本日のカップはこれ。
 

イメージ 1
 
 黒字に滴るような赤い文字で記されてますねぇ。まるでホラー映画のタイトルやん。おまけに、注意書きも添えられてまっせ。
 
 「ペヤング激辛やきそばEND」は、食べると体中が熱く燃えあがるというペヤング史上最強の辛さ。
 
  激辛焼きそばの第一人者でもあるペヤングさん。昨年、圧倒的な辛さで人気の「激辛やきそば」。それを2倍の辛さにした「もっともっと激辛MAXやきそば」ときて、とうとう禁断の領域であるさらに2倍の辛さにちゅーんした「激辛やきそば END」まで逝っちゃいました。
  「END」ですよ~。この先どうするんでしょうかねぇ。心配だわ(^-^;
  まっ、きっと「クライマックス」とか「リボーン」とか「FAINAL」とか出てくるでしょうな。
 
  うかつに食べたら、口中と胃袋とけつが大やけど?
  まっ、おいら、耐性があるから大丈夫でしょうが、ENDにならないよう慎重に行ってみます。
 
◆メーカー説明◆
 「ペヤング史上最強の激辛! 体中が熱く燃え上がる一品!」だそうです。
 

イメージ 2

イメージ 3
 
添付物は、ソース(粉末)、かやくです。
 

イメージ 4
 
 は、いつものやつです。強中細縮れの油揚げ麺です。
  この細麺に近いサイズってのが曲者よ。なんかね、シカーリと激辛ソースと合体して襲ってきまっせ。お~、怖ぁ 
 

イメージ 5

イメージ 6
 
ソースは、「ソースは「激辛」の約4倍、「もっともっと激辛MAX」の約2倍の「史上最強の激辛ソース」だそうです。
激辛が急襲してくる前に美味しさを味わおうとガツっとたべた。うん、余韻を感じるあたりから激辛が襲い掛かってきました。このソースの凄いところは、シカーリと旨みを感じさせてくれるところでしょうか。超激辛の中にもソースの、あのペヤングの旨みが感じられるんです。辛さ?おいら的には余裕はないけど、耐えられない辛さではなかった。
 

イメージ 7
 
 は、味付鶏ひき肉、とキャベツです。
 キャベツの量はボリューミーです。激辛の中の一服の清涼剤??甘みもしかりと感じられます。味付鶏ひき肉ペレットは、相変わらず「配合飼料」(食べたことないけど…。)な味。粉っぽい肉なんてあっかぁ?
 

イメージ 8

イメージ 9
 
◆商品データ◆
 発    元:まるか食品㈱
 シリーズ名:ペヤングやきそば
 商 品 名:激辛焼きそばEND
 販売地域:全国
 発売年月日:平成30年8月27日(月)
 購入年月日:平成30年8月28日(火)
 試食年月日:平成30年8月29日(水)
 購入場所:ローソン
 定  価:185円(税抜)
 購入価格:195円(税込)   値引き率:2.4
 
◆商品の評価◆  ×5段階評価  標準は×2)
麺   ★★   麺種:フライ  太さ:中細  湯戻し時間:3分
ソース  ★★★★
具   ★★★
総 合  ★★★★
 多少、多めに黒烏龍茶のお世話になりました。そして、食べた後の辛痛さが唇に残りました。でも、口中の辛さの残りは収まりがよかったです。限界に近い辛さながら、ソースの旨みを感じられるってことは、ホント、素性のいいソースなんでしょうね。
  これは、ぜひ、ビアと合わせてみたいので再食決定です。あっ、胃壁保護のために、豆乳の直前飲用をオヌヌメします。
 
◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)
 内 容 量:119g  必要湯量:480ml
 エネルギー:★★     554kcal
 食塩相当量:★★    3.0g