本日のカップはこれ

 さっ、日清とマルちゃんの「豚汁うどん」対決! 後半の部の紹介です。

DSC_9448_00002

 まずは、マルちゃんの方の単体を紹介しましょう。

DSC_9510_00011
DSC_9494_00007 

 「赤いきつねうどん」「緑のたぬき天そば」でおなじみの、マルちゃんの和風丼カップ麺シリーズより、秋冬期間向けの商品が登場です。この商品は、寒い季節にぴったりなあったかメニューをコンセプトに毎年発売しているもの。

今年も、あつあつな「牛すき」と「豚汁」なうどんが発売されました。

1909_atsuatsu_2hinn

◆メーカー説明◆

 「ごぼう・じゃがいも等6種類の具材入り。豚の旨みに生姜を利かせ、コクのある味噌で仕上げた豚汁うどん」だそうです。

DSC_9508_00010
DSC_9496_00008

添付物は、スープ(液体:後入れ)、かやくです。

DSC_9454_00001

 は、「コシと弾力の強い、なめらかな太めのうどん」だそうです。

 「あかきつ」と同じ幅広弱ウェーブ油揚げです。いつ食べても美味しい麺ですね。油揚げ麺特有の油臭さも抑えられております。

DSC_9455_00002
DSC_9481_00006

 は、「ポークの旨味をベースに、赤・白の合わせ味噌を加え、しょうがを利かせたコクのあるつゆ」とのことです。

 味噌ベースの中に、生姜と牛蒡の味がしっかり浮き出ています。これらの味わいに、スパイシー感も加わり、これが味噌スープに独特なコクを出しているんでしょうね。美味しいスープでした。

DSC_9478_00005
DSC_9474_00004

 は、味付豚肉、味付油揚げ、じゃがいも、にんじん、ねぎ、ささがきごぼうです。

 種類が多いです。でも、割と細かくて、気を付けながら注意深く観察しながら食べないと見落とすパーツが多いです。うん、賑やかさはいいね。

DSC_9469_00003
DSC_9498_00009

◆商品データ◆

 発    元:東洋水産㈱

 シリーズ名:赤いきつね緑のたぬき

 商 品 名:あつあつ豚汁うどん

 販売地域:全国

 発売年月日:令和元年9月2日(月)

 購入年月日:令和元年9月3日(火)

 試食年月日:令和元年1117日(日)

 購入場所:ファミリーマート

 定  価:193円(税抜)

 購入価格:198円(税込)   値引き率:5.0

◆商品の評価◆  ×5段階評価  標準は×2)

麺   ★★★★   麺種:フライ  太さ:平太  湯戻し時間:5分

スープ  ★★★★

具   ★★★

総 合  ★★★

 赤・白の合わせ味噌を程よく調合した味噌ベースのカップ麺です。野菜の旨みがでたスープと定番の麺のバランスが凄くいいですね。季節感のある具がなんとも今の季節にピターシでした。

◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)

 内 容 量:109g(うち麺量70g)  必要湯量350ml

 エネルギー:★★     432kcal(うち麺・かやく343kcal、スープ89kcal

 食塩相当量:★★★★  5.8g(うち麺・かやく2.1g、スープ3.7g

 

 さっ、それでは、直接対決を始めましょうかね。

 お約束事は、画面左側が「どん兵衛 豚汁うどん」(以下「どん兵衛」と呼びます。)、右側が「あつあつ豚汁うどん」(以下「あつあつ」と呼びます。)です。

 そして、同時に注湯し交互に食べてるので、双方にハンディはありません。

DSC_9446_00001

 さて、外観は、まっ、お互いに派手さを競ってますねぇ。

 どうでもいいことですが、「どん兵衛」の方が派手かな?

 出来上がりです。

 予定調和的いつも通りな写真です。

DSC_9485_00007

付属物です。

 双方、液体スープに加薬(具)ですが、「どん兵衛」には、「彩り七味」が付いてます。

 七味を投入することにより、確実に風味はアップするので、アドバンテージアリですね。

DSC_9458_00003

 は、どちらも太平打ち油揚げ麺です。

 微妙に原料構成割合は異なります。こんぶエキス、大豆食物繊維(どん兵衛)、でん粉、卵白(あつあつ)など。

 「どん兵衛」の方が幅広かつストレートな感じがします。

DSC_9463_00004

 湯戻ししてみると、太さは「どん兵衛」、縮れは「あつあつ」ですね。

DSC_9482_00006

 食感は、かなり異なります。

双方の特徴を大袈裟に表現すると、どこまでも滑らかで油揚げ麺の域を超えているのが「どん兵衛」。ちょっとペラってて、スルスル感のあるのが「あつあつ」。

この違いは、食べ比べなくても判るくらい判り易いっす。

これは、メーカーのカップうどん麺に対する考え方の違いもあるんでしょうね。

おいしさでは、断然、「どん兵衛」でした。

 は、どちらも味噌ベース。多少の名称は違えども、原料はほぼ同じです。

 かなり色合いが異なりますねぇ。

 またまた、違いを大袈裟に記載すると…。双方の違いは、味噌感とスパイシー感です。

 「どん兵衛」は、味噌ベースの中に醤油感、牛蒡風味が目立ち、そして円やか。全体的に薄味。

 「あつあつ」は、味噌感が強く、そこにスパイシー感とコクが加わり、いかにもって感じの濃厚な味噌スープになっている。

DSC_9504_00010

 好みの問題もあるんでしょうが、私酔待童子的には、「あつあつ」に軍配を上げます。

 でもね、フシギだね。冷えた汁でもう一度確認してみたら、ほぼ同じ味わいに変わっていた(_;)

DSC_9502_00009

 は、味付油揚げ、味付豚肉、にんじん、ねぎ、味付ごぼうが「どん兵衛」。味付豚肉、味付油揚げ、じゃがいも、にんじん、ねぎ、ささがきごぼうが「あつあつ」です。

 具の種類では、「どん兵衛」が5種。「あつあつ」が6種。違いはじゃがいも。

 目視では、油揚げの多さからも、「どん兵衛」が優位ですね。

 あっ、そうそう、「あつあつ」は油揚げは4切れでした(^-^;

DSC_9464_00005

 出来上がり写真で確認すると、アハハ、盛り付けが下手っピなのは勘弁いただくとして、やや、油揚げの分、どん兵衛が賑やかだったかな。

DSC_9500_00008
どっち?

 麺は「どん兵衛」、スープは「あつあつ」、具はやや「どん兵衛」でしたが、う~ん、難しいです。「あつあつ」のスープに出来が良くてね。

 どちらか選べと言われたら、「あつあつ」選ぶかも。欲を言えば、どん麺にあつ汁だったら最高なのにね(^-^;