おはようございます。酔待童子です。

  昨日は、我が課を代表して、初詣祈願に浦和にある「調(つき)神社」に行った。
  ここ、狛犬が狛兎(うさぎ)となっている、珍しい神社。

20200107_141955_00001
 手水場も兎が鎮座。
20200107_142103_00002
 いつもワンワンと人が居るのに、この日はなぜか少ない…。
20200107_142447_00003
 15時からの予約が、30分早まり、15時には終了。
 当然のことながら、飲みに出掛けた。
 今日は、水戸へ泊出張。研修の講師なり。

前回の続きから)

 鮟鱇で腹を満たした後は、今度はカラオケで心も満たしましょうよ(^^♪

 次なる出没地帯は…というと、ここ。

 水戸市内の「とある」スナック。

 ここ、70過ぎのお母さんがやっているスナック。

 バブリーかつ若かりし頃は、ブイブイ言わせてたであろうことが窺える昭和のスナック。

 おいらが水戸勤務時代に、同僚から教えていただき、入り浸っていた店だった。

 まっ、こんなところから始めましょうや。

 地元民のO氏。

 勝手知ったる店だけに、率先して水割り造り。

 我らは唄い出す。

DSC_5213_00041_00003

 T女史と♪乾~杯、モンテカルロ…。

 おいらの旅行きには、ほぼ付いてくる。もう、私設旅秘書…かな(^^♪

DSC_5214_00042_00004

 Hおねぇ、オンナ出しまくりやねん(^-^;

 前回の旅行から、おいらの旅仲間に加わった。

 仕事場では、MY部下。

 プライベート場面では、私設秘書を名乗っている。

DSC_5219_00043_00005

 ライトウイング斎藤。

 毎度おなじみな運転手。

DSC_5222_00044_00006

 ヤバいっしょ(^-^;

DSC_5230_00045_00007

 彼女の眼鏡を拝借しちゃった。

DSC_5233_00046_00008

 岩崎宏美を熱唱してます。

DSC_5236_00047_00009

 おいら、いいデュエット曲があると、ラインで、期限を指定して覚えてもらう。

 これはね、「泣きながら夢をみて」。

DSC_5249_00048_00010

 み~んなそれぞれのスタイルで楽しんでます。

DSC_5253_00049_00011

 T女史とは、ロンリーチャップリン。

DSC_5271_00050_00012

 A氏は、割とおいらの持ち歌を奪う奴(^-^;

DSC_5279_00051_00013

 T女史。前年の部下であったが、女性じゃやり手№1の存在。

 お互いに実力を認め合っているから、いつも仲よしさ(^^♪

DSC_5284_00052_00014

 お色気サービスもアリっす。

DSC_5293_00053_00015

 0時の声を聞き、お静かにホテルへお帰りなさいした。

◆施設データ◆

  施設区分:ホテル

  施 設 名:ダイワロイネットホテル水戸

  住  所:水戸市宮町1-7-44

  電話番号:026(303)3311

◆宿泊データ◆

  宿泊年月日:令和元年12月7日(土)

  宿泊形態:一泊素泊り

  宿泊代金:10,020円

  総支払額:50,100円

  室内設備:■冷蔵庫 ■エアコン ■空気清浄機 ■トイレ(独立)、風呂(独立)■ズボンプレッサー ■アメニティグッズ ■湯沸し ■近隣にコンビニ ■ウオッシュレットトイレ □

消臭剤 □その他()

≪室 内≫

20191207_162750_00001_00001
20191207_162808_00002_00002

◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)

 設  備   ★★★

 清 潔 感   ★★★

 サービス    -

 食  材    -

 お薦め度   ★★★

 ダイワロイネットの感想。高級感があって、そこそこ綺麗。ちょっとリッチな気分にさせてくれるホテル。ビジネスクラスのホテルよりは調度品、部屋の広さ、がいい。

  当然お風呂も広いしね(^_-)。でも、ホント寝るだけ。そして朝シャワー。あ~勿体ない。

 

 いくら遅く寝ても、正確な体内時計によって、5時過ぎには起きてします私酔待童子。

 朝飯は、毎回、決まってるの。

 朝から酒が飲める店ってね(^^♪

 んじゃ、出発~っ(続く)。