おはようございます。酔待童子です。

 昨日は、田舎から帰ってきました。
 途中で高崎へ寄って、陳麻家で陳麻飯食ってきたよ~。

 そして独り身が始まった。
 今日はこれ。ワンタン鍋さ。
 具は、これら6種類。

イメージ 41

 とり野菜みそスープのワンタンを買ってきた。
 これと奴らの合体でいいじゃん(^^♪

イメージ 42

 デザートはこれ。
 でも今どきの苺は小さいし甘くなくて美味しくないなぁ(^-^;

イメージ 43

 こんな感じで、先に具材を煮たよ。

イメージ 44

 さあさ、始めましょうかね。
 因みに今日はこれだけ。


イメージ 45

 ワンタンをぶち込んでと…。

イメージ 46

 24缶あった鯖の味噌煮缶も最後となりにけり。

イメージ 47

 チョット薄まったんで、赤だしを加えた。
イメージ 48

 味噌にコクを与えるんなら、迷わずに赤だし(八丁味噌)です。

イメージ 49

 ここまで来たら、悪ふざけで、カップ麺に入れ忘れたふりかけ(魚粉)をぶち込んだ。

イメージ 50

 こんな感じ。ええ、お味が宜しいようで。

イメージ 51


 今日は出勤。この二日間出るつもりが、おいらが休まないと休まないのが居てね。 だから明日は休みます。
 危機管理の問題から、今日はおいら、明日は筆頭補佐♀が…。
 
 
 
(前回の続きから)
 は~い、イカ墨ブラック焼きそば食べて日本酒飲んだ後は、本日の寝床へ向かいます。
 
 今回泊まる宿は、大牧温泉なる温泉宿。
 
イメージ 1

 ここはね、「船でしか行けない秘境の温泉 山の中の一軒宿」なんです。
 
 昔は集落があったのですが、ダムを建設することになり、村はすべて水底へ。
 んで、唯一、山の中腹にあったこの旅館だけが残ったらしい。
 だから、道もなく、ダムを船で遡ること30分なんさ。
 
イメージ 2

 旅館に行くのに往復2,800円払って泊まりに行くことになる。
 送迎がある旅館もあるっていうのに、ここは有料で行かねばならない(^-^;
 
イメージ 3

 16時発の船で向かうことにしました。
 
イメージ 4

 ちょうど、ダムの堰堤の辺りから船に乗って上流を目指します。
 
イメージ 5

 外は生憎(あいにく)の雨。
 おいら大ハレ男がいても、大雨女や嵐を呼ぶ女が居てはどうにもならないんさ。
 
イメージ 6

 遡ること約30分。
 着きました~。
 
イメージ 7

 宿へ向かいます。
 まぁね、観光バスツアー客もいました。
 お隣さん?居なかった…。いや、聞き慣れない言葉を使ってたのが居たから紛れ込んでたんでしょう。
 
 女中さんに聞いたら、富裕層は来るって言ってましたがツアーは無さそうでした。
 
イメージ 8

 着きました「大牧温泉観光旅館」。
 「日本秘湯を守る会」には加入していないみたいです。
 
イメージ 9

 問題は、カラオケが無いこと。
 どのように春の夜長を過ごそうかな…と。
 
◆施設データ◆
  施設区分:旅館
  施 設 名:大牧温泉観光旅館
  住  所:南砺市利賀村大牧44
  電話番号:0763(82)0363
 
◆宿泊データ◆
  宿泊年月日:平成30年4月14日(土)
  宿泊形態:一泊二食付
  宿泊代金:18,000
  総支払額:163,740
  室内設備:■冷蔵庫 □エアコン □空気清浄機 ■トイレ(独立ウオッシュレット機能有) ■風呂(共同・独立) □ズボンプレッサー ■アメニティグッズ ■湯沸し □近隣にコンビニ □消臭剤 □その他()
 
