おはようございます。宵待草子です。

 昨日は、スナックのママと2人で2時近くまで吞んでいた。その後帰宅し、ガッツリと寝た後に埼玉へ帰還した。
 あっ、そうそう、今回紹介する「にんにくげんこつバり辛らーめん」。これは醤油だけど、昨日は、これの味噌を食べた…。
 記事が立て込んでいて、いつ紹介できることやら…。
 そして、S660のエアフィルターとプラグ交換をした。
 HKSの純正エアフィルター。購入したのだが、交換できそうにないので持ち込んだ。

DSC_9172_00002
 そしてプラグもHKSの高性能なものに交換。
img_01_00003
 〆て工賃込みで15,000円なり。
20200530_140257_00001
 エンジンの回転が幾分か更に滑らかになったようだ。
 今日はこれから、ゆで太郎で朝そば集会へ行ってきます。
 

 チエーン店でおいらのお気に入りは、花月嵐でしょ、山岡家でしょ、このレベルの店は、ラヲタとかラーマニには見向きもされないかもしれんけど、美味しいんですよ。

 そりゃあ、一生懸命企業努力して、新商品を提供し続けてくれてます。

ここもそう。毎月1~2種のコラボや独自商品が楽しみなラーメン屋なのです。

DSC_6250_00015
 そんな新商品の中にあって、やはり「にんにくげんこつらあめん」は、外せないですよね。定期的に食べたくなるし…。

 あっ、そうそう、にんにくげんこつらあめんの激辛版がありました。

 試食してみましたので、報告します。

DSC_7038_00016
 狙うは、「壺にら」さ!

◆店舗データ◆

  店 舗 名:らーめん花月嵐 鴻巣店

  所 在 地:鴻巣市宮地1-9-19

  電話番号:048(541)9988

  営業形態:フランチャイズ

  営業時間:11:00~24:00

  定 休 日:無休曜日

  券 売 機:有

  割 り 箸:有

◆注文商品◆  ×5段階評価 標準は×2)

  注文商品:にんにくげんこつバリ辛らあめん(醤油 800円)

  支払総額:1,580

  入店年月日:令和元年9月1日(日)

DSC_7040_00017
         ★★★   加水率:中  太さ:中

 店舗の説明では「太過ぎず細すぎず奇を衒うこと無く王道をいく、多くのファンを持つ花月嵐自慢の麺」とのこと。どうやら「自慢の中細麺」らしいのですが、どうみてもアタシ的には「中」ですね。モチっとした喉越しのいい食感の麺です。

DSC_7046_00020
スープ   ★★★★   ベース:醤油  コッテリ感:普~濃

 このスープのベースとなる「にんにくげんこつスープ」が秀逸なんです。だから、それを辛くしても美味しさは変わりません。単体だと辛みはかなり強いけど、その辛みと背脂由来の甘味が超高次元でマッチしてるんですよね。ラードが敷き詰められた上を、背脂プカプカ気持ちよさそうに浮いていますが、全然しつこくないのが、このスープの凄いところなり。

DSC_7045_00019
     ★★★

 チャーシュー、茹で玉子、メンマ、ねぎ、海苔、唐辛子です。

デフォと具は同じです。ウン、背脂も具の仲間に入れてもいいかな?食べ応えのあるホロっとしたバラロールチャースでした。

DSC_7042_00018
お薦め度    ★★★★

 この背油とギトギト感。ニンニクの旨み!もしかするとこの手のラーメンの走りなのでは思ってしまうほど、味が完成されています。この店のラーにハズレはないです。新作に対する意欲も季節ごとに新作ラーメンを発表することからも、ラーメンへの熱い情熱を感じるチェーン店ですね。

 

 加水率やや低めかな。スープを吸い込んで、自らを美味しく奮い立たせてます(^^

DSC_7062_00021
 茹で卵、マンメ、チャースをかき集めてみました。

 素の茹で卵ってところが、チョッチ新鮮だね。

DSC_7063_00022
 でっかい唐辛子が入っていたよ。

 さすがにこれは食べなかった…。

DSC_7066_00023
 麺とスープを3分の1ほど食べてから、壺にらを好みに応じて投入すると、油とにらと唐辛子が絶妙にマッチングするんですよ。この食べ方は、辛いもの好きには病みつきになるね。遠い昔の宝介の「にらなんばんラーメン」を思い出してしまいます。 

DSC_7068_00024
 よし、次は、塩&味噌で行っちゃおう。