おはようございます。酔待童子です。

 いよいよ平成大晦日ですねぇ。
 明日から令和。
 これで3元号人間となる。←本日生きていたならば…。
 令和になっても徳仁親王はおいらより年上だから、もしかすると生前退位により、4元号生きることとなるかも知れない 。
 令和になる前に、ちょっと欲を出してしまいましたm(__)m

 昨日は、S660を駆って、サングラス+マスクと言う、それはそれは不審ないでたちで、群馬県は館林市の「躑躅(つつじ)ヶ岡公園」まで、足を延ばして、躑躅と鯉のぼりを見学してきた。

 そして夜。
 こんなとことから始まった。

イメージ 34

 独り身生活の時は食べられなかった、蛍烏賊は、店頭にあれば買ってくる。
 今回は、昆布焼きにした。

イメージ 35

 当然ボイルも欠かせない。

イメージ 36

 こごみの茹でたやつ。
 これに醤油、かつぶし、マヨが定番。

イメージ 37

 最近、凝ってるのがこれ。
 ただの千切りキャベツにスプラウトのサラダ。
 オリーブオイルをドバっとかけてしなやかになったところにハーブソルトで味付けしただけのシンポーなサラダ。
 オリーブオイルの風味とハーブの風味による「草を食ってる」感がたまらない(^^♪

イメージ 38

 タラの芽のバター焼き。
 やはり、タラの芽は天麩羅がよろしいようで…。

イメージ 39

 辛み大根(通称:ねずみ大根)を買ってきたので、しらすおろしにしてみた。
 我が家の青首大根の辛さに比べると、ぜ~んぜんたいしたことはなかった。

イメージ 40

 蕗の煮付け。これもそろそろ飽きてきたな。
 でも、蕗独特のほろ苦さは日本酒にピターシ。

イメージ 41

 毎日食べている苺。
 コレは群馬県産のナントカと言う聞いた事のない品種だった。
 ボチボチ打ち止めかな?

イメージ 42

 今夜は、飲み友達の長女が来る。
 平成大晦日の今夜は「ありがとう平成の時代」、令和元旦の明日は「ようこそ令和の時代」で、元号の移り変わりを味わおう!

イメージ 43




(前回の続きから)
 8時から呑み出した我らご一行。
 そうすると、かなりの頻度でトイレ休憩となる。
 
 女性らには、排尿を促すため、トイレ休憩の3分前には「音姫」を流してあげることにしている。うん、心優しい仕打ち…。
 
 今回は海老茶色のマーカーの部分。
 新潟県の能生(のう)までを紹介します。
 
イメージ 1
 
 ライトウイングS君がこの日は運転を担当している。
 
イメージ 2
 
 「あっ、写真を撮ってる」って言ってるんでしょうかねぇ。
 
イメージ 3
 
 不肖酔待童子、不覚にも寝てしまいました(^-^;
 前の日も午前様だったしね…。
 
イメージ 4
 
 さっ、今年の1月27日に一人で訪問した「あさひ楼」に着きましたよ~。
 
 今から10年ほど前に、これから行く「あさひ楼」なるラメーン屋を知り、カニ食べに行った帰りは、必ず寄ってたよ。
 
 はい、はっきり言って、民家です。
 
イメージ 5
 
 唯一、この看板が目印さ。
 
イメージ 6
 
 啜り場所も、民家の部屋にちゃぶ台が置いてあり、入口で注文すると、シカーリと間違えずに持ってきてくれるのが不思議。
 
イメージ 7
 
 注文と同時に、コップに水を入れ、レンゲをその中に入れて着席するのが儀式。
 箸は?って、着ラーの時に、おばちゃんが前掛けのポケットから出して渡してくれます(^^
 ここのシステム、覚えておきましょうね(^^
 
イメージ 8
 
 お二人で仲良く、おしゃべりしてます。
 ねっ、水の入ったコップの中にレンゲ(^^
 
イメージ 9

 おっ、こりゃあ旨そうだ!の声が…。
 
イメージ 10
 
◆店舗データ◆
  店 舗 名:あさひ楼
  所 在 地:糸魚川市大字能生4572-1
  電話番号:025(566)2111
    営業形態:独立
  営業時間:火~木、土日祝11時~19時、金11時~14
  定 休 日:月曜日
  券 売 機:有無
  割 り 箸:有無
 
