おはようございます。宵待草子です。

 昨日は、クラウンを車検からの引き取りに出掛けた以外は、引き籠って、撮りだめビデオを見ながら、昼ちょっと前から始めた。
 
イメージ 12

 魚屋に生本鮪が売っていたので、2柵購入。
 関東周辺は、これからが旬ですね。

イメージ 13

 夜、孫たちが来ると言うことで、フライドチキンを揚げた。

イメージ 14

 そうそう、コレが食べたかったの。
 千切りキャベツの上にアルファルファ乗せただけのシンプル野菜盛り。
 これをオリーブ油とハーブソルトでいただく。
 青っ臭さがいいんです。

イメージ 15

 酒まで進んじゃった…。

イメージ 16

 生本鮪、これは美味しかった。
 まだ若いけどね^_^;

イメージ 17

 そして夜。
 二女親子が来た。

 そしてこんなところから…。

イメージ 18

イメージ 19

 手羽先煮。
 圧力なべで煮込んであるので、孫も喜んで食べてたよ。

イメージ 20

 こごみのお浸し。
 もう、山菜づくしで、さすがに疲れてきた。

イメージ 21

 タラの芽、こごみの天麩羅です。

イメージ 22

 タラの芽の茎の柔らかさとほろ苦さがいいです。

イメージ 23

 またまた生本鮪登場!
 うん、いつ食べても美味しいわ。今日も買ってこようかな?

イメージ 24

 外孫ながら、唯一の野郎で生まれてきた奴。
 人見知りせず、ちゃめっ気もあり、きっとこいつはおいらみたいないい男になるであろう^_^;

イメージ 25

 そうそう、三女も第二子を懐妊したようだ。孫的には第4子。
 無事に産まれてくることを願う!

 さて、コレを投稿したら、出掛けてきます。
 館林のつつじを見に行って来ますね。

 
 
 この日(4月20日)は、昨日の仲間との痛飲~乗り過ごし~タクシーとこなし、午前様帰宅(/o)
 この日も、タクシー代は7,000円強…。月に2~3回ある…。まったくもって無駄な出費だ。なんとかせねば…。
 
などという愚痴はこのくらいにして、さあさ、年に3回のいつものメンバーといつもの旅行。
 今回は、×5、×3。そして、行き場所は、福井の芦原温泉。
 
 今回の目玉は、車内で使えるカラオケセットを買ったのだ。
 マイクと車のスピーカーをつなぎ、画像は、1曲づつスマホにダウンロードしながら歌うことになる。
 音質も悪いだろうし、全員で画面を見ることはできないけど、千数百㎞の退屈しのぎということで我慢しましょう。
 
 旅行コースは、埼玉~上信越。北陸道周りで東尋坊、芦原温泉泊。
 翌日は、永平寺に始まり、北陸道で琵琶湖へ、新東名等を利用して帰宅という、それはそれは長い道乗りです。
 
 今回は、黒いマーカー部分を紹介します。
 
イメージ 1
 
 集合場所は、JR高崎線の桶川駅に7時30分。
 おいらは運転手のK君に自宅まで迎えに来ていただき、一緒に朝食を摂ろうと決めてあったのだ。
 
 いつものヨシギュー、松屋、すきやじゃ面白くないってことで、おいらの初経験そば屋である「ゆで太郎」へ行ってみることに。
 
 ここで、「ゆで太郎」のモットーである、高品質なそばをリーズナブルにいただこうではありませんか。
 
◆店舗データ◆
  店 舗 名:ゆで太郎 北本深井店
  住   所:北本市深井6-87
  営業時間:6:0023:00
  定 休 日:無休
  支払形態:食券
  割 り 箸:有
 
◆注文商品◆
  注文商品:帆立とアスパラのかき揚げそば(530円)
  入店年月日:平成31年4月20日(土)
 

イメージ 4
 
◆評  価◆×5段階評価  標準は×2)
     ★★★    そば粉割合:不明  太さ:細  つなぎ:不明
 「指定の製麺所で丁寧に挽いた蕎麦粉を、毎日店舗で粉から製麺店内で少しずつ何回も製麺する自慢の高品質なおそば。江戸細切りの定寸、1.4mmで製麺。風味のバランスの良い中層粉を中心に、ブレンドして製麺している」とのことです。
 生麺らしく、廉価そばとしては風味もきちんと感じられます。ただし、1.4㎜そばですので、温麺だと、どうしても柔らかくなっちゃいますね。温麺は、(立ち食い系としては)本格的な麺には似合わない。
 
イメージ 3
 
     ★★★
 「銚子の老舗で丹精込めて作られた醤油を使用。焼津や枕崎など厳選した宗田鰹や鯖などの“節”をブレンド、みりんも江戸川の畔、流山で作られた贅沢な本醸造。1日に何回も店舗で丁寧に出汁を取る、毎日食べても飽きのこないすっきり辛口」だそうです。
 洗練された味わいです。スッキリ感とあっさり感が強く、所謂、駅そばのようなソソル匂いはありません。これも、もりそばの汁を楽しんでみたいです
 
     ★★★★★
 アスパラガス、帆立貝、輪切りのねぎ、人参、ピーマンです。当然、揚げ立て熱々です。しかも、衣が最小限の限界量に近いので、素材の旨みをシカーリと感じられます。当然のことながら、バラ気も良すぎるほどです。
 
イメージ 2
 
お薦め度  ★★★
 粉から自家製麺し、「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」を安価に提供するここ。美味しかったです。でも、悔いも残りました。あの、汁を吸って適度にばらけだしたかき揚げにつられて温麺にしちゃいましたが、やはりここは、冷やし系でそば自体を楽しみたかったな。
 
 
 
 挽き立て、打ち立て、茹で立ての3立てそばは、わかめがトッピーされて提供です。
 
イメージ 5
 
 そこにアスパラと帆立のかき揚げを乗せていただきましょう。
 
イメージ 6
 
 最小量の衣なので、あっという間にばらけます。
 こりゃあいいわ。
 
イメージ 7
 
 うん、美味しかった。
 ヤパーシ、朝そばはいいわぁ。
 朝から活力が出る。
 きっと8時過ぎには呑みだすでしょうからねぇ。
 
 
 
 ほらね、7時半集合の8時呑み出しだった。
 
イメージ 8
 
 佐久のSAで休憩。
 ●木真●ファンクラブ会長である●木真●。
 酔っぱらいながら、大きな体をゆすって、何かのつまみを買ってきました。
 
イメージ 9
 
 旅の安全を祈念して、パチリ。
 ライトウイングのS君と、座敷わらしのSさん
 
イメージ 10
 
 座敷わらしが来てくれたから、不幸は起きないでしょう(^^
 両脇が、千数百kmを運転してくれるドライバー達。
 
イメージ 11
 
 まだまだ先は長いっす。
 昼飯は、富山で富山ブラックを食べる予定が、どうやらお昼には辿り着けそうもない…。
 
 ので、1月においらが一人旅で食べに行った、あのラメーン屋へ寄ることにした。
 覚えてる人いるかなぁ(続く)。