おはようございます。酔待童子です。

 昨日は、ある研修の講師で群馬県は舘林市へ♀×2を引き連れて出張。
 プライベートでは、日本中歩き回ってるのに、ビジネスでは、4月以降、初の出張となった。さすがに、マスクを着けて1時間半のおしゃべりは疲れた。
 その反動からか、♂×3、♀×3の懇親会で、中ジョッキ一杯づつ、その後一升瓶×2、四合瓶1本 、ワイン1本と呑んでしまった。
 そして、酔待童子♀に羽生駅まで迎えに来てもらい、その後は意識不明…。
 でも、朝はすっきりさ。どんなに飲んでも、二日酔いにならない!でも、肝臓が悲鳴を上げてるぞ~!
 武漢コロナ禍の中、今週は、久しぶりに4つの飲み会が入っている。
 そして週末は、九州は壱岐島へ2泊3日の旅行!
 仕事も私生活も充実さ(^^♪

前回の続きから)

 礼文島観光を終え、本日の寝床へとお帰りなさいした。

20200914_075820_00039
 部屋は、海側で、しかも利尻富士の真正面やん(^^

◆施設データ◆

  施設区分:ホテル

  施 設 名:ホテル礼文

  住  所:礼文郡礼文町香深村ワウシ95825

  電話番号:0163(86)1990

◆宿泊データ◆

  宿泊年月日:令和2年9月13日(日)

  宿泊形態:一泊二食付

  宿泊代金:旅行代金に含まれる。

  室内設備:■冷蔵庫 ■エアコン □空気清浄機 ■トイレ(独立 ウオッシュレット機能有) ■風呂(共同・独立) □WiFi設備 □ズボンプレッサー ■アメニティグッズ(少) ■湯沸し □近隣にコンビニ □消臭剤 □その他()

≪室 内≫

20200913_173631 1_00001

20200913_173641 1_00002
≪食 事≫

【食前酒】サンガリア、【先付】雲丹の淡雪豆腐、【前菜】野菜のゼリー寄せ、鴨のスモーク、鮭の押寿司、もずく酢、帆立わさび、【お造り】お刺身の三種盛り、【焼き物】帆立貝の磯焼き、【蒸し物】白味魚のムース、アメリケーヌソース、【肉料理】ビーフシチュー、【揚げ物】法華と昆布の天婦羅、【お食事】ご飯、お吸い物、香の物、【水菓子】紅茶のプリン

〇 夕食全景

20200913_182350_00003
〇【先付】雲丹の淡雪豆腐

20200913_182713_00015
〇【前菜】野菜のゼリー寄せ、鴨のスモーク、鮭の押寿司、もずく酢、帆立わさび
20200913_182702_00013
〇【お造り】お刺身の三種盛り

20200913_182627_00009
〇【焼き物】帆立貝の磯焼き
20200913_182452_00006
〇【蒸し物】白味魚のムース、アメリケーヌソース

20200913_182653_00011
〇【鍋物】鱈ちり           
20200913_182357_00004
〇【肉料理】ビーフシチュー

20200913_182645_00010
〇【揚げ物】法華と昆布の天婦羅    
20200913_182658_00012
〇【お食事】お吸い物

20200913_190216_00033
〇【お食事】香の物          
20200913_190153_00032
〇【水菓子】紅茶のプリン

20200913_182708_00014
〇 朝食全景

20200914_065349_00038
◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)

 設  備   

 清 潔 感   ★★

 サービス   ★★

 食  材   ★★★

 お薦め度   ★★

 安いパック料金の中でかなり頑張って提供してくれたと思います。地域の食材というよりも、ごく一般的なものが多いけど、バランスの取れたメニュー構成だと思います。ただ、武漢コロナウイルス禍とはいえ、夫婦やペアが、横並びの講義方式の配列には、学校で超うしょぅを食べているような違和感を感じました。向かい合わせで、全く問題ないのですが、このホテルに限らず、なんか感染対策が独り歩きしているみたいで…。すればいい的な、やりました感を出しているというか…。もうちょっと工夫して欲しかったデス。

 

 まずは、乾杯ですが、食前酒が「サンガリア」となってましたが、あの飲料メーカー「サンガリア」のお酒なのかなぁ?意味わからず。

20200913_182510_00007
 鱈チリには火を点けて、さっさと煮ましょう。

20200913_182446_00005
 ビアで乾杯!

20200913_182613_00008
 前菜その1は「鮭の押寿司です。

刺身を軽く〆て、その上に昆布が敷いてありました。

20200913_182816_00016
 前菜その2は「もずく酢」。

ここでもずくが取れるのかは定かではありませんが、いつものお味でした。

20200913_182903_00017
 前菜その3は「帆立わさび」。

帆立の貝紐を山葵の茎で和えてあります。蛸わさと同じって寸法です。

20200913_183035_00018
 前菜その4は「鴨のスモーク」。

20200913_183221_00019
 前菜ラストは「野菜のゼリー寄せ」。

なかなか手の込んだ料理で、これは美味しかったな。

20200913_183240_00020
 雲丹の淡雪豆腐。雲丹がこんな形で現れました。

シカーリと雲丹の味はしてました。これはこれでヨシとしましょう。

20200913_190406_00034
 白味魚のムース、アメリケーヌソースです。

なんとも涼し気な色合いじゃございませんか。ふんわりとした食感がソースに馴染んで美味しかったです。

20200913_183423_00021
 刺身は、サーモン、帆立、黒ソイ?です。

20200913_184056_00022
 かなり時間が経過し、甘みが出だした貝柱。ここら辺からぐ~んと旨味を増す手前での提供。

20200913_184144_00023
 いつもの「海老」のお味がするサーモンでした。

20200913_184326_00024
 この色合いと食感は、黒ソイだと思うのですが…。

20200913_184438_00025
 そうこうしてるうちに鱈チリが煮上がりました。

20200913_184519(0)_00026
 ポン酢に浸していただきます。

 いつも家で食べてるので、殊更目新しくもなかったな(^-^;

20200913_185233_00029
 帆立も焼き上がりました。

 シカーリとコリコリとした食感が残ってました。

20200913_185724_00030
 初物です。なっ、なんと法華(ほっけ)と昆布の天婦羅だそうな。

 ホッケは、いつものあの味。昆布は、(⌒▽⌒)アハハ! おしゃぶり昆布状態でした。

20200913_185018_00028
 ビーフシチュー。これがおいら的にはご飯。

 ええ、いつもご飯は食べないので、これで十分です。

 ビーフもシカーリと煮込まれ、ホロホロっと解れました。

20200913_190015_00031
 アタシの好きな「紅茶プリン」。

 これは、あの「0760」で覚えた味。これは美味しい!

20200913_190412_00035
 そんなこんなで、礼文の夜は更けていった…(-_-)zzz

 そして朝、いよいよ島からの脱出日。

 この3日間、ずっと利尻岳が見えていた。

 ホントに運がいいなぁ(^^♪ 日頃の行いの良さって、こんな時に現れるんだなと我ながら感心した←アホ。

20200914_044501_00036
 奇麗な朝焼け!

 今日もいい天気だぞ~!

20200914_045929_00037
 食事後、香深のフェリーターミナルへと歩を進めた。

20200914_080154_00040
 あとは、稚内観光だけだ。

 もう、稚内は5回も来ているので、取り立てて新鮮味はない。

 どこか穴場へ連れて行ってくれ~!(続く