おはようございます。宵待草子です。

 昨日は、お昼に部下(♂、♀×2)を引き連れて、今季最後になるであろう日高屋の「チゲ味噌ラーメン」を食べに行ったよ。

 そしたら、もう「黒酢冷し中華」が店頭に出ていた。これも、美味しいんだよね。

 夜は、こんなところから始まった。

イメージ 7

 初鰹と蛍烏賊は、この季節にピターシなもの。

イメージ 8

 酔待童子家のねばーる君。
 豆腐、納豆、オクラ、めかぶ、長いもをグチャグチャにして食べる喰いもん。
 ブログでお世話になっているさきさんのを見て、久しぶりに造った。

イメージ 9
 
 いつぞや作った自家製のおちょこ。
 腐らないように冷凍していたもの。

イメージ 10

 菜の花もこの時期が苦みがあって美味しいよね。

イメージ 11

 これも冷凍してあった松茸を使ったお吸い物。
 この松茸の匂いは凄かった。部屋中に充満したよ。

イメージ 12

 長野県の郷土食、塩いかの和え物。
 これ、おいらの大好物なり。

イメージ 13

 久しぶりに腹一杯食ったわ~ >^_^<
 今日から、またまた飲み会続き。
 家には夜遅くに眠りに帰るだけだわ(-_-;)
 食いだめしておきました。 
 

 今日はここのみち麺を紹介しましょう。
 
◆店舗データ◆
  店 舗 名:麺工房
  所 在 地:上野原市野田尻710
  営業形態:多店舗展開
  営業時間:24時間営業
  券 売 機:有
  割 り 箸:有
  
◆注文商品◆
  注文商品:かけそば(400円)、野菜かき揚げ(200円)
  入店年月日:平成29年6月19日(月)
 
イメージ 1

イメージ 6
 
◆評  価◆
          ★★★   麺種:生   太さ:太
 自家製麺とのことです。茹で置きでしょうか?風味はないけどそばの味は感じられました。やや柔らかめの茹で上がり、コシは幾分かありますって感じでしょうか。
 
イメージ 2
 
         ★★★
  粘度が高い汁です。出汁感はほどほどで好ましい感じなのですが、何とも甘みが勝っていて、ちょっと違和感を感じます。こーゆーこってりもいいですが、もうちょっと甘辛の方がパンチがあっていいような。伊吹産のいりこをタプーリ使ってるとの事。甘さと出汁感のアンバランスさが気になりましたが、飲み進むうちにかき揚げの油と衣が馴染んで、これもいいじゃんって感じるようになりました。
 
イメージ 3
 
  具        ★★★
  高さ5㎝以上の野菜かき揚げです。いまどきのゴロゴロした具を辛うじて衣でつなぎ留めている…そんな雰囲気の具です。汁に浸すと同時にバラケだします。これはこれで嬉しいんだけど、衣に汁を奪われて汁そのものが楽しめなくなるというぜいたくな悩みも…。
 
イメージ 4

イメージ 5
 
お薦め度  ★★★
 ハイ、バランスが取れた一杯だと思います。どこをとっても弱点はありません。かけが400円って言うのは駅そばに比し、質的にも値段的にも割高ではありますが、みち麺としては底辺に位置するんですから、割り切るしかないでしょう。ラーメンよりも当たりはずれも無いので、オヌヌメです。