

  営業時間:9:0018:0011月中旬~4月上旬は9:0017:00

  定 休 日:無休

  支払形態:現金

  割 り 箸:有

◆注文商品◆

  注文商品:きのこ汁(根昆布だし 130円)、ざるそば(580円)

  支払総額:1,690

  入店年月日:令和2年2月13日(木)
〇 きのこ汁(根昆布だし)

20200213_141422_00010
〇 ざるそば

20200213_142300_00012
◆評  価◆×5段階評価  標準は×2)

     ★★★    そば粉割合:8割  太さ:中  つなぎ:不明

 幌加内産そば粉を使った二八蕎麦です。中麺サイズの太さで小麦粉による重量感や密度感もなく、スルスルっと入って行きます。そばの風味、仄(ほの)かな甘さ、そしてほんものの蕎麦を食べている実感が湧く麺でした。

20200213_142450_00016
     ★★★

 いわゆる江戸風な醤油感が強くて濃厚ショッパーズな汁ではなく、苦味を伴う濃厚さもなく返しの程よい出汁感が全体を支配してます。素そばを味わって、口中で汁と合体させても、麺との相性も良かったです。

     ―

  葱、山葵(加工品)が。この葱は蕎麦を殺しそうだったので投入しませんでした。

20200213_142311_00015
お薦め度  ★★★★

 まるで関東の都市部で食べるようなレベルの蕎麦、しかも幌加内産蕎麦粉というブランドまで引っ提げてのこの値段。コスパ最高。ほぼ蕎麦汁を浸けずに完食しちゃいました。信州蕎麦で育った私酔待童子でさえ、ビクーリするほどレベルが高い…。北海道の蕎麦、恐るべし。

 

  汁を飲んだら、やっときのこが正体を現したよ。

  椎茸、ナメコ、舞茸かな?

20200213_141900_00011
  蕎麦が美味しそうだった。

  まだ食べたことにない「幌加内産」の蕎麦粉。

  先ほど、お昼を食べたばかりなのにね(^-^;

20200213_142305_00013
  いい色合い。そして、蕎麦の香りも強いデス。

20200213_142308_00014
  蕎麦が美味しくてね、結局、蕎麦汁も付けずに平らげちゃった。

  汁は、蕎麦を味わった後で、ちびっとづつ味わった。

  さっ、いよいよニセコ。

  スキーをやるわけではない。スーツ姿で歩き回るのはいささかハズい。

  でも、シカーリと仕事をこなして、投宿した。