そう、ラメーン通なら誰でも知ってるよね。
 「永福町大勝軒」。あの山岸さんの「池袋大勝軒」ぢゃないからね。
 
 おいらをラメーン好きにした張本人の店のひ孫店。
 ここの店主、直系店の毛呂山町の大海軒で修業して開店した店とのこと。
 
イメージ 1
 
 「永福町大勝軒」。昭和30年3月の開店以来、中華麺(ラーメン)一筋50年間にわたって行列が絶えない店。特徴は最強の煮干スープと、他店の優に2倍はある大盛り麺。
 
イメージ 2
 
20年、30年と通いつめてるファンも多く、4代、5代にわたって通ってるファンもいるとか。

 この店の凄いところは、清潔感と水と氷。布巾(ふきん)の使い回しは無しとか、コップが綺麗で常に満タンに目を光らせていること。そして、発熱などの急病用に24時間の氷供給体制(←今はやってないところは少ないけど…。)。まっ、プラ箸になったりだんだんと現代ナイズされてはきてますけどね…この文章は、前回と同じです(^-^;
 
◆店舗データ◆
  店 舗 名:らーめん どんぐり
  所 在 地:行田市埼玉4861-3
  電話番号:080(4703)4988
  営業形態:独立
  営業時間:11:0014:30
  定 休 日:月曜日
  券 売 機:無
  割 り 箸:無
 
◆注文商品◆  ×5段階評価 標準は×2)
  注文商品:チャーシューめん(210g 950円)、メンマ(200円)
  支払総額:2,000
  入店年月日:平成30年7月21日(月)
 
イメージ 4

イメージ 5
 
         ★★★★   加水率:中~高  太さ:中細
 中細縮れ麺です。やや柔らか目の茹であがりは、ここ「永福 大勝軒」系の特徴。滑らかな喉越しがいいですねぇ。このスープには、この麺でしょう。ここへ来て、やってる人も居るけど「麺、固め」なんて、野暮なことは言いっこなしですよ。
 以前は普通盛り(280g)でしたが、デフォは210gとなりましたが、これでも麺量多めです。
 
イメージ 3
 
スープ   ★★★★★   ベース:醤油  コッテリ感:普
 「文句があるならかかって来い!」的な煮干し主義のスープです。ありがちな煮干しの粉を溶かし込んだニボグレーのスープではなく、煮干しエキスによる清湯系のスープです。ラードの層も凄いです。ラメーン屋で使うことは少ない「カメリアラード」なる最高級ラード使用。この油が美味しいのよ。油層が厚いと醤油だれがぼやけてしまうことが多いのですが、ボケることもなくキリッとしたスープに仕上がってます。
 
イメージ 6
 
     ★★★
 チャーシュー、小ぶりな海苔、茹で卵、メンマです。
「永福 大勝軒」系が看て取れます。チャースは厚めでちょっと硬めの歯応えのあるもの4枚です。むかしチャースに分類していいんじゃないかと。
 
イメージ 7
 
お薦め度    ★★★★★
 まさしく「永福 大勝軒 改」という感じですね。やっぱり美味しい!でも、ラードの量が凄いんですよ。持ち上げた麺にラードが絡まってるもん。でも、最高級ラードなので風味が凄くいい!ラーメンの美味しさは「油」と言っても過言ではないくらい美味しい脂です。煮干し出汁なのでしつこさはあまり感じませんけど、食べた後は、「黒烏龍茶」が欠かせません。
 煮干系が食べられる人なら、間違いなく満足できるラーメンだと思います。
 
 
 
 このむかしっぽい、チャースがいいんですよ。
 
イメージ 8
 
 ここのメンマは細めながら、きちんと料理ってます。
 
イメージ 9
 
 やはりここの中華そばはタダ者じゃないな。
 
 よしかわもいいけど、おいらのラーメンの原点は、ここ永福系大勝軒だもんな(^_-)