本日のラメーンはこれ

18sirakabasannsou2_00001
 札幌味噌ラーメンの名店「白樺山荘」です。

 複数店舗の中でも、おいらの行った店は、札幌市内にある「ラーメン横丁店」。

 「ラーメン横丁」って、過去に4回しか入ったことがありません。20回以上の素通りはありますが…。

 地元の人は行かないっていうし、不味いといわれたこともあるしぃ…。

 ここ「白樺山荘」で味噌、辛口味噌の2回、「特一富屋」では鶏ガラの醤油ラーメンを2回かな。

 当時白樺山荘で食べた味噌ラーメンです。

DSC_1906_00002
◆メーカー説明◆

 「1997年創業の「白樺山荘」は、有名店がひしめく札幌で不動の地位を確立させた繁盛店。店主監修のもと、合わせ味噌のコクと山椒の風味をきかせた濃厚な味わいに仕上げた」そうです。

DSC_4858_00003
DSC_4867_00008
添付物は、スープ(液体:後入れ)です。

DSC_4860_00004
 は、加水率が高めなはもちもちっとした中太ちぢれ麺で、スープとも良く絡んでいます。札幌味噌用の麺独特の卵の存在もしっかり感じられるのが特徴。

DSC_4863_00006
DSC_4873_00011
スープは、味噌の風味にカドの取れた丸みが感じられ、ちょっとだけ唐辛子のピリ辛があります。同業者の「けやき」と比べるとマイルドな味わい。丸みを帯びながらもしっかり味噌の風味が広がる美味しさはやはり札幌味噌っぽいです。風味がいいですねぇ。ただ丸みとコクだけでは無く、山椒がきちんと味わいを引き締めてます。

DSC_4865_00007
DSC_4875_00012

 は、ありません。

 自家製で、キャベツ、にんじん、エリンギ、玉ねぎを炒め、その炒めたところへ、お湯とスープを加えた、正統派味噌ラーメンの作り方で試してみました。この方法は、スープの風味が際立ち、野菜の旨みと油を余すとこなくスープに溶け込みますので、一段と美味しくなります。

DSC_4871_00010
◆商品データ◆

 発    元:菊水㈱

 シリーズ名:名店の逸杯

 商 品 名:白樺山荘

 販売地域:全国

 購入年月日:令和2年3月7日(土)

 試食年月日:令和2年3月10日(火)

 購入場所:ザ・ビッグ 信州池田店

 定  価:円(税抜)

 購入価格:277円(税抜)

◆商品の評価◆  ×5段階評価  標準は×2)

麺   ★★★   麺種:生  太さ:中  湯戻し時間:2分30秒~3分

スープ  ★★★   ベース:味噌

具   

総 合  ★★★

 完成度の高い一杯だと思います。再現度は、かなり高いと思います。75%は行ってるでしょう。スープの大人しさ、味噌の風味の広がりは感覚的に近く感じました。

 実食時のスープの記録から…「何と言ったらいいのでしょうか?これと言って秀でた(主張しすぎる)パーツがなく、それぞれ自分の本文を弁(わきま)えている、いわばチームワークに徹した素材が織りなすスープです。かなり美味しいごくごく普通の味噌スープです。ここへニンニクを投入すると、俄然、力強いスープに大変身です。……。」。

◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)

 内 容 量:169g(うち麺量110g)  必要湯量:300ml

 エネルギー:★★     432kcal

 食塩相当量:★★★★★ 8.8g(うち麺・かやく2.4g、スープ6.4g