おはようございます。酔待童子です。

 ♪ご覧あれが竜飛岬、北のはずれと~ で有名な竜飛岬のちょっと近くの民宿でおめざした酔待童子一族。
 一晩中、潮騒が歌を奏でてくれてました。

 宿へ着くなり、主人が目の色を輝かせて、「今日の夕食は、朝獲れたてのものばかり。そうあることじゃない」と…。
 ええ、夕食はシカーリ楽しませていただきました。

 本日は、蟹田から陸奥湾フェリーで対岸のむつ半島へ。
 あの有名な「ぬいどう食堂」、大間、恐山などをみて、下風呂温泉へ投宿。
 
 
 
 今回はこの酒を紹介しましょう。
 
 長野県飯田市の喜久水酒造㈱のお酒。
 酒質が良く、どこに出しても恥ずかしくない日本酒。
 
 長野県でも最多の賞を受賞してます。
 新潟県に多い淡麗辛口からやや濃厚旨口にシフトしている現在、その中間クラスの味わい深い酒を造っているメーカーです。
 
 その商品の中の一つに、この酒があります。
 そして、この酒の特徴は…。幻の酒米「たかね錦」を使っていることです。
 
 「高嶺錦」。昭和30年代、長野県の酒造好適米として盛んに栽培されていました。たかね錦の米質は硬く、精米時に割れてしまうなどして使いにくく、また米の品種改良などにより、作付面積も激減してしまいました。しかし醸造のプロ(杜氏仲間)の間では、スッキリとした良いお酒が出来ると評判の酒米でした。そこで、この喜久水さんが、何とかより良い酒をと、酒造米「たかね錦」を地元農家との契約栽培にて復活させ丁寧に醸し上げたものです。
 
イメージ 1
 
 栽培が廃れて、わずか10gの種子から、ここまで復活させた酒米。
 品評会の常連酒米といったら「山田錦」。ええ、この「山田錦」の先祖がこの「高嶺錦」なんです。
 
◆メーカーデータ◆
  醸 造 元:喜久水酒造㈱
  住   所:飯田市鼎切石4,293


◆商品データ◆
  商 品 名:特別本醸造酒 髙嶺錦 (たかねにしき) 1.8ℓ
      分   類:特別本醸造
  定  価:2,160円(税抜)
  購入価格:2,268
  購 入 先:イオン 飯田店
  購入年月日:平成291022日(日)
  アルコール度数:15度以上16度未満
      日本酒度:+3.0
  酸   度:1.4
  精白歩合:60
  容  量:1,800ml
  原 材 料:米(国産)、米麹(国産米)、醸造アルコール
 
◆商品説明◆
幻の酒米「たかね錦」から生まれるキレのある深い味わいをお楽しみ下さい」とのことです。
 
イメージ 2

イメージ 3
 
◆評  価◆×5段階 標準は×3)
お薦め度  ★★★★
 特別本醸造酒です。日本全国で唯一「たかね錦」を使った酒。しかも「たかね錦」100%使用です。もう吟醸香が漂ってます。コクがありながらすっきりとした味わい。うん、華やかさもあるよ。ほんとに、コレ普通酒?と疑いたくなるようなお酒。コスパもいいし、これも常飲酒入りしました。
 
 
 
 我が社の社長が試飲したんだよ。
 全種類利き酒できるんだけど、その中でこれを選んで2本買ったんだよ。
 普段、買うことなんかないのにね。
 
 その時、あっ、この人、酒の味が判る人だって見抜いてしまったわ。
 
 今回はこんなところから始まった。
 
イメージ 4
 
 ブランド蛸の「志津川蛸」。鮑を食べているので、鮑の味がするという凄ぇ蛸です。
 言われると、うん、味がする。
 
イメージ 5
 
 信州の名物「塩いか」の胡瓜和え。
 これが、お酒に合うんよ。
 
イメージ 6
 
 こーゆー酒米だって書いてあります。
 
イメージ 7
 
 具が10種類入った小鍋。
 主役は、Dora氏からいただいた「する天」。するめの天ぷら。
 これはね、そのまま食うとけっこう重たいけど、鍋に入れると、抜群に美味い!
 
イメージ 8
 
 酔待童子ファーム産の里いも。
 いもチンしました。
 
イメージ 9
 
 志津川は、真蛸も水蛸も両方ともとれるんだよ。
 正月用に、バチーシ、冷凍してあります。
 
イメージ 10
 
 やはり「する天」が主役でしょ?
 牡蠣や蛸足に負けてません。
 
イメージ 11
 
 チン芋は、塩を付けてスルッと行きましょう。
 
イメージ 12
 
 そんなこんなで、半分ほど飲んでしまったわ(^^
 この酒、ホント美味しいです。
 コスパもいいですよ!