前回の続きから)

 昼ラーを堪能した我らご一行様。

 運転手はA氏。助手席にはH女史、そして私酔待童子とK氏は後部座席

 はい、途中のコンビニで酒を買ってもらい、ふんぞり返って行くことにした。

 今回は、太平洋側から日本海側へと移動し、江刺にある鴎島へちょっと上陸してみます。赤いマーカーな部分です。

Inked01_LI_00026
◆島嶼の概要◆      (データは令和2年9月19日現在)

      名:鴎島(かもめじま)

  所 在 地:檜山郡江差町

    海岸線長:2.6

    最高地点:20m

    渡島手段:徒歩

    宿泊施設:無  食事施設:無  購入施設:無

  渡島年月日:令和2年9月5日(土)

  島の概要:江差港にある海抜20メートル、周囲約2.6キロメートル陸繋島(諸説あり)で、多くの釣り客で賑わうフィッシングスポットととして知られる。

 また、島の隣には高さ約10メートルの瓶子岩があり、この岩には、毎年7月に行われる「江差かもめ島まつり」の時に、しめ縄が巻かれ、古来より漁民の守り神として地元漁師から崇拝されている。

 島内には、1889明治22年)9月15に設置された、航路標識鴎島灯台がある

◆島内リポート◆

 今回で3回目となる、ここ鴎島探検。それでは1時間ほど楽しんでみましょう。

DSC_9576_00011
 鴎島は陸繋島(りくけいとう)との説がある。

 陸繋島(りくけいとう)とは砂州によって大陸や大きな島と陸続きになった島のことである。

 この赤いマーカー部分を歩いたヨ。

20200905_140047_00008
 ここが鴎島の入口。

DSC_9582_00012
 こんな海際を散策したり、丘を散策したりと、変化にとんだ探検が楽しめますよ~。

20200905_131544_00001
 この島には「厳島神社」が祀られてます。

20200905_131644_00002
 瓶子岩(へいしいわ)といいます。

 毎年7月の第一土日に開催される「かもめ島まつり」では、町内の若者たちによって全長30mにおよぶ〆縄がかけられます。

 注連縄(しめなわ)を飾ってないところを見ると、あの忌々しい武漢コロナウイルス過で中止にでもなったのかな。

20200905_131834_00003
 遊歩道を先へ進みます。

DSC_9589_00013
 こんな潮騒のささやきが聞こえてくるような岩場がどうしてもスキ。

DSC_9598_00014
 いい景色だね(^^

 高台で一写。

DSC_9603_00015
 島の中央部は、こんな感じで草原が広がってます・

 これも北海道と言えば北海道的風景哉(かな)。

DSC_9604_00016
 波の力による浸蝕の跡で、たくさんの畳を敷きつめたような形態から、千畳敷と呼ばれるようになったそうです。

DSC_9609_00017
 なかなかどっしりとした鴎島灯台です。

20200905_133532_00005
 江差追分記念碑と鴎島灯台。

 この記念碑は、昭和7年、江差追分会本部高野小次郎氏ら12名賛助会員13名によって建立されたもの。揮毫は当時の北海道長官佐上信一の手によるもの。この頃から「江差追分」が全国に広まってきたと言われていますよ~。

20200905_135951_00007
 千畳敷きを手前に鴎島灯台を望む。

DSC_9611_00018
 この島でも義経と弁慶伝説が残ってます。

 この割れ目ですが…

DSC_9614_00019
 二つの窪みが見えます。

 「弁慶の足跡」と呼ばれているそうです。

 歳とったせいかなぁ?こんなロマンチックな伝説好きだなぁ(^^

DSC_9615
 眼下に「開陽丸」が見えますぅ。

20200905_134558_00006
 こーゆー自然美を見てしまうと、途端に撮りたくなります。

DSC_9618_00020
 これも千畳敷きの切り取り写真。

 晴れていると海と岩は絵になりますね(^^

DSC_9619_00021
 さぁ、江差の町を望んで、下島しますか。

DSC_9622_00022
 江差港方面を写し撮る。

DSC_9623_00023
 真横から開陽丸を見ることができる場所を通って…、

DSC_9627_00024
 海の駅「開陽丸」のお土産屋をチロっとみて、

DSC_9633_00025
 いいお時間になったので、途中でゼロ次会&二次会用のお酒をたくさん買って、宿へと向かいます。

 途中で、いい景色が見えたんで、パチリした。

20200905_145620_00009
 お酒を買ったのは、セコマ(セイコーマート)。

 北海道でコンビニへ入るんだったら、ぜってぇ、セコマです。

 ちょっとB級コンビニの雰囲気がプンプン匂うけど、ここ、絶対にいいです。

 アハハ、まだ先があるというのに、セコマのPBブランドカップ麺を3つ買っちゃった。

 これ?ちゃんと持って帰りましたよ。

DSC_3765_00010
 この時点では、2つ食べちゃったけど…。

 なんかわき道にそれてしまったけど、いよいよ「鮑三昧(あわびざんまい)」行きまっせぇ(続く)。