おはようございます。宵待草子です。

   本日は、栃木県は宇都宮でおめざした。
   酔待童子♀からの☏で北海道で大地震があったことを知った。
   いま、被害の程度は判らないけど、被害が無いことを望む。

   明日夜、夏休みをとって、北海道旅行の予定なのに…。
 
 
 
 この日は、3連休の中日(なかび)。何か一人で居ても、面白いことが無い…。
 んじゃ、S660を駆って、赤城山or軽井沢? う~ん、イマイチ触手が湧かないわ。
 
 そーだ、京都へ行こう!となったのです。
 京都…。うん、江戸から見たらほとんど京都。秩父へ行ってみましょ。
 んで、4番札所のおばちゃんの蕎麦屋で蕎麦を食べて来よう!
 
 秩父34札所巡り。
 もう3回まわってるの。その中で、一番のお気に入りが、4番札所の金昌寺。
 ここ、掘立小屋(失礼!)みたいな境内に蕎麦屋があるの。
 ここのおばちゃん、とても話し好きで、気立てもよく、お気に入りの店。
 多分、3年ぶりくらいの訪問かな?
 もう忘れてるだろうけど、知っていても知らなくても、誰に対しても対応は同じだから…。
 
 んじゃ、Go! 秋の秩父路。
 
【寺の説明】
 秩父札所の中で屈指の仁王門をもち、石仏の寺としてもよく知られている。大わらじがかけられた仁王門をくぐれば、そこかしこに石仏が見られ、寺内には1,319余体の石仏が並ぶ。その石仏の寄進者には江戸、武州をはじめ紀州、越前などの大名家に縁あるものも見られる。本堂の回廊右手には、有名な子育て観音像がやさしいまなざしを投げかけている。
 
 御 詠 歌:あらかたに 参りて拝む 観世音 二世安楽と 誰も祈らん 
 
◆巡礼先データ◆
 寺    名:高谷山 金昌寺
 宗   派:曹洞宗
 開   基:不明
 御 本 尊:十一面観世音菩薩
 創   建:不明
 
 ご朱印。借りものですm(__)m
 
イメージ 1
 
◆寺の由来◆
 判りません。
 
イメージ 2
 
 駐車場から見た山門。
 
イメージ 3
 
 立派な山門ですね。
 
イメージ 4
 
 巨大な「草鞋(わらじ)」が出迎えてくれました(^^
 
イメージ 5
 
 山門を境内側から見ると、二階?には西国三十三ヵ所の寺の御本尊が祀ってあります。
 
イメージ 6
 
 金昌寺の名物は1300余体の石佛群。寛政元年登嶽和尚が、寺の繁栄と天災等の犠牲者供養のため発願し、7年後に成就しました。近くの石屋さんが、寄進者の注文によって石佛を作り寄進したといいます。
 
イメージ 7
 
 今日の目的地はここ。店名は。「およんな よばん」かな?
 
イメージ 8
 
 「徳利地蔵」とか「酒呑み地蔵」と呼ばれる石佛。
 これを紅葉と絡めてとるフォトグラファーが絶えない。
 おいらもこの地蔵様で入賞させてもらった(~_~;)
 
 右手に徳利をもち、左手で大盃を逆さにしています。たいへん特徴ある姿なので、すぐ目につく面白いお地蔵様。呼び方としては「秩父札所酒呑み地蔵」が一番有名かな。
 この地の名主さんが、お酒の上で失敗したので、「もう酒は呑みません。」と代官の前で誓ったのに由来するといいます。禁酒をこの前で誓っている人もいる…らしい。
 
 おいらは…無理。
 
イメージ 9
 
 ここから観音堂を望みます。
 うん、上はシカーリ色づいてますねぇ。
 
イメージ 10
 
 参道の正面にも、ドサーリと石仏が鎮座。
 
イメージ 11
 
 その中でも、大きくて特徴あるのがこれ!
 
イメージ 12
 
 観音堂を目指しましょう(^^
 
イメージ 13
 
 「観音堂」は、江戸中期の建築で、本尊は、十一面観音で室町時代の作だと言われています。
 
イメージ 14
 
 子育観音です。別名:マリア観音。
 母親が子供に乳を与えている姿が美しく表現されています。やさしい母親と無心な子供の姿、ほのぼのとしていて心がなごみます。
 あまり観音様としては無いですよね?
 
イメージ 15
 
 なんか母親を思い出してしまった…。
 
イメージ 16
 
イメージ 17
 
イメージ 18
 
 僧形の石仏もありマスタ。
 
イメージ 19
 
 観音堂正面右脇から奥の院に続く道があります。
 細い道の両脇には無数の石仏があります。
 
イメージ 20
 
 こんな道を奥の院へと進みます。
 
イメージ 21
 
 どーゆーわけか、奥の院に続く道傍のほとんどの石仏には首から上が無い。
 まるで鋭利な物で切ったように…。
 
イメージ 22
 
 奥の院です。ここには弘法大師が祀られてます。清水が湧き出ており、この水が眼病を治すといわれております。
 
イメージ 23
 
 この石仏を主題とした写真も多数あります。
 これが二番目に有名な石仏。
 
イメージ 24
 
 これもなかなかいい感じですね。
 
イメージ 25
 
 一周してきました。

イメージ 26
 
 さっ、11時になったら、ここの蕎麦屋へ入りましょう。
 今日はボッチなので、飲酒は出来ませんって、休肝中でしょ(/_;)
 
◆参拝データ◆
 住  所:秩父市山田1803
 交  通:西武秩父駅から西武観光バス「定峰・皆野駅(三沢経由)ゆき」で約18分「金昌寺」下車徒歩5分。
 駐 車 場:有(無料)
 拝 観 料:無料
 拝観時間:8:0012:0013:0017:00
 納経時間:上に同じ
 電話番号:0494(23)1758