おはようございます。宵待草子です。

 昨日は、11月に入って初めての飲み会なし日。そして休肝日。
 家に直帰して、シカーリと肝臓を休めた。
 こんな本が届いていた。
 「祇園精舎の鐘の音 諸行無常の響きあり…」で始まる「平家物語」。
 これが読みたくなって買ってしまった(*^^)v
 秋の夜長は、これを読んで過ごそう。

DSC_9343
 今夜は、飲みに出掛ける予定。
 

 前日のブログからの続きです。

 四国の地でうどんと戯れ、骨付鳥に弄(もてあそ)ばれた我らご一行。

 はい、橋を渡って本土へ戻りました。

 んで、岡山で山陽本線に乗り換え、5駅ほどで倉敷さ。ホテルへチェックインの後は、市内を散策してみましょうかね。

 さすがに平日の16時ですから、観光客は少ないっす。

 これは、大原美術館の元館長さんのお邸宅らしい。

DSC_2204_00001

 女性っぽい景観が続きます。

DSC_2206_00002

 船にも乗れるんですね。

DSC_2208_00003

 落ち着いた美観が続きます。

 素敵だとは思いますよ~。

DSC_2209_00004

 観光客が居ないから、素の情景が楽しめます(^^

DSC_2212_00006

 時刻はまさに逢魔が時。

 なんかいい感じです。妖怪が出てきてもいいです。

DSC_2213_00007

 「萬年雪」なるお酒。

 これ、ちょうど1年前、足繁く通うスナックのママちゃんが同級生と倉敷へ旅行に行ったときに写真と共にお酒を送ってきてくれたのを思い出し、

DSC_2214_00008

 おいらの写真と共にラインで連絡した。

 ここは、阿知神社。

 倉敷の鎮守様かな…。

DSC_2218_00009

 この造り酒屋でお酒を買って送ってくれたんだね。

DSC_2219_00010

 この日は、おいらと×2だから絵になったけど、ヤローだけではとても歩けない場所だね、倉敷。

 うん、おいらには似合わないな。ちょっと落ち着かないわ…。

DSC_2220_00011

 おっ、となりの奴らか?

DSC_2225_00012

 いえいえ、彼女らはSTU48でした。

DSC_2227_00013

 なんかトーシローっぽいな。

◆店舗データ◆

 店 舗 名:和の宴 絆(きずな)

 所 在 地:倉敷市阿知3-16-8

 電話番号:086(441)9399

 営業時間:17:302;30L.O 2:00

 定 休 日:木曜日

◆注文商品◆

 注文商品:出汁巻き卵、活き造り(かわはぎ)、刺身盛合せ、牡蠣フライ

 入店年月日:平成31年3月1日(金)

〇 出汁巻き卵

DSC_2228_00014
〇 活造り(かわはぎ)

DSC_2231_00015

〇 牡蠣フライ

DSC_2233_00016
〇刺身盛合せ

    DSC_2235_00017
◆評価◆×5段階評価 標準は×2)

食  材   ★★★★

お薦め度   ★★★★

こんな店の常連になりたいなと思いました。カウンターの前にはたくさんの種類の魚が入ったケースがあって、白い衣で全身を包んだ板前さんがいる店、いいな。肝が巨大な「かわはぎの活造り」。身自体はそれほど美味しいものではないが、肝が加わることでグンバツのウマサに!

盛合せは、タイラギ、蝦蛄(しゃこ)、真蛸です。どれもいいわぁ。美味い!

 

 さて、飲み終えたら、カラオケさ。

 昨日も随行の女性と2人で行ったから、今夜で連続4日目。

 頑張って歌いましたよ!

 2時間歌った後は、O女史とはお別れし、随行者と一緒にまたまた飲みに出掛けましたわ(^^