(前回の続きから)
 やはりここは出現数が多い。
 
 そう言えば、ここだけ、お神酒などのお供えをしてないんですよ。
 次回は、必ずお供えします。
 
イメージ 1

 本宅での出現の一発目。
 不思議なものが映ってるんですよ。なんでしょう?
 
 その上のオーブっぽいのは、キズですから。でも、不思議なんですよ~。
 
イメージ 2

 上には、変な物体が出現してる。なんだか判んないんですよ。とにかく不思議。
 下の物体も形を変えて薄くなってるでしょ?
 
 それと、オーブじゃないキズも、色合いが薄くなってますよね(_;)
 
イメージ 3

 連写。上の物体は、チョット隠れて、下の囲いや傷も薄くなってる。
 
イメージ 4

 こちらは蔵。
 相変わらず、露出が不安定。
 
 でね、長女の顔がおかしい。
 こーゆー顔じゃねーし。
 
イメージ 5

 おいらの顔も自分の顔じゃねー。
 なんか全然違う…。
 
 目もおいらの目じゃねぇけど、顔の下半分も全然違う…。
 
イメージ 6

 ここにも出現してます。
 でも、みんな大人しすぎぃ~。
 
イメージ 7

 オーブラストはこれね。
 
イメージ 8

 第一弾で、オーブと、変な物体出現と、変な顔事件と、第三弾まで紹介しちゃった。
 
 第四段目は、もの動かし。
 空気と吊るし物を止めて、心の中で「蔵わらし様、いらっしゃいましたら、〇〇を動かしてください」と強い念を送る…。
 
 すると、動き出すんですよ。
 それを、二人で見ている之図。
 
イメージ 9

 第五弾はこれ。
 上の写真の直後。
 上の写真の左下に転がってる風船が、何の前触れもなく破裂した之図。
 
イメージ 10

 第六弾はこれ。
 
 これ、開けたらオルゴールが鳴り出しました。
 でも、蓋を閉じても鳴ったまま。
 
 オイオイオイ、どーなるのと思ってたら、止まりそうになると、逆にジーコジーコと発条(ぜんまい)を巻く音がするの…。
 
 これには、笑うしかなかった…。
 
イメージ 11

 さゅ、ここからは画像ナシのお話です。
 
 第七弾。鈴の音(ね)。
 座敷わらしの間で、一人遊んでたら…。
 
 「チリン」とどこかで鈴がなった。どこでなったかわからんのよ。
 
 第八弾は、女の子の声。
 長女が、次女とTELしてた時のこと。
 次女「せいちゃん(長女の名前)、近くに子供いるの?なんで子供たちが笑ってるの?」
 
 長女は肝を冷やした…。
 
 んで、我々が離れの蔵に行ってる時に、三女に電話した。
 やはり、三女「なんで子供たちが笑ってるの?」
 
 さすがに長女、いたたまれなくなるわ、怖いわで、電話を切らずに、蔵へ脱兎のごとく突入してきた。
 
 第九弾は玄関の開いた音。
 アハハ、おいらにしか聞こえなかったけど、玄関が「ガラガラ」って開いた音がした。でも、鍵はかかってるし、「擬音」だってのはすぐに判った。
 これは、父親の葬儀の時に嫌と言うほど経験してるし…。
 
 第十弾は、メインイベント。
 おいらの知らないところで事件は起こった。
 
 午前2時半まで起きてたんだけど、おいらは寝てしまった。
 でも、酔待童子&長女。
 これでもかと、畳を歩き回る音やラップ音を聞きまくったらしい。
 
 おいらは、何も感じずに、寝てしまった(続く)。

【食器棚】
 群馬県館林市   ゆで太郎 館林苗木町店
 山形県山形市   栄屋本店
 山形県山形市   タガマヤ村
 山形県山形市   タガマヤ村 不思議現象編