この日(2月28日)は、私宵待草子と中間管理職のおねいさんの二人で、四国は高松への出張となった。

 簡単に言うと、年1回の視察旅行。

 相手先でもいろんな視察が面倒なので、最近はほとんど行かなかったが、相手とは旧知の仲であり、是非とのお誘いをいただいたため、行くことにしたんだ。

 随行者は、部長の元秘書係長をやっていたTにお願いした。

 彼女、×1だけど、才色兼備の優秀な部下。気は利くし、頭脳明晰。

 新幹線への乗車の際も、当方の愛読紙である産経新聞を買ってきてくれるなど、とにかく近くに居ると便利。おまけに、ビジネス上の色々な施策の懐刀としても大変重宝している。

 そしておいらの旅行仲間でもある。

  今回はここの駅弁を紹介しましょう。

 昔から気にはなってたんです、この弁当。

 だっておいらの好きな貝がたんまり入ってんだもん。

 なんでも、総菜・弁当グランプリ2017の駅弁・空弁部門で金賞受賞なんだってさ(^^

◆商品情報◆

  購入商品:貝づくし(1,000円)

  購入年月日:平成31年2月28日(木)

  主菜・副菜メニュー:茶飯、玉子焼、イタヤガイ煮、ホタテガイ照焼、人参煮、青菜漬、筍金平、アサリ煮付、シジミ山椒煮、椎茸煮、錦糸卵、ハマグリ煮、蕗煮、添付紅生姜、グリンピース煮、あおさ、海苔、胡麻

DSC_2080_00001
DSC_2082_00002

◆評  価◆×5 標準は×2)

食 材   ★★★

コスパ   ★★★

満足度   ★★

 イタヤ貝、帆立貝、浅利、蜆、蛤の計5種の貝が乗っかってます。ベースの飯は茶飯。ほんのりと茶の香ばしさが漂う仕組み。どの貝もその貝の持ち味を生かす味付けで煮てあります。うん、なかなか乙な味わいですね。欲を言えば、茶飯よりもどれか貝を炊き込んでくれれば最高だと思うんですが。

◆店舗データ◆

  販 売 者: JR東海パッセンジャーズ

  住   所:中央区日本橋3-1-17

  電話番号:0120(919)212

  販売駅名:JR東京駅

 

 蛤、帆立、蜆、イタヤ貝の揃い踏み。

 ここは、バカ貝の貝柱でお願いしたかったなぁ。

DSC_2085_00003

 これらはすべて煮物です。

DSC_2088_00004

 貝好きには、厚岸のかきめしと並んで、たまらない弁当でしょう(^^

DSC_2089_00005

 にしても横に座ったやつ、中央のひじ掛けを我が物顔で使ってる。

 二人が座ったら、真ん中のひじ掛けは、お互いの領地を侵さないための境界的役割であって、肘をかけて相手に迷惑をかけるものではないと思っている。

 ったく、こーゆー輩(やから)の横には座りたくないものだわ。