おはようございます。酔待童子です。
 
   GW二日目の昨日は、長野Mウェーブで行われている「ノスタルジックカーフェスティバル2018」で117クーペやなんかを堪能し、実家で1泊。
   今日は、宵待草子♀と別れて、おいらは埼玉へ帰る。

   明日から5月下旬まで独り身生活さ。


 
 
  さあさ年に2回の恒例「●木●理ファンクラブ」の旅行となりましたよ~。
 
  沖縄へ行ってきたばかりだと思っていたら、もうこんな時期かって、ほぼ毎月どこかへ旅立ってる「歩き亀」なアタシ。
 
  今回は、♂×5、♀×3で、目指すは「山ン中なのに、船でしか行けない卑怯秘境の温泉」へ行ってまいります。
 
   だいたいね、旅行の帰りに、次回はどこどこへ行こうと決めるんだけど、おいらがここがいい!と言うと、実現実行部隊がすぐに計画してくれる(^^
 
  さて、出掛けましょうかね。
  今回の物語は、名付けて「オヂちゃんオヴァちゃんの秘湯旅 in 富山」です。
 
 今回紹介するのは、以下の赤っぽいマーカーのコース。とりあえずは、糸魚川を目指します・
 
イメージ 1
 
  いつも通りのプロローグで始まります。
 
  今回は、10人乗りをレンタ。
  運転手は2人!
 
  おいらは呑み役に徹する。
 
イメージ 2
 
  どっかのSA。きっと、横川だな。
  今回は、おいらの愛ドル「のりピー」も参加。子育ても落ち着いたようで…。
  こいつがいると華やかになるんさ(^^
 
イメージ 3
 
  ●理会長が、焼きまんじゅうを買ってきた。
 
イメージ 4
 
  アハハ、肉まんの中身がないようなやつです。
  甘塩っぱい味噌を塗りつけていただく「プアマンズ肉まん」(^-^;
 
  こんなパンも買ってきたよ。
  やはり群馬県だね。
 
イメージ 5
 
  ちなみに、乗車と同時にプシューは始まってます。
  日本酒も2本空いてますし(^-^;
 
  は~い、糸魚川へ到着ッス。
  ここで、新潟県の国境警備隊Y氏が村上から合流。
 
  おいらの提案で、昼は糸魚川で烏賊墨焼きそばって決めたのさ。
 
イメージ 6
 
  もうみんな出来上がってるので日本酒で乾杯!
 
イメージ 7
 
  ね、オヂオヴァでしょう?
 
◆店舗データ◆
  店 舗 名:あおい食堂
  所在 地:糸魚川市大町1-1-28
  電話番号:025(552)0573
      営業形態:独立
  営業時間:10:0015:0017:0021:00(L.O 20:30)
  定 休 日:日曜日、祝日
  券 売 機:無
  割 り 箸:有
 
◆注文商品◆  ×5段階評価 標準は×2)
  注文商品:ブラック焼きそば(800円)
  支払総額:12,420
  入店年月日:平成30年4月14日(土)
 
イメージ 8
 
         ★★★   加水率:中  太さ:中太
 モチモチした真っ黒な麺。もうヨッパーだったんで、分析ができんかった。いか墨が麺に練り込んであるのかも含めて、確認忘れ…。焼きそばの麺としては、中庸な感じでした。
 
イメージ 9
 
ソース   ★★★  コッテリ感:濃
 ワハハ、いか墨スパをはじめ黒づくりなどで慣れているとはいえ、やはりたじろぐなぁ。いか墨独特の香りとコクは堪りませんな。マヨネーズは別になくても構わないけど、卵は潰すと更にまろやかな味わいに。
 
     ★★★
 温玉が乗っていて、具は、キャベツとイカかな。マヨネーズと青海苔もかかっています。
 
イメージ 10
 
お薦め度    ★★★★
 色んなもののごった煮状態。いか墨の味わいはシカーリ感じますが、マヨや卵などがいい仕事をしているとは思いますが、もっといか墨をピュアに感じたかったな。
 まっ、B級グルメとしては、これはアリだと思います。
 
◆これも食べました◆
  注文商品:肉入り野菜炒め(600円)、バラ焼き(700円)
 
〇 肉入り野菜炒め
イメージ 11
           
〇 バラ焼き
イメージ 12
 
 
 
  ここでの盛り上がりは、食べた後の、いわゆる「ブツ」。

イメージ 13
 
  因みに、夜、オヴァ達に
  酔待童子「おいらその日のうちに真っ黒なのが出てきたわ。烏賊墨って消化しないよな。どうだった?」

イメージ 14

  ●理会長「うん、夜出てきちゃった。拭いたら黒かった」(^_^;)
  ノリピー「ホント真っ黒だった」

イメージ 15
 
  次元の低いお話でスマソm(__)m(続く)。