◆注文商品◆  ×5段階評価 標準は×2)
  注文商品:チャーシュー麺(850円)
  支払総額:6,500
  入店年月日:平成31年4月13日(土)
 
イメージ 11
 
         ★★★   加水率:低~中  太さ:中太
 モチモチ感重視のやや柔らか目の中太ストレート麺です。普通の店だと「茹で過ぎ」と文句の一つもでそうな茹で上がりなのですが、これがいいんです。まるで、飯田ラーメンに近い味わいデスタ。
 
イメージ 12
 
スープ   ★★★★   ベース:醤油  コッテリ感:濃
  表面を大量のラード油&背脂が覆っています。見た目新潟背脂醤油ラーメンにソクーリです。油にかき消されて、ベースがはっきりとしませんが、覚めたスープで確認すると、豚と鰹が茹で強いですね。丼の淵には鰹粉らしきものがべっとり。何とも独特のスープです。
 
イメージ 13
 
     ★★★★
 チャーシュー、メンマ、超ざく切りタマネギと、いたってシンプルです。チャースがタプーリ入ってます。このチャース、バラロールで味が濃い目で美味しいんですよ。チャース麺、いいね。マンメはいたって大人しかったな。
 
イメージ 14
 
お薦め度    ★★★
 柔らか目の麺とスープの相性の良さは特筆ものです。このスープに合う茹で上がりをかなりの年月かけてチューニングしてきたのでしょう。麺の硬さの調節ができるかどうかはわかりませんが、ここは、これで行きましょう。硬麺系が好きなアタシでさえ、これはいいと思ったくらいですから。んで、黒ウーロン茶は用意しておきましょう。かなりオイリーですからね。
 
 
 
 ざく切りを遥かに上回るでっけぇ玉葱。これがいい味変をしてくれるんですよ。
 
イメージ 17

 胡椒が合うラメーンといえばレトロ系ですよね。
 しかも、白コショウね。安いやつ。
 
イメージ 15
 
 M氏、チャーシューの美味しさにご満悦。
 
イメージ 16
 
 これまたちょっとレトロ調。
 柔めの麺が、このスープに合うんですわ。
 
イメージ 18
 
 T女史も美味しそうに食べてます。
 ドライバー2人以外は、並チャース麺だったけど、相当ボリューミーです。
 
イメージ 19
 
 割と厚めな切り方、トロホロではないけど、しっとりとした柔らかい歯応え。
 
イメージ 20
 
 残りのスープはこんな感じ。
 相当にラードっぽい…。
 
イメージ 21
 
 M会長もご満悦。
 ドンブリが小さく見えるわ(^^
 
イメージ 22
 
 出発と同時に、腹いっぱいで逝っちゃう人が続出。
 今回は、起きてましたよ~。
 
イメージ 23
 
 このおっさんは起きていた。
 
イメージ 24
 
 さてと、始めましょうかねぇ。
 
イメージ 25
 
 カラオケ大会が始まりました。
 自分のスマホアプリで音楽と画像を選んで、歌います。
 キー、エコー、音量、テンポ等、すべて調節できます。
 
イメージ 26
 
 今回企画したK君も歌い出した。
 こいつは、氷室専門。
 
イメージ 27
 
 歌に合わせてお茶らけてるオッサンとオバサン之図。
 
イメージ 28
 
 運転手にも歌わせてるんだよ。
 ライトウイングS君は、ズバリ「加藤隼戦闘隊」を謳ってます。
 
イメージ 29

 とうとう私も逝ってしまった。
 
イメージ 30
 
 不肖酔待童子、寝顔で遊ばれてしまった(^-^;
 
イメージ 31

 M氏も逝ってしまった…。
 
イメージ 32
 
 Y氏も…。
 
イメージ 33
 
 み~んな逝ってしまい、車内は寂しくなりました…。
 
 さてそろそろ、皆さんを生き返らせましょうかねぇ(続く)。

【食器棚】
 埼玉県北本市   ゆで太郎 北本深井店