おはようございます。宵待草子です。

 昨日は、我が社には、ほぼ人が居ない…。
 あの忌々しい武漢コロナウイルスの影響で、休暇取得を強制されているのだ。
 そんな中、アタシは出社。
 同じく、秘書兼総務係のUちゃんが出社していたので、二人で昼飯を食べに。
 いつもお世話になっているので、とびっきりのラメーンをご馳走したよ~。

20200811_115101
 夜は、♂×2、♀×2でおいらのお気に入りの割烹でがっつり飲んで、お帰りなさいした。
 家では久しぶりにお一人様だったので、気持ちよくの見直しして…寝た(-_-)zzz

 閑話休題。  

 この店、昭和17年創業の京都「新福菜館」からの分家のような店。

20191129_185225_00010
 彼の地で修業をして、こちら雪国に合うようにアレンジした麺を提供している。

 有難いことに、ここは24時間営業とのこと。

 この先祖的な存在である、京都の「新福菜館」。

 京都ブラックと呼んでいいブラウンブラックなスープ。

 旅行で西国へ下るのによく使う「ムーンライトながら」。

 これを乗り継いで、京都には朝7時ちょい過ぎに京都入りでき、新福菜館で朝ラー。

 そして、帰りの「ムーンライトながら」に乗る時も、新福菜館で夜ラー。

 とまぁ、ラーメンの関所的存在の店の分家。

 黙って通過はできないでしょう(^^

 嫌が上にも気分を持ち上げてくれる通い箱。

20191129_183901_00001
 しかも、本家には無かった「ヤキメシ1/2」があるんですよね(^^

 さすがにこの日は食べられなかった(/o)

◆店舗データ◆

  店 舗 名:末廣ラーメン本舗 秋田駅前店

  所 在 地:秋田市中通4-15-1

  電話番号:018(825)1118

    営業形態:独立

  営業時間:24時間営業

  定 休 日:無休

  券 売 機:有

  割 り 箸:有

◆注文商品◆  ×5段階評価 標準は×2)

  注文商品:中華そば(並 800

  支払総額:1,870

  入店年月日:令和元年1129日(金)

20191129_183948_00002
         ★★★   加水率:低~中   太さ:中太

 中太の超ストレート麺です。見た目は本家(新福菜館)の麺にソクーリ。でも、気持ち柔らかいかな。気のせいかもしれないけど…。モチモチした食感が歯と喉に心地よい刺激を与えてくれます。うん、美味しい。

20191129_184339_00006
スープ   ★★★   ベース:醤油  コッテリ感:普~濃

 見た目、本家に比し、濁りが見受けられます。これは旨みと判断しましょうかね。味わい的には、本家よりマイルドで複雑な旨みが感じられます。下支えには獣系の存在がシカーリと感じられます。うん、濃厚なこんなスープ、好きだわ~。

20191129_185149_00009
     ★★★

 チャーシュー、ねぎです。

チャースと呼ぶより、豚バラ焼肉に近い味わいと食感です。これまた、本家の塩っぱくてちょっとパサついたあの食感とは異なりますね。そしてねぎ。本家は京都らしく九条ねぎ。こちらは一般的な白ネギ。しかもねぎフリーです。

20191129_184006(0)_00003
お薦め度    ★★★

 京都で育ち、秋田で育った新福菜館中華そば。なかなかどうして、本家のオリジナルを見事に再現しつつ、秋田独自の色合いと味わいを出してますねぇ。全体的には、本家の方が荒々しく、こちらはマイルドって印象です。でも、確実に昭和17年の味を引き継いでることは間違いないね。

 

 店内には、「新福菜館」から現在に至った経緯や、ぜひ京都へ行ったときは「新福菜館」によって欲しい旨の説明版も掲示してあります。

 やたらと出自(しゅつじ)を隠さず、本家を敬う姿勢には共感が持てました。

 うん、やはり色合いが違う。

 本家は黒いもんね。

 ねぎは気持ち程度入っており、欲しい方は、カウンターにある「ねぎフリーボウル」からお好きなだけって感じです。

20191129_184622_00007
 麺が黒スープを纏って色づき始めてます。

20191129_184054_00004
 肉を拾い上げてみましたが、どう見てもチャースじゃない(^-^;

 噛み応えも焼肉そのもの。

20191129_184006(0)_00003
 ねぎだくスープで〆ます。

20191129_184707_00008
 うん、美味しいぞ!

 私酔待童子、美味しいラメーンを食べると元気が湧いてくるんですよ。そんなラメーンが、美味しいラーメンの基準です。