本日のカップはこれ
 

イメージ 1

イメージ 2
 
 このカップ、九州・福岡を代表する人気店「ラーメン海鳴」とのタイアップ商品。
 「ラーメン海鳴」。「うみなり」ではなく「うなり」と読みます。
 
 同店の店主監修により、まろやかな豚骨スープに、魚介の旨味をふんだんに利かせた、香り高い味わいが特徴の看板メニュー「魚介とんこつラーメン」をイメージさせる一品に仕上げてあるそうです。
 

ラーメン海鳴」とは
 福岡や東京の人気行列店での修行を積み、200911月に福岡県福岡市中央区で「ラーメン海鳴」をオープン。修行先とは異なる独自の味のラーメンを展開しており、「魚介とんこつラーメン」は同店の看板メニューとなる。現在では福岡県を代表するラーメン店として、全国のラーメンファンから絶大な人気を誇る、行列の絶えない有名店へと成長。

 

イメージ 3
 
◆メーカー説明◆
 「人気行列店「ラーメン海鳴」店主監修商品。魚介の旨味を利かせた、まろやかな魚介とんこつラーメン」だそうです。
 

イメージ 4

イメージ 5
 
添付物は、調味油です。
 

イメージ 6

イメージ 7
 
 は、「硬く歯応えのある極細の角麺」だそうです。
 湯戻し2分だと、まだポキポキ感が残るような歯触りが、ちょっとスナッキーっぽく感じたけど、途中から汁を吸いこんで、滑らかさが加わります。濃厚なスープに極細パツ麺がジャストマッチでした。
 

イメージ 8

イメージ 9
 
スープは、「ポークの旨味をベースに、さば鯖節や煮干しの香味油脂を使用し、魚介の風味を利かせた、コクのある魚介豚骨スープ」とのことです。
 お~っ、豚クッサー久々登場!乳化度合いが高く、濃厚な仕上がりです。最初にブーがクッサーとともに襲ってきて、その余韻をかき消すようにギョギョギョがコンニチワ。うん、どっちもクッサーだけど、これがまたいいじゃん。
 

イメージ 10
 
 は、味付豚肉、たまねぎ、ねぎです。
 えっ、具はどこへ行っちゃったの。あなたはどこ?私もどこ?って感じで行方不明。でも、最後に濃し網で掬ったら、底にシカーリと沈んでました。肉は、濃い味付けで肉密度の高いもの。ペラチャーのように浮かんでません。まっ、いずれにしても、監修物らしい量ですな。
 

イメージ 11

イメージ 12
 
◆商品データ◆
 発    元:東洋水産㈱
 商 品 名:ラーメン海鳴
 販売地域:全国
 発売年月日:令和元年5月20日(月)
 購入年月日:令和元年5月20日(月)
 試食年月日:令和元年5月20日(月)
 購入場所:MEGAドン・キホーテ
 定  価:210円(税抜)
 購入価格:178円(税抜)   値引き率:15.2
 
◆商品の評価◆  ×5段階評価  標準は×2)
麺   ★★★   麺種:フライ  太さ:極細  湯戻し時間:2分
スープ  ★★★★   ベース:豚骨
具   ★★
総 合  ★★★
 超濃厚かつ程よいクッサーのスープがイイですねぇ。これ、きっと店の周囲は匂いますな。それに釣られて入る人と、嫌って立ち去る人…。割とはっきりしそうな味わいです。ええ、私宵待草子は好みですよ。うん、満足できる一杯でした。でも、監修物とはいえ、もうちょっと具が欲しいね。
 
◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)
 内 容 量:101g(うち麺量70g)  必要湯量:470ml
 エネルギー:★★  481kcal(うち麺・かやく359kcal、スープ122kcal

 食塩相当量:★★★★  7.0g(うち麺・かやく2.5g、スープ4.5g