おはようございます。酔待童子です。

  今朝は、茨城県は水戸市のとあるホテルでおめざ。
 研修の講師を務め、懇親会は、いまここで連載しているシリーズで行った料亭で鮟鱇を堪能し、いつものスナックへ行って、午前様でお帰りなさいした。
 このブログがアップされた頃には、特急で出勤途中です。 

 

前回の続きから)

 水戸市内のダイワロイネットホテル水戸でお目ざした我等ご一行様。

 実はね、前夜のヨッパーの時に、み~んなで「朝ラー やろうぜ!」と酔った勢いで決めてしまってたんですな。いつものことだけど…(^-^;

 チェックアウトは8時30分。

 ええ、24時間営業のこの店に。

 ハイ、私酔待童子的にラーメンチェーンの御三家と言えば、ここ山岡家でしょ、花月嵐でしょ、來來亭。どーですか?いいとこ付いてるでしょ?

 四天王だったら、プラス「天一」かな。

 ここ「山岡家」は、㈱丸千代山岡家と言う法人名で北海道は札幌市東区に本社を置くラーメンチェーン店。

 さあさ、朝ビールから行きましょうか。

 2つのテーブルに分かれて、運転手以外で乾~杯。

◆店舗データ◆

  店 舗 名:山岡家 水戸城南店

  所在 地:水戸市城南3-8-11

  電話番号:029(225)7222

    営業形態:チェーン

  営業時間:24時間営業

  定 休 日:無休

  券 売 機:有

  割 り 箸:有

◆注文商品◆  ×5段階評価 標準は×2)

  注文商品:特製もやし味噌ラーメン(880円)

  入店年月日:令和元年12月8日(日)

 「この冬もさらにG(ガツン)度をさらにアップし、880(普通盛)でこのボリューム感を実現した!」そうです。

20191208_084909_00001

         ★★★   加水率:低~中  太さ:太

 モチモチした食感の太麺です。噛みしめると小麦の味がします。茹で加減もちょうどよかったです。うん、チョッチね、鎖系な感じはしましたですぜ。

20191208_085018_00006

スープ   ★★★   ベース:味噌  コッテリ感:普~濃

 溶き赤味噌ベースのスープです。表面には派手に豚脂が浮いています。味覚的には野菜の旨みなどは感じられませんがかなりスパイシーなスープです。好みの味でしたが、かなり塩っぱいスープで、その後の喉の渇きが大変でした。基本的には万人に好まれる味わいでしょう。

20191208_084945_00004

     ★★★

 チャーシュー(肩ロース)、もやし、ニラ、ねぎです。そして、糸唐辛子とおろし生姜のトッピーです。

 茹でだろうなきっと…。スンマセン、それほど意識してなかったんで(^-^; 賑やかですなぁ。山岡家で糸唐辛子なんて、面白いじゃないですか。実はニンニクと思っていたおろし生姜だったのはビクーリ(_;)

20191208_084915_00002

20191208_084919_00003 

お薦め度    ★★★

 チェーン店としては、かなりおいしい部類に入るんではないかい?一匹狼的な普通のラーメン店の豚骨醤油以上の出来だと感じましたねぇ。

 ここは割りばしでしたが、おいら的にはいい加減にプラ箸は止めて欲しいです。キチンと箸が持てるアタシでさえ、掴みどころがないったらありゃあしない。太麺だしねぇ。麺を挟む方に神経が集中して、落ち着いて食べられへんよ。

 プラ箸を使っている店の店主様。割り箸とプラ箸のどちらで食べた方が美味しいか、味覚的・精神的・身体的・性的に実験してみて下さいな。山岡さん、これからも割りばし一筋で!

 

 朝だからねぇ。

 店主?店員?から、時間がかかると言われたわ。

 一人でぜ~んぶやってたもん。

 まっ、ビア呑んでたから…。

20191208_085010_00005

 おろし生姜主体の背脂スーピは美味しいっすよ~。

20191208_085046_00007

 おっと、豆板醤みたいな辛味の入れ忘れやねん。

20191208_085142_00008

 ガッツリと大辛にしちゃいました。

20191208_085610_00009

 さっ、これ食べたらね、チョロチョロと寄り道して、笠間稲荷を目指します。

 うん、そば稲荷ね。

 呑んで喰うことしか考えていない私酔待童子がお送りいたしました(続く)。