本日のカップはこれ。
 
イメージ 1

イメージ 2
 
これ、「台湾料理 味仙」の本店監修カップ。
何度も食べてると思ったら、これで3作目。最近食べてるんですよ。丼カップのノンフライ麺仕様。
んで、これは、縦型の油揚げ麺仕様。
どうしたんでしょうねぇ?プライスダウンとともに、クオリティダウン…。
 
 丼カップは、3月11日に食ってるんですよ。これを入手した時も、双方売ってた。
 さてさてどちらが美味しいのかなぁ…って、そりゃあ、前作のノンフライのが美味しいと思うんですがねぇ。
 でも、わざわざ油揚げ麺で出してきたんだから、それなりの秘策はあるんでしょう。
 
 因みに、この「台湾ラーメン」。その発祥の店がここ。
 「味仙」。「あじせん」って読みたいでしょうが、「みせん」ね。
 
◆メーカー説明◆
 「名古屋名物台湾ラーメン発祥店「味仙」監修のカップ麺。お店の味に近いガーリック風味と唐辛子の辛味を感じるスープが特徴」だそうです。
 
イメージ 3

イメージ 4
 
添付物は、「味仙特製辛味油」です。
 
イメージ 5

イメージ 6
 
 は、 湯戻し5分の中太油揚げ麺です。過去に食べた時の麺は中細。今回は中太と麺サイズを変えて来てます。この麺、油揚げ麺ながら、クオリティの高い麺ですねぇ。まるで明星のスチームノンフライと間違えそうな質。このポソパツした食感、気に入りました。油揚げ臭も気にならない麺です。
 
イメージ 7

イメージ 8
 
スープは、ラー油の効いた典型的な台湾ラーメンのスープです。ベースは、醤油+軽い豚鶏でしょうか。かなりコクのある辛いスープに仕上がってます。台湾ラーメンのスープは、店によって濃度の違いがありますが、このカップの濃度は、アタシ好みの濃度です。縦型+油揚げ麺としては、最高の出来でしょう。
 
イメージ 9
 
 は、味付豚ミンチ、味付豚肉、ニラ、赤唐辛子です。
 豚ミンチがゴロゴロと入っています。幾分か湯戻りが悪いですが、そこがなんともジャンキーな歯応えで良かったです。にらも風味付けとして、いい仕事をしていました。
 
イメージ 10

イメージ 11
 
◆商品データ◆
 発    元:日清食品㈱
 商 品 名:味仙 台湾ラーメン
 販売地域:ファミリーマート
 発売年月日:平成31年4月16日(火)
 購入年月日:平成31年4月23日(火)
 試食年月日:令和元年5月3日(金)
 購入場所:ファミリーマート
 定  価:200円(税抜)
 購入価格:216円(税込)
 
◆商品の評価◆  ×5段階評価  標準は×2)
麺   ★★★   麺種:フライ  太さ:中太  湯戻し時間:5分
スープ  ★★★★   ベース:醤油
具   ★★★★
総 合  ★★★★
 激辛ではありませんが、「ヒーハー」する辛口に仕上がってます。でも、この辛さが味わい深いんですよ。辛いものが好きな人にお勧めですね。ただし、かなり油っぽい仕上がりにんにく&Maxなのでご注意を。
 
◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)
 内 容 量:109g(うち麺量80g)  必要湯量:410ml
 エネルギー:★★  523kcal(うち麺・かやく426kcal、スープ97kcal
 食塩相当量:★★★★  6.4g(うち麺・かやく2.6g、スープ3.8g