おはようございます。酔待草子です。

  昨日は、出社。でも、午前中に仕事が終わってしまったんで、秘書役兼総務係のUちゃんを連れて、寿司屋へ。
 特上を二人にご馳走して、

20200812_115808
 食べ終わったら、いらはお帰りさない。
 その足で理髪へ行って、16時には始めた。

 閑話休題。 

  むかしむかしあるところに、宵待草子というおじいさんが住んでいました。

  そのおじいさんは無類のラーメン好きで、1日3食でも、朝からカップ麺でも、全く気にしない人でした。

  ある時、中山道は鴻巣宿をトボトボと歩いていたんですな。そうしたら、ワンコが目の前に突然現れ、ここ掘れワンワンならぬ、ここへ入れワンワンと吠えるんですな。酔待おじいさん、噛まれたらこりゃあマズイと、逆らわずに入ってしまったんですな。

  それが「宝介」なる「にら南蛮ラーメン」をウリにしてる店でした。

  カウンターで見ていると、寸胴からスープを鍋に移し、もやしを入れて煮る…。そして、一杯一杯必ず味見をして、丼の中にある茹でた麺の上から注ぐ…。

  この作りの丁寧さを垣間見て、ここは長いお付き合いになるなぁと感じつつ、ここへ入れと導いてくれたワンコに感謝し、家へ帰ってばあさんにこのことを話したのであった。

  あはは、帰りにね、アイスキャンディー1本サービスしてくれたのよ(^^

ずいぶんと長くお付き合いしたのですが、主人が癌で亡くなられ、故郷である長野県の飯田市へ戻られたと風の便りで聞いた…。
 その「宝介」。岩手県を中心に多店舗展開する鎖店です。う~ん、懐かしや。看板にでかでかと掲げられている「ニラ南蛮らーめん」。癖になる味!

20191130_124134_00015
  ニラキムチ、徹底的にぶち込んで、脱水症状起こすくらい汗噴き出しまくって食べてやるぞ!と、心に固く誓って入店さ。

20191130_124119 1_00014
◆店舗データ◆

  店 舗 名:宝介  遠野店

  所 在 地:遠野市松崎町白岩1-10-6

  電話番号:0198(60)2320

    営業形態:チェーン

  営業時間:11:0021:00L.O.20:45

  定 休 日:火曜日

  券 売 機:無

  割 り 箸:無

◆注文商品◆  ×5段階評価 標準は×2)

  注文商品:元祖みそ豚骨らーめん(こってり  850円)

    支払総額:1,700

  入店年月日:令和元年1130日(土)

20191130_122836_00003
         ★★★    加水率:高   太さ:中細

 多加水で相変わらず黄味の強い中細縮れ麺。うん、この麺、おぼえてますよ~でもなぁ、いつものゴワシコな麺じゃなかった。やや茹で過ぎな感じで、いつものような弾き返すような弾力はなかった。

20191130_122920_00006
スープ   ★★★   ベース:味噌  コッテリ感:普~濃

 白濁した味噌ベースの豚骨スープに背脂が浮かぶスタイル。味噌感はかなり薄いデス。やや和風に寄った豚骨味噌というところかな。このこってり感がいいんだよね。一杯一杯、丁寧に作るスープです。そして、スープと一緒に煮込んだもやしがいい!

20191130_122850_00005
     ★★★

 チャーシュー、モヤシ、ニラ南蛮、メンマ、ネギ。
 チャースはバラロール。薄いけどトロホロ。美味しくて逆に物足りなさを感じます。モヤシはスープで茹でたもので、量も多いです。スープの味が染みたシャクっとした食感のもやしが美味い!
〇 取り放題のサイドメニュー

20191130_121819_00002
20191130_122840_00004
20191130_123232_00008
お薦め度    ★★★★

 20年以上前に、この店で、「美味しいラーメンを食べれば、パワーが出る」を初めて体感しました。それからというもの通い続けましたが、徐々に首都圏から姿を消し、最近では、岩手県でしかお目にかかれなくなった。若いころから慣れ親しんだ味。いまじゃ、美味しいラメーンがひしめき合っていて、むかしの感動が薄れてきちゃった。そして、あの時の美味しさには及ばなかった(^-^;

 

  ちょっとレトロがかってきたかナ。

20191130_122937_00007
  お約束通り、ニラ南蛮をこれでもかと投入したよ。

20191130_123234_00009
  麺とスープと韮を良くかき混ぜて味を馴染ませ…。

20191130_123303_00010
  ほんのり赤味がかったスープ。

  背脂との関係も良好。

20191130_123405_00011
  ちょっと豚骨が味噌に優勢勝ちって構図。

  ええ、きちんと味噌・豚骨友好条約は締結されている。

20191130_123904 1_00012
  ここの元祖は、これと「元祖ニラ南蛮らーめん」。

  左が「みそ豚骨」、右が「ニラ南蛮」。

20191130_124020_00013
  超大量ニラキムチ投入で、色合い、味わいともに「ほぼ」同じくなっちゃった(^-^;

  どちらかというと、ニラ南蛮が好みだな(^^