おはようございます。酔待童子です。

 昨日は、♂×5、♀×2による初島魚食ツアー。
 このメンバー、いまから9年前においらが某課の課長補佐時代に同勤した元部下たち。今でも年に4~5貝の飲み会が続いてるの。

 ここまで、こーゆーお付き合いが続いている人って我が社ではほとんど居ないだろうな…。

 
 
(前回の続きから)
 はい、無事に東北大陸から戻ってこれましたよ。
 
 高速に乗るまでをおいらが運転し、あとは、宵待草子&長女に運転を託した。
 
 んじゃ~、いつもの土産紹介しましょうかね。
 最近、おいらが「食う」処理ができずにヤバいので、最小限にしてます。
 
 東北に行ったのに。栃木県のお土産を買ってきた酔
 これらは、次女と三女用。
 ワンコをみてもらったことに対するお礼。でも、お金も置いて来てるからね。
 
イメージ 1
 
 これは、1日目のタガマヤ村へ向かう途中に購入。
 長女のポイントで買ってもらった。
 
 これね、マツコの知らない世界の「鯖缶」特集で大絶賛だった缶詰だよね。
 こーゆーのに弱いんですわ。
 
イメージ 2
 
 これはヤマザワなるスーパーで購入した、東北限定のカップ。
 仙台辛味噌と米沢の二種。
 
イメージ 3
 
 これも「マツコの…」で脚光を浴びた「濡れせん」らしい。
 おいらは、銚子電鉄のあれが一番だと思ってるんですが…。
 
イメージ 4
 
 チャースも買ってもらった。
 
イメージ 5
 
 調子に乗って、酔待童子も、いぶりがっこを買い物かごに入れてた…。
 
イメージ 6
 
 さて、今回はどんな話をしましょうかね。。
 
 最近、「ワークライフバランス」などと言う言葉が盛んに使われている。
 我が職場においても、超勤の縮減に始まり、年次休暇の取得促進、育児休業の積極的な取得などなど…。
 
 我らの時代は、休日出勤当たり前、サービス残業当然、家に帰れるのは週に2回…。こんなワーキングの中で、幼い子供4人とほとんど接触することも無く過ごして来た。
 
 外はおいら、中は妻と、完全分担制だった。
 そんな環境の中でも、そりゃあ、手取りが増えることは嬉しかったけど、それ以上に仕事が楽しくてしょうがなかった。
 
 時は経ち、きちんと超勤手当を出さないと「ブラック企業」と呼ばれることになった。
 
 何もかも「コンプライアンス」という言葉の下、きちっときめられた中で、ドライに進んでいくいまの世の中。
 これはこれでしょうがないと思う。
 
 でも、寝る時間を削りや家庭を顧みずに、仕事に身を捧げてきた我らからみると、こんな時代があったからいまの安定した時代になったという自覚があるし、我らが時代を支えてきたという自負もある。
 
 なんかね、一生懸命、会社のために身を粉にして働くことが悪のような時代になったような感じがします。我らの生き方が否定されているような感じも…。
 
 でも、頭の中では、シカーリとこの世の中の流れは理解しているつもり。
 
 主義主張を前面に出し、育児休業などの権利行使が当たり前なこの時代、それでも、自らの権利行使よりも、仕事に一生懸命没頭する奴らが好きだ。
 こんな奴らが、おいらの周りに集まっていることが嬉しい。
 
 
 
 なんかおいらのブログにはそぐわないことを書いちゃいました。
 以降の記事は、いつも通りのオチャらけ記事に戻します。
 
 さて、今月は、初島へ。←もう行って来ました。
 翌月は、社員旅行、大人の休日クラブ会員パスを利用しての旅行が2回と続く。
 ガッツリと仕事をして、徹底的に遊ぶ。これがおいらのワークライフバランスさ(終わり)。