おはようございます。宵待草子です。

 昨日は、成績優秀者を呼んでの慰労会。そして、二次会はステーク&ワイン。
 寝過ごさずにお帰りなさいできた。

 閑話休題。 

 この日(4月1日)は総勢8人、宵待草子家一門による恒例の佐野厄除け大師へ厄払いに行きましたYO~。

 我が家の恒例行事。

 普通は年明けに行くのでしょうが、我が一門は、4月の第一日曜日と決めてあるのだ。でも、今回は、宵待草子♀の都合で、3月の最終土曜日となったのであった。

 車2台に分乗し、10時前に到着。

DSC_3098_00001

 こんなところでパチって…。

DSC_3100_00002

 昨年同様の特別祈祷をお願いした。

 特別祈祷は我々だけだった。って、いつも我々だけだけど…。

 この軍資金はね、財布に入っている小銭を1年間貯めたもの。

 今年は、7万円強貯まっていた。

 長野県の実家、それぞれの子供たちは、毎日供養×4で、総勢8人で壇上に。

DSC_3101_00003

  終わると、孫たちをパシャリ。

  内孫の楓花もやっと懐いてきた。

  グミなどのお菓子で釣るに限る。

  いつも遊んでいる仲良し…らしい。

 終わった後は、昼食。

 どこへ行こうか迷ったんだけど、迷った時は、やっぱここだね。

 一応ねぇ、佐野ラーメンの代表格だもんね。

DSC_3105_00006
◆店舗データ◆

  店 舗 名:森田屋 総本店

  所 在 地:佐野市堀米町70

  電話番号:0283(22)2316

    営業形態:独立


  営業時間:11:0019:00(途中休憩あり)


  定 休 日:水曜日

  券 売 機:無

  割 り 箸:有


◆注文商品◆  ×5段階評価 標準は×2)


  注文商品:チャーシューメン(850円)

  支払総額:4,700

  入店年月日:平成31年3月30日(土)

DSC_3106_00007

         ★★★   加水率:低~中  太さ:平中太

 純手打ちの佐野ラーメン独特の幅広縮れ麺。やや低加水かな。数え切れないほど通った中で、ここの麺は、いつもピロピロ、ヤワヤワな感じだったが、最近は、小麦感もしっかりしており、硬めな茹で上がり。会計場所にも「柔らか目がいい方は申し出て下さい」なる表示があったくらいだから、茹で上がり状態が変わりましたね。

DSC_3114_00010

スープ   ★★★   ベース:醤油   コッテリ感:淡~普

 醤油感が強いです。ベースだしは鶏ガラですね。あまり魚介の存在は感じられません。ブーは入ってるんでしょうね。やや塩っぱいスープ。そして胡椒が合います。

 あんね、胡椒が合うラーメンスープってレトロスープ。今どきのスープにはマッチしないんですよね。

DSC_3112_00009

     ★★

 脂身多目のばら肉のチャーシュー。脂身部分は美味しいんです。そして味付けは濃い。これまた味付けの濃いメンマ、大量のねぎです。チャース、中華そばの大盛り、デフォ共に3枚でした。

 DSC_3108_00008 

お薦め度    ★★★★

 ここより美味しい佐野ラーメンは数多あれど、第一人者であることに変わりはない!森田屋を食べずして佐野ラーメンを語ることなかれってところでしょう。

 駐車場も舗装及び拡大されており、停め易くなっていた。昼時と言うこともあってほぼ席は埋まっていた。

 ここ、湯切りが雑。だから、麺の中ほどを食べると、茹でた湯の味が…。湯切りとスープの中での解(ほぐ)しをやらないので、スープと全く合わさっていないのだ(~_~;) 解(ほぐ)しつつ麺を啜り、スープを飲む。おっ、麺と馴染んだら麺に絡んでいた茹で湯でスープが薄まり、ちょっとだけいい塩梅に…。

 

  太さが不規則(乱切り)なので、異なる食感が楽しめる一方これ見よがしな手打ち感の演出がいい(^^

DSC_3121_00013

  マンメの味付けはやや濃い目。これもレトロな味付だニャリ。

DSC_3118_00012

  チャースも濃い味付け。でも脂身に味が浸みていて美味しい。

DSC_3117_00011

  歴史を感じさせるラー丼です。

DSC_3123_00014

  たかがラーメン屋に入って、ラーメンだけ注文して4,700円かい!

  全く、誰も出しますって言わねぇんだもんな。まっ、血を分けたガキどもだから、それも良しとしましょうかね(^-^;