前回の続きから)

 もう島内観光は始まっちゃってます。

 「Kanaria HOUSE」、紹介しちゃったもんね。

 「礼文島到達証明書」だって。観光案内所で、いただいちゃいました。

DSC_4326_00037
 残された時間は、半日ではございますが、島巡り、やっちゃいましょう。

◆島嶼の概要◆      (データは令和2年7月1日現在)

    名:礼文島(れぶんとう)

 所 在 地:礼文郡礼文町

 面    積:81.33

海岸線長:72.0

最高地点:礼文岳(489.8m

    口:2,449

渡島手段:稚内又は利尻島からのフェリー

宿泊施設:有、食事施設:有、購入施設:有

 渡島年月日:令和2年9月13日(日)~9月14日(月)

 島の概要:北海道の北部、稚内の西方60kmの日本海上に位置する礼文郡礼文町に属する島。礼文水道を挟んで利尻島の北西に位置する。冷涼な気候により海抜0m地帯から200種類以上の高山植物が咲き乱れているため別名花の浮島と呼ばれている。人口は2020年(令和2年)7月1日現在、2,449人。礼文島の北部は樹木が少なくササ原となっているのは明治期の薪材の伐り出しや、度重なる山火事によって樹木が消失したことによる。

  ※ 上記の状況は訪島時のものですので、行かれる方は、事前に情報を確認願います。

300px-Rebun_island_seen_from_Rishiri_island_00001
 礼文島からは、いろんな場所から利尻岳が望めます。

20200913_140033_00002
 今回は紫色のマーカー部分を紹介します。

InkedInkedDSC_4328_L2_LI_00039
 のどかな、そしていかにも北海道の最果ての地って感じの風景が続いてます。

20200913_142934_00003
 「桃岩」に着きました。

20200913_144824_00004
 桃の形に似た巨大な奇岩。多種多様な花に囲まれる、礼文島の代表的な観光スポットだそうですが、もう花の季節は過ぎ去ってました(^-^;

20200913_144830_00005
 ここら辺一帯は、「桃台猫台(ももだいねこだい)」という観光名所。

20200913_144858_00006
 後ろを振り返ると、「桃岩」が…、

20200913_144937_00007
 とてもきれいな稜線が連なってます。

 なんかね、ヨッパーなアタシでさえ、心が洗われる感じがする…。

20200913_144941_00008
 なんか遠くのしょぼんとした背中で佇む「猫」ハケーン!

20200913_145049_002_00010
 遠くから見ると、こんな感じ。これが「猫岩」らしい。

20200913_145026_00009
 猫岩の反対側も、いい景観が続いてます。

20200913_145213_00011
 皆さんそれぞれが、思い思いの場所で、風景を切り取ってます。

20200913_145225_00012
 関係者以外立ち入り禁止の札があった。

20200913_150354_00016
 どうやらこの道の先には、割と有名なYH(ユースホステル)があるらしい。

 高校時代は、YHを泊まり歩いたなぁ。

 楽しい思い出がいっぱいある(^^)/

20200913_145319_00013
 全くもって、写真を撮りたくなる景色が続きます。

20200913_145610_00014
 展望台から、駐車場を見下ろす。

20200913_145744_00015
 まだ、花が咲いている?

20200913_150404_00017
 さっ、次は最北端の岬「スコトン岬」に着きました。

 礼文島最北端の岬。晴れた日には、サハリンの島々が現れます。夏には、ゴマフアザラシも現れる、トド島が一望できます。

20200913_155510_00018
 にしても凄い風だ!

 荒れていなくても、これだけの風が吹くのは、襟裳岬(えりもみさき)以来です。

 スマホを構えて写真撮るにも一苦労…。

20200913_155602_00019
 眼下には、こんな景色も広がってます。

20200913_155620_00020
 それはそれは凄いところに宿があった。

 こんな秘境の地の民宿、是非泊ってみたい!

20200913_155644_00021
 島の先端からは、トド岩が…。

20200913_155728_00022
 この寒々しい景色、こーゆー景色も好きだなぁ(^^

20200913_155813_00023
 アハハ、あまりの風の強さで、顔が変形してやがんの(^-^;

20200913_155943_00024
 み~んなさっさと土産屋へ退避した。

20200913_160224_00025
 ここが日本最北端のトイレだそうな。

 今年の3月には、日本最西端のトイレを与那国島で撮影した…。

20200913_160738_00026
 次は「澄海岬(すかいみさき)」を目指します。

 西上泊漁港でバスを降りて、岬へと向かいます。

20200913_163219_00027
 こんなところを歩いて行きます。

20200913_163223_00028
 西上泊漁港も綺麗でしたよ~。

20200913_163456_00029
 スカイ(澄海)岬の途中にある入江。

 なんと綺麗じゃございませんか(^^

 見ていて、惚れ惚れする。

20200913_163703_00030
 このシュールな感じが好きだわ~。

20200913_163706_00031
 スカイ岬に到着。

 ここ、礼文島の西北部にある岬で、名前の通り透明度が高いので、海の底まで見渡せます。

 記念に一写!

20200913_163816_00032
 何度見ても、飽きないデス。

20200913_163833_00033
 こんなところで、しばし、ぼぉ~っと海を眺める。

20200913_163847_00034
 そろそろ夕陽が近くなってきたね。

20200913_163913_00035
 でも、順光の場所はこんなにきれい。

20200913_164012_00036
 てなわけで、一応、礼文島の観光地は一通り、周りました。

 でも、島の西側は、徒歩でしか行けない場所なので、いずれは、歩いてみたいと思う。一日がかりだと言われたけどね(^-^;

 さっ、本日の寝床へと向かいましょう(続く)。