おはようございます。宵待草子です。

 昨日は、お一人様ランチ。 
 一昨日っヨッパーで食べたハーフな一杯が美味しかったんで、素面で炒飯セットを頼んでみた。

20200729_115848

 ええ、十分満足のいくものでしたよ~。
 そして夜は、1日一組限定の割烹へ5人で行って飲んだ。
 ヤローばかりだったので、🎤は行かずに大人しく帰ったよ~。

 「よか楼」。

 むかし長野県のとある市に飲み屋があったなぁ。むかしよく通った。

 時は過ぎ、熊谷勤務の時、また「よか楼」と再会した。

 今度は、どーゆーわけか「らあめんや」だった。

 その支店が熊谷市内にあってね、よく通ったわ。

 事情は別(ナイショ)として、つり銭が無い時は負けてくれた(^^

 本日は、その本店に臨場してみましょう。

 本店は、大正十二年創業。

 青森県の津軽地方で認定されている、まさに「百年食堂」だわヽ(^o^)丿

20191117_112108_00002
 メヌーも、らぁめん500円からでっせ。

20191117_112002_00001
 一番人気は、らぁめんセット(700円)。

 中華そばに揚物とライスが付いてるの。

 いいねぇ。

◆店舗データ◆

  店 舗 名:よか楼 本店

  所 在 地:熊谷市妻沼1866-5

  電話番号:048(588)8855

    営業形態:独立

  営業時間:(平日)11:0014:0016:3020:00、(土・日・祭日)11:0014:0016:0020:00

  定 休 日:木曜日

  券 売 機:無

  割 り 箸:有

◆注文商品◆  ×5段階評価 標準は×2)

  注文商品:辛口ねぎらぁめん(650円)

  支払総額:1,250

  入店年月日:令和元年1117日(日)

20191117_112602_00003
         ★★★   加水率:高   太さ:中

 角刃の中サイズのストレート麺です。

黄色みの中麺は、かなり柔らかめの食感。まるで長野県飯田市特有の「飯田ラーメン」にそっくりな柔らかさ。潅水(かんすい)はこちらの方が弱め。しなやかさと滑らかさが身上の麺でした。

20191117_112812_00006
スープ   ★★★   ベース:醤油  コッテリ感:淡

 ベースは豚骨と鶏ガラのデフォ中華そばスープに、胡麻辣油が表面を覆ってます。辛さ的には中辛+(プラス)くらいかな。辛さもさることながら、胡麻の芳ばしさがイイねぇ。軟めの麺とのマッチングもいいですよ~。

20191117_112857_00008
     ★★★

 コロチャーシュー、ねぎ、かいわれです。

 チャースは、ロース部分をサイコロ状に切ったものがネギとともに和えられて投入されてます。ネギは青、白の双方が入ってましたが、それほどの量ではありませんでした。欲を言えばもうちょっと欲しかったかな。

20191117_112610_00004
お薦め度    ★★★

 地元では絶大な人気を誇る店、美味くて安くて地元密着。その中でハイエンドなラメーンが、この「辛口ねぎらぁめん(650円)」。醤油一本で勝負しているこの店にあっては異端児的な存在。アハハ、誰も注文していなかったわ。おいら的には、ストライクゾーンにしっかりと入ってたけど、ヤッパシ、大人気なチャース麺がオヌヌメかな。

 

 青白ねぎと、かいわれが彩を添えてます。

 あまり葱の存在感を感じなかったな。

20191117_112612_00005
 チャースもところどころにその存在感を出してます。

20191117_112839_00007
 胡麻の利いた辣油(らーゆ)が香ばしくてとてもいいです。

 原スープのオリジナリティは殺されちゃうけど、足の引っ張り合いは全くありません。

20191117_113135(0)_00009
 うん、なんか食べた後にちょっと満足感に欠けましたわ。

 それはね、軟めのスルスル入る麺の量が少なくてね、それが残念だったな。

 次は、大盛だぜぃ!