激辛×煮干×豚骨×味噌
 

イメージ 1
 
東京・野方にある味噌ラーメンの名店「味噌麺処 花道」。豚骨・鶏ガラ・野菜を煮込んだスープにラードとニンニク、白味噌を中華鍋で合わせて炒めた濃厚な味噌ラーメンが有名な店。
 
確か寿がきやさん、過去に「味噌麺処花道監修 辛味噌番長ラーメン」とか「番長花道 辛味噌ラーメン」などを商品化してたよね。これも「辛味噌」だから、ちょっと面白そう。
 
さすがにこれには「※ 大変辛いラーメンです。辛い物が苦手な方はご注意ください」表示があった。
 
◆メーカー説明◆
 「東京野方の名店「味噌麺処 花道」監修の商品。たっぷりの煮干抽出スープと濃厚豚骨味噌スープを合わせ、特製の煮干しラー油を加えた辛味噌スープに、ニンニクと山椒でアクセントをつけたオリジナリティ溢れる一杯」だそうです。
 

イメージ 2

イメージ 3
 
添付物は、スープ(粉末×2:先入れ、後入れ、液体:後入れ)です。
 

イメージ 4
 
 は、「もっちりとした、食べ応えのあるノンフライ太めん」だそうです。
 平打ちっぽいノンフライの中太麺です。寿がきやっぽい、モチモチ感と独特なネチャッとした食感が印象的な麺。加ト吉になって、このネチャッと感が影を潜めてたのですが、出現しましたねぇ。自分的には、もうちょっとキレのある麺が好きなんですが…。
 

イメージ 5
 
イメージ 6
 
スープは、「煮干抽出スープと豚骨味噌スープを合わせ、煮干しラー油やニンニク、山椒を加えた辛味噌スープ」とのことです。
 辛辛魚の味噌版的な感じのスープ。辛辛魚の辛さとまでは行ってませんね。辛さも相当辛いという部類には入ると思いますが、そこはきちんと旨みを感じさせるスープに仕上げてます。赤味噌に煮干多めの魚粉が溶けると、なんとも魚介ワールドが繰り広げられますが、ちょっと生臭さが目立ちます。この独特な味わいをチョット打ち消した方が美味しいと思いました。
 

イメージ 7

イメージ 8
 
 は、ニラです。
 辛辛魚もそうだったけど、潔すぎでしょう。太っ腹とは逆の意味で…。にらも中途半端なアリバイ造り的な量。この魚粉唐辛子が具と考えるしかないか(^-^;
 

イメージ 9
 
◆商品データ◆
 発    元:寿がきや食品㈱
 商 品 名:花道 煮干し辛味噌ラーメン
 販売地域:全国
 発売年月日:平成301015日(月)
 購入年月日:平成301016日(火)
 試食年月日:平成301017日(水)
 購入場所:ローソン
 定  価:260円(税抜)
 購入価格:281円(税込)
 
◆商品の評価◆  ×5段階評価  標準は×2)
麺   ★★★ 麺種:ノンフライ  太さ:平太  湯戻し時間:5分
スープ  ★★★★  ベース:味噌
具   
総 合  ★★★
 あの辛辛魚の完璧に近い完成度と比べちゃうんですよね。辛さは大辛系ですが、ちょっと中途半端な感じ…。そして、煮干しが塩気を増幅してますね。食塩が9.2g…。鰹節と異なり、煮干しはシカーリと塩分を含んでるんで…。まっ、それはそれとして、煮干しと味噌のバランスがイマイチ、すなわち、魚臭さが増幅した感じを受けたのは、おいらだけかなぁ。
 
◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)
 内 容 量:157g(うち麺量75g)  必要湯量:450ml
 エネルギー:★★      515kcal
 食塩相当量:★★★★★  9.2g(うち麺・かやく2.6g、スープ6.6g