本日のカップはこれ

DSC_3938_00001
DSC_3967_00006

 ごくぶた?ごくとん?きわめぶた?きわとん? 今回の商品の呼び名。正解はウルトラマンの最後の刺客「ゼットン」、ではなく「ごっとん」なんですわ。

いつも通り「蒙古タンメン中本」と日清食品の共同開発商品で、セブン&i限定品。

  どうやらあの極辛な北極ラーメンと背脂とんこつラーメンのハイブリッドなカップみたいです。

おいらも食べてるけど、数量・期間限定商品「濃厚巨豚北極」なる「辛二郎インスパイア」が祖先。

まっ、いくら辛くても、あのペヤングの「獄激辛やきそば」を食べたことを思い出せば、まっ、安全パイでしょう(^^

◆メーカー説明◆

 「蒙古タンメン中本」店舗でも激辛ラーメンとしておなじみの「北極ラーメン」をベースに、店主監修のもと、豚の旨味を掛け合わせた」そうです。

DSC_3970_00007

添付物は、辛豚オイルです。

DSC_3942_00002
DSC_3944_00003

 は、前回の北極ラーメンと同じ「ガーリック練り込み麺」でしょうか。いつも通りの強情な中太平打ちストレート油揚げ麺です。湯戻し5分ではその気になってくれません。この麺、いいですよ。油揚げ麺ながらポソパツした食感が、超強烈なスープに馴染んでるんですよ。

DSC_3945_00004
DSC_3974_00009

スープは、う~ん、なんて評価すればいいのかなぁ。北極の辛さレベルではありませんでした。本物は別としてカップの北極にも及ばない感じです。それは豚がマイルド感を演出してるのか、辛さを調整してるのか…。後者かな? 豚の存在感もしっかりありますが、豚クッサーは感じられなかったっす。このシリーズ、ベーススープの完成度が高いので、どんなアレンジしてもほぼ高い評価となるのが強みですね。

      DSC_3975_00010

 具は、ラード加工品、味付豚肉、フライドガーリック、赤唐辛子、ねぎです。

  かやく…入っていたかなぁ?ネギめっけ!あとは行方不明。網ですくったら、チャーチップの破片をハケーンした。ラード加工品なる背脂とも似ても似つかない物体が、ガーリックチップとともにいい意味で頑張ってくれてたよ。いずれにしても入っているものは、具を構成するものではなく、スープを構成するものでした。

DSC_3948_00005
DSC_3972_00008

◆商品データ◆

 発    元:日清食品㈱

 シリーズ名:蒙古タンメン中本

 商 品 名:極豚(ごっとん)ラーメン

 販売地域:全国の7&iグループ

 発売年月日:令和2年2月22日(金)

 購入年月日:令和2年2月23日(土)

 試食年月日:令和2年2月24日(日)

 購入場所:セブンイレブン

 定  価:200円(税抜)

 購入価格:216円(税込)
◆商品の評価◆  ×5段階評価  標準は×2)

麺   ★★★   麺種:フライ  太さ:平打ち中太  湯戻し時間:5分

スープ  ★★★★  ベース:味噌

具   

総 合  ★★★

 具とは言えないショボい内容ではありましたが、スープと麺がこの低評価をかき消す働きをしてくれました。北極×0.75くらいの辛さに豚骨のコクを加えた濃厚なスープ、そしてスープとタメを張れる強情な麺のコンビが蒙古タンメンカップの真骨頂。次回作が楽しみっス。でも、具は忘れずに入れてくださいね(^-^;

◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)

 内 容 量:112g(うち麺量80g)  必要湯量:400ml

 エネルギー:★★     536kcal(うち麺・かやく414kcal、スープ122kcal

 食塩相当量:★★★★★    6.9g(うち麺・かやく3.0g、スープ3.9g