≪室 内≫
イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12
 
≪食 事≫
〇 前菜盛り合わせ
イメージ 13

〇 お造り(甘海老、真鯛、鰤)
イメージ 14

〇 酢の物
イメージ 15

〇 蛍烏賊の塩辛
イメージ 16

〇 炊き合わせ
イメージ 17

〇 小鍋
イメージ 18

〇 桜餅の餡掛け
イメージ 19

〇 揚物
イメージ 20

〇 海老の塩焼き
イメージ 21

〇 お吸い物
イメージ 22

〇 ゆかりかけご飯
イメージ 23

◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)
 設  備   ★★★
 清 潔 感    ★★★★
 サービス   ★★
 食  材   ★★
 お薦め度   ★★★
 秘湯なのに「秘湯を守る会」には入っていません。風情がある旅館です。でも、観光バスツアー客も多い。我々は、特別室に近い部屋でした。もちろん和風旅館なので、布団の上げ下げ付き。囲炉裏の間があったりして、いい環境でした。
 料理は、山の中ではあるけれど海に近いので、魚には期待したんだけど、全般的にこれと言って珍しい物や名物というものは無く、魚材料も山材料も中途半端…。ええ、市中の割烹の宴会料理でしたね。しかも、お品書きが無かった…。そうそう、朝食は、酒のつまみがタプーリだったよ。
 
 
 
 部屋から川を見た之図。
 釣り竿借りて、窓から魚を釣ることもできるんですよ~。
 
イメージ 24

 これは露天風呂じゃなくて、テラス風呂。
 
イメージ 25

 Y氏をパシャリ。
 おいらの写真もあったけど、ピンボケかつモロ丸見えじゃん。削除しちゃった。
 
イメージ 26

 宴会はこんなところから始まった。
 
イメージ 27

 さあさ、乾杯の時間が参りましたよ~。
 
イメージ 28

 ●木●理ファンクラブ。会長は、当然、本人という間の抜けたパロディーな集まりです。
 おいらが年齢的にもポスト的にも一番上だが、ここで一番偉いのは●理会長
 
イメージ 29

 いい顔して勧めてくれました。
 この笑顔にやられちゃうんだよな~。
 
イメージ 30

 そうか、うどんも食べたんだ?
 厳密には、18時40分から1時30分くらいまで飲み続けた。
 
イメージ 31

 後ろに控えしは、M氏。
 ●木●理ファンクラブの前身の会長。
 その時代は、●田村●後援会。もちろん後援会長は本人。
 
 当然、これらの名前で預金口座も作ってあるんですよ。
 
イメージ 32

 胃が疲れてたんで、無理やりサラサラと掻っ込んだ。
 
イメージ 33

 久しぶりに参加ののりピー。芸能人に同姓同名が居たなぁ。
 彼女は美形。おいらのお気に入り。
 ノリがいいので、よく飲みに行く仲間。
 
イメージ 34

 記念撮影しました。
 いつまでも、いい仲間でいたいものです。
 こいつら、ぜ~んぶおいらが役席へと引き上げた仲間。
 仲間をしっかりと守ってやるから、付いてくるんだよね。
 
イメージ 35 

 部屋で二次会が始まった。
 茶碗やコップで冷酒を煽(あお)る。
 
イメージ 36 

 こんな感じで、延々と続くんです。

イメージ 37

 Sおねいさん。
 おいおいおい、何だこのかっこは?
 「いつも家でやってるから、癖がでるんだよな」と言ったら、「家に寝転がる場所はない」と申しておりました(^-^;
 
 一児の母ですよ~。
 
イメージ 38

 ●理会長がダウン。元会長が添い寝してくれてました。
 
イメージ 39

 酔っぱらうと所かまわず寝てしまう会長。
 いつもろくな写真を撮られない。
 
イメージ 40

 こうやって1時過ぎまで、延々と続いた。
 途中、昼に食べた真っ黒いブツを出しに行くやつ続出。
 報告会の様相を呈してきた(^-^;
 アハハ、みんなで食べると怖くないってやつですね(続く)。