今回紹介するお酒はこれ。

bin-chu-lemon-300ml_00001
bin-chu-ume-300ml_00002
  ブロ友のDora氏が送ってくれた缶チューならぬ「瓶チュー」。

  岡山県は津山からのお届け品。

DSC_2909_00003
 「瓶チュー」は、全国で岡山県が1番の売上を誇るそうで、因みに2016年1月~12月の売上数量の県別構成比では、岡山県は21%で、東京の2倍以上も占めているそうな(県成人人口から見る1人当たりの瓶チュー消費量は、1位の岡山県は、2位の愛知県の6倍以上!)。

岡山県内の特に津山市の多くの飲食店で採用され、“津山のソウルリカー”として、地元の皆様に愛飲されているそう。

飲食店では、氷入りのグラスと一緒に、瓶チューが提供され、小ぶりのずんぐりした形状と、自分でグラスに注ぐスタイルが、多くのお客様の心を掴み、若者を中心にSNSなどでも人気が広がっているんだって。

とりわけ津山市では「瓶チュー」は昔から当たり前にある定番のお酒。お酒を飲む人で知らない人はいないのでは?とも言われており、津山市の盛り上がりを見た他県の客が、“お土産に買いたい”と飲食店へ要望されることもあるほどだそう。

  津山は、新鮮な牛のホルモン焼きや、味噌ベースのタレで炒めた「ホルモンうどん」で有名。きっとこの瓶チューがマッチするんでしょうな。

◆商品データ◆

  商 品 名:瓶チュー レモン&しょっぱいウメボシ

  製 造 者:墨田区東駒形1-17-6

    分   類:チューハイ

  標準小売価格:184円(税抜)

  アルコール度数:7%(レモン) 4%(うめ)

  容  量:300ml

 「強炭酸の"はじける刺激"にこだわった、ドライテイストな瓶入りチューハイ。地中海沿岸の爽やかなレモン果汁を使用し、隠し味にオレンジ浸漬蒸留酒(※)をブレンドすることで、ドライながらも深みのある味わいに仕上げた」そうです。

DSC_2938_00004
DSC_2940_00005
 「梅干しのしょっぱい味わいが楽しめる、強炭酸の瓶入りチューハイ。梅干しの味わいを追求し、梅干し由来の「塩味」「旨み」「酸味」のバランスにこだわり、また、赤シソ蒸留酒を使用することで、赤シソの華やかな香りがアクセントとなり、爽やかで飲みやすい味わい」だそうです。
DSC_2942_00006
DSC_2945_00007

◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)

お薦め度  ★★★★★

 それぞれレモン果汁6%、梅干しエキス入りとほぼ市販の缶チュー並の瓶チューです。取り立てて、どこがというのは、はっきり言って感じませんでした。でも、津山ホルモンうどんに代表される内臓料理には相性がいいんでしょうね。すっきりした飲み口と後味の良さは「ある」と思います。あと、どうあがいても缶チューでは勝てない部分、金属臭の匂い、これがないだけでも優位性はあります。

 

  こんなところから始めてみました。

DSC_2950_00010
  槍烏賊(やりいか)が旬を迎えてるいま(冬)、食べないわけには行かないでしょう。

DSC_2948_00009
  さっ、テイスティング!

DSC_2951_00011
  ある日の昼下がり。

  焼きそばをつまみに。あっ、カップ麺じゃないからね(^^)/

DSC_2946_00008
  うん、なかなか美味しいチューハイでしたわ。

  瓶に入れて、金属臭を排除してるのが、しっかりと感じられました。