(前回の続きから)
 タガマヤ村を後にして、「山寺 立石寺」登山でお疲れ様した我らチーム酔待童子。
 
 今回は、オレンジのマーカー部分を紹介します。
 
イメージ 1

 あとは、岩手県大船渡市は広田湾の岸辺に佇む旅館までトワイライトエクスプレスするだけ。
 
 長女が、ネクスト東日本のポイントが8万円以上貯まってるということで、休憩するSA&PAで、色んなものを買ってくれる。
 で、レストランで、一番高いものを食べようというのだが、おいら的にはどうにも触手が動かない。
 
 高速めしは、美味しくないので、食いたくないんですわ。
 で、何とか山形北ICの直前で、このラーメン屋をハケーンした。
 
 もう迷わず入っちゃったよ。
 
イメージ 2

 なんかラメーン屋と言うより、喫茶店やん(^-^;
 
 でも、動物的な感で美味しさが感じられたんよ。
 
◆店舗データ◆
  店 舗 名:キッチンラーメン濱
  所在 地:山形市漆山1318-2
  電話番号:0236865622
  営業形態:独立
  営業時間:11:0014:30(当分の間)
  定 休 日:日曜日
  券 売 機:無
  割 り 箸:有
 
◆注文商品◆  ×5段階評価 標準は×2)
  注文商品:牛すじことこと煮込ラーメン(840円)
  支払総額:2,330
  入店年月日:令和元年5月5日(月)
 
大好評!牛すじを12時間スープで煮込んである」そうです。
 
イメージ 3

         ★★★   加水率:低~中   太さ:中細太
 太麺と細麺が選べます。茹で上り8分の加水率の低い太ストレート麺です。噛み締めると小麦の味わいとともに跳ね返すような弾力が心地よい麺です。麺へのスープの入り込みも良いけど、湯ダレにも強い麺でした。
 
イメージ 4

スープ   ★★★★   ベース:醤油  コッテリ感:普
  牛出汁の効いたまるで牛すじの煮込みの汁の様なスープなのですが、これは、別途注文した「中華そば」のスープで煮込んだような味わいです。ベースの醤油スープが優しい味わいなので、地味ぃで控えめな牛も存在感が発揮してます。
 
イメージ 5

      ★★★★
 牛すじ、かいわれ、ねぎです。
 牛すじは我が家の煮込みと同様の肉多め系の部位です。ラーメンのスープで煮込んであるんでしょうか、シカーリと味が浸みこんで、柔らかくて、美味しい!そして、タプーリのかいわれがとてもいい仕事してます。牛すじにはベストマッチングな青物でした。そのままでも、しなったものでもどちらも良かった。
 
イメージ 6

お薦め度    ★★★★
 1日限定20食のラーメンです。人気があるようで、入店グループの中の1人は頼んでましたね。初食でしたが、これはいけます。牛すじが好きな人なら、文句言う人はいないでしょう。ラーメンとしては変わり種系ですが、鳥中華、冷やしらーめん…。独創的なラーメン文化が発達している山形県の「地ラーメン」になってもいいんじゃないかと思うほどの出来でした。
 
 
 
 タプーリのかいわれをどかすと、牛スジが姿を現しました。
 
イメージ 7

 あのコリコリした白い筋の部分じゃなくて良かった(^^
 おいらは、すじ肉が好み。
 
イメージ 8

 気持ちよさそうにスープの中でプカプカと湯あみしてます。
 
イメージ 9

 牛すじとかいわれを同時に食してみました。
 うん、相性がいい!甘辛筋肉とちょっとだけピリ辛なかいわれのコラボはステキ!
 
イメージ 10

 自家製(塩抜き、カット、味付け)のメンマ。
 クタッとじゃなくて、しなやかな柔らかさがとてもいい!
 
イメージ 11

 最近は、麺をレンゲの上に乗せて撮る写真が増えてきました。
 
イメージ 12

 固形物を食べ尽くした後のもぬけのスープ。
 
イメージ 13

 美味しくいただけました。
 高速めしじゃなくてヨカタ。
 
 明日の昼は、高速でステーキを食べると息巻いている長女。
 どうせなら那須高原SAに行けば、美味しい那須牛が食べられるかも…。
 
 3時間半ほどかけて、到着。
 
 でも、時間があったんで、北山崎を散策することに。
 
 雷岩(かみなりいわ)、乱曝谷(らんぼや)展望台へと進みます。
 海に突き出た展望台です。
 
イメージ 14

 展望台からは、遠くには、綾里(りょうり)崎が望めます。
 
イメージ 15

 まずは、宵待草子親子を一写し、
 
イメージ 16

 宵待草子♂♀も一写。
 
イメージ 17

 雷岩を別の角度から…。
 
イメージ 18

 千代(ちよ)島という、ここら辺では一番大きな島。
 
イメージ 19

 相変わらず素敵な風景ですねぇ。
 
イメージ 20

 おいらの知らない間に「三陸復興国立公園」なんて名称が付いてる。
 「国立」が付いたから、資金的には、国が面倒みてくれるんでしょ。維持がしやすくなりますね。
 
イメージ 21

 碁石岬には灯台もあります。
 
イメージ 22

 周囲の木の方が高い?
 
イメージ 23

 岬を吹き抜ける風が妙に心地よい。
 にしても、綺麗だ!
 
イメージ 24

 時間が許せばずっと見ていたい。
 でも、食欲がそれを阻止する…。
 
イメージ 25

 牡蠣の養殖で有名な広田湾を望む。
 
イメージ 26

 ウミネコ?カモメ?がのんびりと寛いでます。
 
イメージ 27

 「恵比寿浜」って言ったかな。
 
 碁石海岸の由来は、碁石のもととなる「黒色泥岩(ホルンフェルス)」がまき散らしたように7㎞近く続いているみたい。
 
イメージ 28

 もう牡蠣の季節ではないので、牡蠣筏が見当たらない…。
 
イメージ 29

 恵比寿浜の船着き場でちょっと佇んで、
 
イメージ 30

 そろそろ16時。

 今夜の寝床へチェックインしましょうかね。
 
 ここの料理は、凄く充実しているので、楽しみ。
 1月の終わりに宿泊して以来、2回目となる(続く)。

【食器棚】
 群馬県館林市   ゆで太郎 館林苗木町店
 山形県山形市   栄屋本店
 山形県山形市   タガマヤ村
 山形県山形市   タガマヤ村 不思議現象編
 山形県山形市   タガマヤ村 不思議現象編(2)
 山形県山形市   宝珠山 立石寺(通称:山寺)