おはようございます。酔待童子です。

前回の続きから)

 どこへ行っても、まずは食いもの…ってほど意地汚いわけではないけど、記念撮影スポットに集中してゴタゴタするよりも、マイペースで過ごすのが、ツアーでの身の処し方と考えている私酔待童子。

 チーム酔待童子は、ツアー旅行が好きではない。団体行動を強いられること、旅館の飯が不味いこと、団体行動を乱す年寄りが多いことetc

 だから、余程のことがないとツアーには参加しない。

 「オタトマリ沼」。赤エゾマツ原生林に囲まれる沼です。

 天皇様の行幸啓の記念碑も一緒にパチリ(^^

20200912_143450_00001
 ツアーガイドの話では、この日はラッキーな日だと…。

 何でも、そうそう利尻岳の山頂が見える日は少ないんだとか。

20200912_143509_00002
 この日の記念写真第一号!

20200912_143524_00003
 先端まで行ってみました。

 なんか、泥炭っぽい黒い泥の湿地帯みたい。

20200912_143607_00004
 ここでの休憩時間は30分。

 さっ、次の観光地を目指して、進みましょう。

 赤いマーカー部分です。最終目的地は、ホテルとなります。

Inked20200912_143434_L1_00023
 我らを案内してくれるのは、「宗谷バス」。どうやら、この3日間お世話になるらしい。そして、バス、ガイドともに3回(利尻、礼文、稚内)替わるらしい…。

20200912_143743_00005
 仙法志御崎(せんほうしみさき)公園に着きました。

20200912_151742_00015
 ここ、溶岩が海に流出した時にできた、奇岩が続く独特な海岸線が魅力の島を代表する観光スポットだそうです。

20200912_150514_00008
 ここだけ見ると、まるで「鬼押し出し」だね(^^

20200912_150740_00009
 このカラス、人に慣れてるのか馬鹿にしてるのか、逃げようとしない。

 それとも写真に収まりたかったのかな?

20200912_150347_00007
 利尻島最南端にあるこの公園。利尻山から流れた溶岩から成る奇岩・怪岩が連なる独特の風景。磯の生き物が観察できる観察場はまさに自然の水族館です。

20200912_151039_00012
 何か人工的な潮だまりがあります。

 ちょっと行ってみましょう。

20200912_145946_00006
 ここ、「アザラシプール」と呼ばれていて、ゴマフアザラシに餌を与えるんです。

 餌の魚は、園内の物産店で販売しています。

 本土の稚内水族館から出張してきているとのこと。

20200912_150938_00010
 餌の匂いがすると、寄って来ておねだりをします。

 人懐っこいアザラシでした。

20200912_150939_00011
 ここでは、朝獲れの海胆をその場で捌いてくれます。

 でっかい海胆(1,000円/個)だけど、1個にこの程度しか入っていません。

20200912_151314_00013
 このツアー客の誰よりも先に海胆に辿り着きました。

 海胆の季節も終わりかけてるし、ツアーでは出ないだろうし…と言うことで。

 海水の塩っ気と海胆の甘みが合わさって美味しかったっす。

20200912_151407_00014
 あの有名な利尻昆布の干場。

 我が家では、利尻昆布、色んな料理の出汁に使うので、昆布専門店で、シカーリと特上品を買いましたわ。

20200912_151856_00016
 さっ、後はもう一か所の観光地を巡ってチェックインとなります。

 バスの中からみた「北のいつくしま弁天宮」。

 その謂れは、「嵐の中、難破しかけていた弁財船が弁天様のご加護により難を逃れた」という言い伝えがあるそうです。

20200912_153819_00017
 この岩、熊だったか猫だったかの後ろ姿に似ていると説明があったような無かったような…(~_~;) あっ、そうそう「寝熊の岩」って言ってました。大きな熊が沖に向かって寝転がっているように見えるんだって。

 なんか、こじつけ感タプーリ(~_~;

20200912_153917_00018
 見えづらいですが、「人面岩」です。目を閉じた男の横顔に見える奇岩。海を見守っているような穏やかな表情。頭部にねじり縄の鉢巻をした感じ…かな。やはり、こじつけっぽいな(~_~;

20200912_154024_00019
 本日の最終観光地「カムイテラス」なる場所へ到着。

20200912_154817_00021
 またまたガイドさんが申しておりました。これだけ綺麗に見えるのは運がいいと(^_-)

 利尻岳は見る方角によって、山の形がまるっきり違いんだって。

 確かに島の色んなところから色んな形で見える…。

20200912_154711_00020
 眺めがいいですねぇ。

20200912_154910_00022
 あっという間に、島を一周し、有名どころは回っちゃいました。

 さっ、ホテルへチェックイン。

20200913_093012(0)
 十数年前に来た時の印象が蘇りました。

 確かに観光地として、あまり印象に残るものは無かったな…と(続く)。