本日の逸品は、これ。

3_3pc_00002

 埼玉は熊谷に本店を置くスィーツ専門店の生キャラメルトリュフを紹介します。

店名は、『Le Conte Bleu(ル コント ブルゥ)』と言います。どうやら『夢物語』という意味だそうです。

1_1tphoto_00001

 この店、1996年に埼玉県熊谷市にオープン。テイクアウトのみで、生菓子約30種類、焼菓子約40種類、チョコレート約15種類とすべて自家製で一つ一つ丁寧に作っている店です。

素材には特にこだわり、粉・砂糖などは手に入る限り最高級のものを使用してるんだって。

 店の説明によると、チョコレートはすべてバローナ社、カカオバリー社(共にフランス産)、ベルコラーデ社(ベルギー産)以外使用していないそうで、チーズケーキなども、フランス産クリームチーズ、ノルマンディー産フロマージュブラン、イタリア産マスカルポーネなど、すべて本物だけを使用しているそうです。

◆店舗データ◆

  販 売 者:Le Conte Bleu(ル コント ブルゥ)本店

  同 住所:熊谷市箱田6-1-41

  電話番号:048(522)6704

◆購入商品◆

  購入商品:生キャラメルトリュフ

  購 入 先:同 上

  購入住所:同 上

  試食年月日:平成31年3月10日(日)

◆商品説明◆

 DSC_9250_00003

DSC_9259_00007

◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)

お薦め度  -

 今回は諸般の事情により、コメントは、以下の理由により、差し控えさせていただきます(^-^;

◆その他の情報◆

原 材 料

 ミルクチョコレート、砂糖、水飴、バター、ハチミツ、ココア、海塩、バニラビーンズ

 

 アハハ、手書きの賞味期限がステキです。

DSC_9255_00005

 でね、これ、バレンタインデーでいただいたチョコ。

 きっと、次女親子からのプレゼントだった…と思う。

 んでね、「賞味期限付きの要冷蔵」。

 それを忘れてて、気が付いたのが3月10日。かれこれ、20日以上常温に晒して置いちゃった(^-^;

DSC_9252_00004

 でも、ぜ~んぜん変化してなかったんで、食べたよ。

DSC_9256_00006

 「生キャラメルトリュフ」だったんで、そのつもりで食べました。

 ところがそんなわけで油断して齧ったら…。歯が折れそうなほど、硬かった(/o)

 因みに、ナイフで切るのもひと工夫だった。

 日本刀包丁使えばよかったかな(^-^;

DSC_9260_00008

 「生キャラメルトリュフ」ならぬ「石キャラメル化石」になってました(^-^;

 とりあえず第一報と言うことで、これは最高のコンディションのやつを買ってきて、再度報告いたします(^-^;